最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

自然・環境

2018年8月13日 (月)

3日目の夏季休暇と墓参り

今年の夏は異常な暑さが続いており、今日になってようやく本格的な雨となったものの、通り雨的であり、むしろ蒸し暑さを呼び起こしている。私はこの日ようやく3日目の夏季休暇という事で、土曜から3連休になるが、私の場合、毎日執念深くここでも語ってきているように、7月から9月の間に7日間、平日に飛び飛びに割り当てられるので、都合のいい日に夏休みとが限らず、墓参りを見送ることとなる年も多かったが、ここ数年、お盆前後に土日あるいは夏休みがかかる年も多く、その場合は私も墓参りに行くこととなる。

今年は今日夏休みが当たったことで、姉御は職場を時間引きし、夕方に内灘の共同墓地ビルジングに親父の初参りに行く計画であるが、松任の先祖の墓には私が未明から代表して行った。それは今まで先述のような理由で墓参りを見合わせざるを得ない年が少なくなかったことや、松任・宮永までは往復でも未明のような時間帯ですら車で1時間半はかかるのだし、まして学校が夏休み期間中であれば日中の混雑も多く、通勤の車も見かけられることからも夕方からというのであれば往復で3時間はかかること間違いない。内灘、ただですら車で金沢方向というのは距離の割に時間がかかり、まして近日中に陸運が入江から大河端に移転するとなると、余計混雑が見込まれ、私の通勤帰りも夕方5時15分までの時間から時間までの恵まれた処遇にもかかわらず、速くても夜6時半ごろでないと帰宅できないのが、毎日夜7時過ぎになる可能性も濃厚だ。
P8130250松任のほうは後継者がいないことを理由に母御は墓じまいを考えているが、その連絡先が分からず迷子になっているのが現実だ。一般に、墓の分譲などは石材店がやっていることが多く、この場合も石材店に相談するのがよいかと思うのだが、これにはかなり高額な金がかかるらしい。放置しておいても数十年たてば行政は強制的に墓を撤去することも可能であり、そうした方法もあるのだが・・・。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

それはさておき、高岡七夕から数日後の先週火曜、2日目の夏期休暇であったが、この時に河北潟のひまわり村、本格的に25mmF1.2の良さを発揮することが出来たのだ。

P8070414やはり快晴下では最低感度であっても最高シャッター速度でも間に合わない。そのため、静音モードにて電子シャッターによる1/16000秒を駆使せざるを得ないか、NDフイルターが必要になる場合が多い。しかし開放絞りあるいはそれに近い場合は背景のボケ味が非常によい。

P8070423もう機械式シャッターでは1/8000秒までしかないので快晴では対処が不可能で、静音モードでの1/16000秒を使うしかない。それでも拡張低感度になってしまう。ND4フイルターを用意したほうがよさそうだ。

P8070448最小絞りでの全景だ。このレンズは小絞りボケの影響も非常に少なく、パンフォーカスも安心して臨める性能がある。しかし、他のレンズは最小絞りがF22まであるが、これは残念ながらF16までであり、唯一これだけが玉に瑕である。やはり低シャッター速度の日中使用を考えると、最小絞りはF22まで欲しいというのが正直なところだ。

P8070485こういう意図であれば最小絞りF16も活用は有効だが、広角的表現であればパンフォーカスをうまく使わないとそれが生かせない。しかし他のレンズではこの程度のF値では小絞りボケが気になることが多いが、このレンズはそれがほとんど気にならない。

P8070536いかにも素直な心でおもてなしをしている、そんな表情だ。やはり開放絞りのボケ味の良さも相まっての出来栄えだ。

ひまわり村:オリンパスE-M1 M.ZUIKO25mmF1.2PRO

このレンズは単焦点ゆえに、構図の制約も多く、徒歩で最適な構図を得ることも必要だが、ズームにない描写の良さが非常に感じられる。これ1本で勝負というのならば車ばかりでなく、新幹線とか高速バス利用時にも苦にならない。しかし大都会の中心部での使用には不向きである。やはり単焦点であり制約も多いからだ。そういう場合は一昨年の仙台の時のように、14~150mmズームと補助にボデーキャップレンズのセミ魚眼を持ち合わせて、というのが理想であろう。

2018年7月22日 (日)

例年ない猛暑と台所の掛時計

今年は異常な早さで梅雨明けが発表され、東北北部も先週末、平年より大幅に早い梅雨明けとなった。その影響もあり異常な猛暑が続いており、今冬に前代未聞の大雪と厳しい寒さがあったことのツケのようにも感じられる。ここ数年、地震等も世界的に多発しており、その影響で地軸がやや傾いたことも考えられる。とかく寒暖差は平年よりも激しいことも事実であり、地軸がやや傾いたことは間違いないであろう。

こうした中、台所のアナログ掛け時計が2回も数年しないうちに故障が生じ、時々針が動かなくなるなどの事態に襲われている。台所、ある意味たばこのヤニ以上にしつこい汚れがあることも事実であり、それらの蒸気が時計の駆動部に入って不具合を起こしている可能性も否めない。そこで私は提案したのであるが、アナログ式よりもデジタル式にしたほうが好ましいのではと思い、デジタル式に踏み切ったのである。
P7220238
筐体は小さいが、文字は非常に大きく、裸眼で0.2の近眼の私ですらメガネなしで遠くから見えるほどだ。かつて、シャープから発売されたカラーテレビ「ちびでか」を連想させる。このテレビも14型の筐体サイズでありながら16型ブラウン管を搭載するといったユニークな製品であり、独創性の高い商品を生み出すシャープらしさに溢れた商品であったことは今もインパクトが強いほどだ。この時計も小さな筐体に大きな文字、まさにチビはちびでもデカいとっかデカい、まさに「ちびでか」そのものだ。デジタル式にすれば機械部分がないだけに、油気のヤニを含む蒸気が多い台所であってもトラブルは少なくなるであろう。

この猛暑の中、昨日はあえて銭湯のサウナに入ってはいた。やはり後がサッパリしており、酷暑への耐性も高まるような気がする。通常ならまだ梅雨最中であり、末期の梅雨で大雨に祟られているはずなのだが・・・通年なら洗濯物のためにストーブを焚いてることも珍しくないが、今年はそれがほとんどなかったゆえに、灯油がまだ1缶半も残っている。来年以降、3月に灯油の補充をする際は面倒でご無体だろうが、1缶ずつ買い足す方が好ましいようだ。しかし立秋並みの猛暑がこの時期というのであれば、8月後半には秋雨が早く来そうな気配もしてならない。

2018年2月11日 (日)

2月も後半へ、しかし永遠に春はなし

2月も後半に入り、平年ならば今週あたり春一番の平年観測時期でもある。昨日あたりは気温が上昇し、太平洋側では春一番の可能性も予想されたほどだ。しかし大雨はあったものの、思ったほど幹線がスムーズではなく、所々雪が残り、時速30キロ以上は出せない状態のところもいまだ少なくない。今日遅くから再び大雪の恐れもあり、もう勘弁してほしいというのが正直なところだ。

日本気象協会は、サクラの開花予想を金沢では平年並みの4月4日と先週更新時に発表したが、私が思うにはこの予想は的外れだと思う。なぜ?今年など前代未聞の低温と大雪に見舞われており、除雪も進み、昨日の大雨でかなり溶けたとはいえ、今なお交通障害も少なくない状態だからだ。気象協会はサクラの開花予想で2月後半は初春の陽気、だが3月に寒の戻りで今回のような事態も多分にある、との発表をしているが、今年は春一番の観測がない可能性も高く、三寒四温も明確に出ない見込みが高いとみている。そのため気象庁の先月の3か月予報でも発言があったように、春の訪れは大幅に遅く、今年は永遠に春が来ない年になることもほぼ確実だ。

P2100188
P2100187
P2100185
その証拠に、先述のような前代未聞の極寒と大雪があったのがそれだ。この状況では平年並みに桜が咲くなど常識では全く考えられない。2006年は前年12月に大雪があり、平年なら3月とほぼ同じ平均気温であるはずが大寒並みのそれとなり、4月や5月でも真冬並みの寒さが多く、6月になってようやく春らしい暖かさ、その後は長梅雨、夏が終われば暑秋、というパターンであった。今年もこのようになり、春は真冬並み、秋は真夏並みという気候になることはほぼ確実で間違いない。サクラの開花も少なくとも平年よりは2~3日は遅れ、気象の推移によっては最も遅い観測である1984年(昭和59年・平成マイナス5年)4月17日開花の記録を破る可能性も非常に高いというのが正直なところだ。

そもそも、日本の気候はもう温帯ではなく、亜熱帯化していることも紛れもない事実である。春秋が短く夏冬が長い、ということ自体がもう亜熱帯気候であり、今年もどうやらそのようだ。季節ごと、日々ごと、1日の時間帯ごとに気温などの寒暖差が大幅に激しくなったことももう日本の気候が亜熱帯である確実な証拠でもあるのだ。おそらく、この寒さが終わる頃にはもう夏であることはほぼ確実で間違いない。すなわち、今年はこの1年間、夏と冬しかないことは完璧に間違いなく確実だ。


昨日今日など雪で仕事もひどくもう限界であったので、家で寝ることとしていたが、姉御と母御が買い物のため留守番を余儀なくされ、仕方なく夜間に自分の買い物等という事もあったが、大雨で雪解けと同時に路面から湯気が立ち、さながら濃霧のようであった。1月に発注したMCカートリッジのレコード針の針交換も物流の渋滞で遅れているとの話だ、電話によると。要介護者を抱えているため宿泊を伴う旅行などの大型レジャーは困難であり、母御からも厳に控えるように指示されていることからも、家でレコードとかいうぐらいしか余暇のつぶし道がないのが現状だ。姉御ですら要介護者を抱えてることを理由に放課後の食事会などはもちろん、月1回の泊りがけ夜勤も断っている状態であることからもこれは当然といえよう。万一、介護施設から呼び出しがかかったりした場合、まだ仕事とかで出張とかいうのならばやむを得ないこともあろうかと思うが、レジャー目的で東京などの遠方やパリなどの海外に行っている、などと聞くと介護施設の人からもこういう場合、その人間の非常識さを疑われかねないのも社会通念からいって当然のことだ。

また、先日のホイールの件、右前もそうだが、左前もほぼ同位相の位置でリムがゆがんでおり、もう1本追加という形になり、昨日取りに行くはずであったのを急きょ今週末に延期という事となった。また親父の要介護に係る特別障害者認定の確定申告も必要であり、一昨日やっと部署の事務官に出会えたという始末で、来週の金曜、人手が足らず苦しい中やむなく有給取得して私がそれを行う事となった。

親父は元役所という事で年金は一定額以上なので扶養に入ることは難しいと思われるが、親父の年金からの所得税と住民税に関しては恩恵を受けられる可能性もあり、部署の事務員にその書類のコピーを見せ相談したところ、通る通らないは別として、関係部局に相談する価値は十二分にあるとのことであったので、その日にそれを行うこととしたが、丸1日潰れる可能性があるので、この日は介護施設からの要請があっても出迎えないことを母御などには了解して頂かないとならない。

今週いっぱいは立ち往生などの恐れもあるため、燃料計がまだ残量は半分弱にもかかわらず、近所のコスモセルフスタンドにて満タン給油を早めに行ったが、現車史上最悪の高燃費で、その間の走行距離で割ったところ、リッター7.9キロであった。1月以上の大雪と交通障害で帰宅には12.5キロのところを8号線との交差点で立ち往生に近い渋滞が多発し、実質40分~1時間ほどの信号待ちをし、通常帰宅時は1時間前後で行くところ2時間から2時間半もかかっていたこともその原因であろう。エアコンは大雪の状態では曇り止めのため必要だが、夏場の冷房と違いそれが燃費劣化の大きな原因とは考えにくいので、おそらく通勤に異常な時間がかかったのが原因のようだ。

車の燃費、カタログ値は公道を走らず、機械の上を走らせて届け出のために出しているものであり、実際にはすべての条件でこれに及ばず、いいところその60~70%である場合が多い。またレコード針の寿命と同じように、走行条件や使用条件によって燃費は大幅に違ってくるので、高級車だから燃費が悪いとか、軽四だからずば抜けて燃費が良いとかいうのはいちがいには言えないというのが紛れもないな事実でもある。

2018年2月 4日 (日)

立春と家の問題で続く紆余曲折

本日から暦の上では春になるという立春になる。しかし、昨日一昨日と寒さはやや和らぎ、初春の陽気もつかの間、今日目が覚めればまた大雪に見舞われている。明日以降も先月のような事態の多発も起こりうる状態であり、やはり気象庁の予報通り、3月半ばごろまでは大雪による交通障害や厳しい寒さが続く見込みのようである。

こうした中、私の無様な軽自動車の右前のホイールが縁石でリム縁が曲がったのである。先週末2日間、制度の大幅な改革で1時間以上早い出勤を義務付け命じられ、定時よりも1時間早く帰れることとなったが、部署のシャワーがこれでは入る余地がなく、1時間早い退庁であることから内灘の白帆台の公営銭湯に行ったときである。慣れない場所なので駐車場に入る際、右からフレームを破損したかのような轟音がしたのである。やや薄暗いので表面上は何ともなかったが、昨日朝見てみたら下の写真のようになっていたのであった。
P2040182
P2040184
そこで、近岡のカーショップに出向いたのであるが、縁だけなので空気が漏れる恐れはそれほどないが、長期的にはそこから徐々に漏れる可能性ありとのことで、ホイールを1本交換することとなり、今週末に再び近岡のカーショップに出向くこととなった。これもまだスチールホイールだからこの程度で済んだものの、これがもしアルミホイールであればホイールの曲がりだけでは済まず欠損やひび割れが起こり、空気漏れも起きその場で走行不能となっていたことであろう。

それよりも親父の介護の事だが、今週水曜にも温泉病院から話があるとのことだ。結局、施設待ちで一時入院中の田中町の病院の話によると、入所する予定だった内灘の医科大向かいの特養老人ホームの関係者も来院し様子を見たり、医師とも協議をした結果、介護だけではなく長期的な老年医学に係る医療が必要な状態であることから、特養入所しても長期的な医療が必要となると医科大に毎日通わせないとならないこととなり、また嚥下性肺炎の治療でも完治が難しく、リハビリにより介護度を下げる治療などを行ってはいるものの、嚥下機能の回復が難しく、また歩行器の使用も試みる訓練も行っては来たが、普通の食事や立って歩けるようになることもほぼ不可能に近く、介護指数は上がっても下がることは期待できず、訓練などを行ってもせいぜい現状維持ぐらいしか不可能であることが判明し、特養老人ホームの入所は難しいとの判定があり、医療型の介護施設以外に選択肢はなく、温泉病院が空き次第、そこに入所させ、最後まで看取るという方向で調整することとなったのである。特別養護老人ホームの入所期間は平均5年程度というデータが出てはいるが、死亡による退所がすべてではなく、入所中に常時重度の医療が必要になってきた場合などに医療型の介護施設に転所させたり、あるいは要介護指数が2以下に改善されたりした場合、グループホームや一般の老人ホームへの転所や、在宅介護やデイサービスへの転換を勧められ退所というケースもかなり多いらしい。特養老人ホームでは日常の訓練のほか、レクリエーション・旅行などもあり、純粋に介護を必要とする人ならば生活も可能だが、これでは常時医療を要する場合は難しいとの判断も当然であろう。

こうした事情から姉御は夜間勤務を断っているようであり、放課後の会合などへの参加も断っている状態であり、私の場合であってもやはり同じような事態であり、宿泊を伴う2日以上の旅行などの大型レジャーはもちろん困難な状態だ。たとえ日帰りであってもレジャー関連は難しい状態であり、そうであってもなるべく早く帰ってくることも必要であることからも、家にてレコードを回すとかラジオ・レンタルビデオなどで映画などというぐらいしか余暇の選択肢がないというのが現状だ。生活のための買い物とかで商店街へというのも姉御と母御が買い物中は極力留守番を余儀なくされ、結局夜に行くしかないというのが現状だ。

とにかく自宅での老々介護からは解放されているとはいえ、施設預けという事となると家族の身体的・精神的負担はなくなるものの、直接被介護者と接していないことから、命の危険や容体などの悪化、施設内で暴れるなどの事態があった場合、早朝・日中・深夜を問わず電話がかかって呼び出される可能性は自宅介護の場合に比べはるかに高くなることも事実であり、施設の使用料なども大きくなり、やはり同居家族は使えるお金や行動範囲を狭められることは自宅介護であろうと施設介護であろうと同じである。

子供の育児などは出生から概ね小学校低学年程度まで、着替えとか大小便の世話などが必要となる以降は概ね自立してくるのでめどは立つが、介護という事となるともう長くはないとはいえ、いつまで続くかわからないのも疑いようがない。高齢要介護者は身体的機能や精神年齢の低下などもあり、大きな赤ん坊を抱えていると同然であり、その家族も非常に負担がかかるものである。

2018年1月21日 (日)

明後日以降は再び寒波、今年の春は大幅に遅く

先週などは例年ない大雪に襲われ、電車や高速バスの運休が相次ぐ、落雷で地元の老舗民放テレビ2局が映らなくなる、生活道路では実質的に通行不可能な個所が多発するなど、大パニックに見舞われた。今のところは初春の気候のようであるが、明後日ごろから再び寒波が到来し、また先週の二の前のような事態が起こることも多分に考えられる状態である。

昨日から大寒に入り、日中は日も長くなっては来たが、寒さのピークは平年であると大寒から立春の時期がそうであり、雨水の節気と時期になってようやく寒さも峠を越すというのが事実のようだ。しかし今年の長期予報では春の訪れは平年より大幅に遅いという見通しである。

こうであれば、平年なら3月第3週末か4週初めごろに夏タイヤ戻しといったところ、4週末か5週、あるいは4月頭にそれを伸ばさないとならない事態も十二分にありうる。

そこで、私はスノータイヤを前後入れ替えた。11月末から穿き出して2か月、夏タイヤ戻し穿きの3月末までちょうど半期となったので、摩耗の均一性を保ち、4駆であることからもこのほうが好ましく、そうしたのである。やはり空気圧は0.3ほど2か月間に減っており、これも矯正しておいた。5月後半には初の車検もあり、やや大掛かりな整備も必要であろう。

それよりも先週のドカ雪で前バンパーのジョイントが折れ、その止めねじも外れるという始末に。ジョイントは大工センターに売っている金具を介し、それをジョイントにビス止めをし再び止めねじを前フレームに埋め込み、金具をバンパー裏側で水中ボンドで固め、バンパーとフレームのジョイントをつないだというもので、外見上からはわからないが、下から覗いてもちょっと判らないほどであるが、潜ればビスがあるという事で分かるであろうが、下穿きのパンツと同じように外からは見えないのでこれでいいだろう。バンパーの外見上の破損ではないのでバンパー丸ごと交換というのももったいないから、この措置は正しかったであろう。

とにかく平年であっても3月の10日ごろまでは先週のようなドカ雪とか寒波の恐れも多分にあり、まだまだ予断を許さない状態であることを肝に銘じておきたいものである。まして気象関係からも今年の春の訪れは大きく遅れるという報道があるのだから、なおさらである。

2018年1月13日 (土)

温暖化だからといって必ずしも猛暑暖冬とは限らない

地球温暖化、年々進行していることは事実だが、それに伴い猛暑傾向や暖冬傾向も多発している。しかし、ここ数年、猛暑の夏の後は厳冬になりやすい傾向が続いたり、同じ季節内であっても寒暖差が激しい極端な気候が増えている、梅雨時には北陸でもやませの影響がみられて梅雨寒の出現も多くなったこと、冬場には太平洋側や比較的温暖な九州・中国四国でも雪が降るなど、今まででは考えられないような事態も多くなった。これも温暖化によって通常の気象を逸脱するケースが増えてきたのは疑いようがない。

地球の平均気温は年々上がってきてはいるが、北極での氷の解けも多くなってきており、それに伴い放出される寒気も多くなってきており、北極振動が春に出現するのも多くなっており、春が寒く秋が暑いことも増えてきている。地球、約8割が海であり、陸地の部分は非常に広大なように思われるが、実際には地球上では2割ほどであることから、いちがいに猛暑暖冬だとは言えないのも事実だ。海面に関しては異常に気温が高いことも多分に考えられる状態であり、これが陸地での気候のひずみを発生させていることも疑いようがない。

今回の大雪も温暖化による影響も多分に考えられる。その証拠ではないが、来週には気温がかなり高くなり、3月末並みになる予想も出ている。その後再び今回のような寒気が来る見込みであり、やはり温暖化による歪みであろう。

こうであれば日常生活の必要物資などの買い物・医者通い・出張など職務上義務付けられた行動以外、車はもちろんの事、電車やバス利用であっても外に出ないほうが身のためであるのは疑いようがない。たとえ近所でのレジャーであっても厳に控えたほうが好ましいことは言うまでもない。

こうした中、アナログレコードの針交換を発注中だ。私が使っているMCカートリッジは針交換が不可能であるが、定価の概ね6割程度の価格で古いそれを販売店に持ち込む事でカートリッジごと新品になるわけだが、概ね2週間から3週間の納期になる。今なおレコード針などの交換可能な機種では一部メーカーが互換品を出しているが、今ではかなり値上げされ、アナログ全盛期の概ね1.5~2倍の値段になっている。今ではレコード販売の形態は音楽配信とかが出現したことでCDなどの売り上げも少なくなり、アナログ盤も一部で流行に兆しが見えたとはいえ、全体的に見れば少数派であり、今なお主力的に使っているのは概ね50歳以上がメインというのが事態のようである。MCカートリッジとなると上級者向けの製品が多いため、針交換価格もMMカートリッジの交換針よりも高価なのが多い。

ダイヤモンド針、寿命は概ね200~500時間とされ、シングル盤であれば概ね1500~8000枚程度、LP盤であれば概ね300~1000枚程度に相当するが、使用状況とか楽曲のジャンルなどによって大きく変動し、車の燃費と同じように使用条件によって大幅に変わるのでいちがいには言えない。針が寿命になるとボーカルのサビなどの比較的振幅の大きいところが割れたように聞こえたり、高音部がぼやけたり荒い感じになってきたりするので、少しでもそうした異常を感じた時が針の寿命と思えばいい。しかし物理的な限界もあることから、多少の音割れのようなものは出現するものであり、MCカートリッジの場合、繊細で解像感が高い音質である反面、放電現象により振幅の大きい中高音域で音割れに近いノイズが出やすいこともあり、針先の寿命の判断が多少難しい面もある。

今回のような悪天候下であればレジャー目的の外出などは厳に控えたほうが好ましいのは疑いようがないが、そうでなくとも私のように要介護者を家族に抱えている状態であればレジャー目的での宿泊を伴う長期間の旅行なども厳に慎まないとならない状態であるゆえに、ホームステレオなどの活躍も大いに検討すべき状態であるゆえ、針交換などの維持は重要だ。

今年の場合、いくら寒中とはいえかなりの異常ぶりだ。内灘町のコミュニティーバスも本日運休であり、明日いっぱいは高速バスや電車の一部運休なども十分ありうる状態だ。

2017年6月24日 (土)

花しょうぶと紫陽花

先々週の頼成の森・花しょうぶ祭りと本日の太閤山・あじさい祭りの模様を公開します。

使用カメラは花しょうぶ祭りがE-M5MarkII、14~150mmF4~5.6及びマクロ60mmF2.8、太閤山あじさい祭りはE-M1、12~40mmF2.8PRO及びマクロ60mmF2.8であったが、空梅雨気味であり残念であったこと、花しょうぶ祭りの時は梅雨さえ入っていないという始末であった。また、要介護者がいることで丸1日ゆっくりすることはできず、早朝に家を出て午前中で引き上げるという事になっている。

P6100003

P6100020

P6100062

P6100088

P6100096

P6100103花しょうぶ祭りは雨上がりとはいえ、時々日も差す状態であったが、定番の足湯もあり、これは往復で2キロほど歩かざるを得ない場所ゆえに有り難い。


P6242708

P6242733

P6242778

P6242791

P6242802

P6242830

P6242844今回、60mmマクロレンズも多く使ってみた。マクロの場合、近接限界近くになるとピント調整が大変に難しく、AF任せでは困難だ。MFアシストによるピーク表示やタッチAFシャッターの使用はこういう場合、非常に有り難く、ここはミラーレスならではのテクが重宝することを改めて実感した次第だ。

今年など、親父が要介護状態にあることからも、レジャー関連はかなり自粛せざるを得ない中、一眼カメラの出番も以前から見れば大きく激減した。今回、交通の便がそれほど良くないという事で必然的に車という選択肢になったが、市内中心部のようなバスや鉄道の便が良い場合は車は使わず、公共交通という事にしてはいるが、それでも月に1000キロはいく状況だ。小型軽量のズームである14~150mmも公共交通の利用が多くなることを見込んで一昨年、入手したレンズではあるが、これ以上のレンズ拡充も親が要介護状態のため、ボーナスが支給されても購入は困難であり、E-M1 MarkIIも魅力的な新機能が多いにもかかわらず入手不可能な状況である。

次回、8月の高岡七夕まで出番はないであろう。この場合は市内中心部という事で当然、車は置いて行き、鉄道やバスなどの手段となると思われるが、悩ましいのはカメラ機材だ。祭り行事なので2本のPROレンズにするか、それとも10倍ズーム一本で行くかが悩ましいところである。本体は躊躇なくE-M5MarkIIになろうかと思われるが・・・・。

2017年3月22日 (水)

「春到来」でも冬の用心はまだしばらくは・・・。

年度末を迎え、間もなく人事異動も出されようとしている。しかしながら、今週に入ってノロウイルスとかインフルエンザによる休暇者が私の部署で多くなり、正規の乗務を外されたり、3人乗務のところが何台も2人乗務が出るなど、もうひいひいしてるも程度が過ぎた状態になっている。3月も終わりになって冬期の悪性風邪が蔓延、いったいどうなってるのだろうか。

今年など平均気温では暖冬だったとはいえ、寒暖差も大きく、平年より気温の低い日もかなりあった。ここは昨年の猛暑のツケであることは間違いないかと思うが、3月末でも寒暖差が大きく、今朝など寒さとションベンで目が覚めたほどだ。

社会常識での冬は終わったとはいえ、実際にはまだまだ冬の用心は怠れないのも疑いようがない。そもそも、汗をかきやすい屋外労働にもかかわらず、こまめに着替えない、手洗いやうがいもろくに行わない、上は冬物であっても肌着類は夏場と同じもの、という事自体が冬季性の悪性風邪を引き呼んでいるようなものだ。少なくとも上は半袖のTシャツではなく、グンゼの長袖とか、下はスカスカのトランクスではなく、グンゼのブリーフとかズボン下などを着用して防寒対策をするなども必要に感じる。女性の場合であっても高校生から40歳前ぐらいまでの大半は下は浅めのカジュアルショーツというのが多いが、ここは若年であっても冬場ぐらいはグンゼの丈長のデカパンショーツに準ずるようなものにするなどの配慮も必要だ。とにかく上ばかりでなく、下も防寒対策を十分にすることが冬場の健康管理には必要欠くべからざるものだ。4月に入っても日中はそこそこ温いものの、朝晩は冬の名残が感じられることも多く、上は春物でも下は冬物を貫くことが好ましいというものだ!
P3220144ということで、4月一杯は上下とも冬物を片付けない方が好ましく、5月の連休を過ぎてから片付けるようにしたいものだ。下の夏物(半袖Tとかスカスカトランクス、女性の場合は浅めのショーツパンティーなど)も4月終わりぐらいか5月初めぐらいから切り替え、10月末か11月頭には冬用にすることも重要であり、これが健康管理の基本であることは言うまでもない事項なのだ。また風呂には春夏より1~1.5度ほど熱めにする、そうでなければ浴槽に浸かる時間を大幅に長くするとかして、十分温もってから上がるようにすることも冬場は必要だ。

当然、冬場のレジャーで屋外に長くいる場合はカイロの複数使用も必要だ。こうした事を行うことで冬場の悪性風邪をかなりの確率で防止することが可能なのも私の経験から言わせていただきます。また口うがいばかりでなく、鼻うがいもお勧めしたいものだ。花粉症も蔓延していますから。スノータイヤも半数ぐらいの者が外して夏タイヤに移行しているようであるが、私は3月一杯スノータイヤで行く。4月1日に夏タイヤに移行する考えだ。

2017年2月19日 (日)

雨水の時節とリサイクルショップの多用

2月も後半、先週末には春一番も観測され、雨水の時節に入った。この時節は夏場の処暑と同様であり、雪が雨に変わるころ、すなわち寒さも峠を越え、衰え始めると考えられる。

こうした中、リサイクルショップの多用が多くなってきた。要介護者がいることでコタツテーブルを高さ変更可能なものに買い替えとか、布団をより軽量なものへの買い替えなども嵩み、不要なプラスチック製のタンスとかテーブルなどを処分するためだ。母御ももうやつれにやつれてる中親父の介護に身を尽くしており、重い布団や狭い手押し車が使えないなど、老化による身体の悪化もひどくなり、それに対処での買い替えが多く、建坪25坪という世間並みの水準に比べて著しく見劣りする狭い家屋に不要な家具など邪魔であり、粗大ゴミに出すと有料であり、そうであれば二束三文でもリサイクルショップに買い取ってもらった方がよいからだ。

それはさておき、車のオイル交換の時期が近づいた。11月初め以来、約4ヶ月弱ぶりになるが、今週末でも神宮寺にで向かおうかと思う。先日はリコール対処をいち早く済ませ、その時にも説明があったが、昨日カーナビのメインテナンスからオイル交換が近づいたとの音声案内があったことで、今週末ぐらいがちょうどでないかと思っていたらその通りであったのだ。

今回は軽自動車という事で、テーブルとかタンスの積み込みが危ぶまれたが、ミニバンタイプであるためか、助手席を前まで出して後部座席をすべて平坦にしたら意外と楽に積むことができたのは不幸中の幸いと言えよう。以前から見れば行動範囲を著しく狭められていることから走行距離は従来より2割強ほど減ってはいるが、それでも通勤距離がやや遠いこともあり、月間で1000キロ弱はどうしても行く状態だ。

今月も高岡のなべ祭り以来、一眼カメラの出番もない状況であるが、先日、オリンパスのサイトにて一眼レフ用のフォーサーズレンズがすべて生産完了となり、在庫限りとなっていることが判明した。今後、すべてミラーレスになることもあり、またOM-Dの出現が一眼レフ使用者に対してその優位性が認められ浸透したこともその背景にあろう。特に広角レンズではミラーがない分フランジバックを短縮化でき、無理なレトロフォーカスを構成する必要もなく、より高性能なレンズが安く作りやすいことも大きなメリットであろう。7~14mmF2.8や魚眼8mmF1.8などもその好例であろう。とはいえ、私はこれ以上カメラシステムの拡張は行わないことと決めましたけどね。次回の出番は来月もなく、4月の桜の時期までないかと思われる。退職者の宴会での出番も考えられるが、親が介護状態のためこれはたとえオファーがあっても断る考えだ。

勤続25年の旅行引換券、あと1枚残っているが、4月から処理施設への異動がなく、清掃施設に引き続きいられることがわかれば、4月の桜の時期にでも宿泊できればと考えてはいる。一眼カメラの出番も激減し、この機会に夜桜でも見られればと思うからだ。当然、金沢か富山ぐらいのところしか無理であり、なべ祭りの時のように始発の電車あるいは都市間短距離高速バスで帰らざるを得ないこととなるだろう、要介護者がいる状態では。イベント関係も半日で切り上げるなどの対処も必要ですし、要介護者はいつ何時命を落とすかわからない爆弾のようなものですから。20歳前の若者ですら突発的な発作で死んだという事も先日ありましたから(著名人なので全国的に知れ渡ったと思われるが・・・)、まして90過ぎの老人で要介護者ならよけい危険性が高いからだ。

2016年10月 8日 (土)

狭められる行動範囲の中での夢の平

今年は梅雨明けから秋たけなわの時期にかけて例年ない異常気象ぶりが目立つ。通常ならばもう、朝晩は寒いぐらいなのが普通であるが、秋雨が長引き梅雨時のような状態が10月も中旬に近くなったにもかかわらず続いているという状況だ。

こうした中、今年は母御が長年離さなかったJTBギフト券を頂いたのを使い仙台行きの予定があったことや、勤続25周年という事で職場の互助会から来年6月までの期限付きで換金不可能、宿泊必携という条件付きの旅行引換券を4万円分貰ったものの、使い道に困り仕方なく新潟行きを急きょ決断し、それでも半分残っているという始末だ。こうした事情で例年通う地元イベントであるチューリップフェアや百万石まつりをはじめ、花火大会までも取りやめとすることとなり、地元付近のイベントはこれが今年初めてという事だ。しかし午前中は何とか曇りだったものの、途中から雨となり、テント内で雨宿りのあと、小降りになって昼近くになってとなみ野の手打ちそばだけを頂いて昼前で帰るという事となった。たとえ天候がよくとも、レジャー目的の行動は親父が実質要介護3相当に至るほどの状態であることからも必然的に行動範囲を狭められており、通常ならば本当に近所といえる範囲内(概ね金沢・松任・小松とか河北郡・口能登とか小矢部・高岡程度が限界のようなのは疑いようがない)程度しか困難であり、再び学生・生徒時代のようなホームオーディオの多用が復活しつつある状況でもあるわけだが、家庭事情で行動範囲を狭められざるを得なくなればこれも当然の事であろう。

それはさておき、夢の平のコスモスウォッチングには朝早めに出、9時少し前に現地という事となったが、10時半ごろから大雨になり、テントで雨除け後、11時過ぎにご当地のそばを頂いて帰宅という事となったが、今後地元近辺のイベントがあっても半日で切り上げないとならない状況が続くと思われる。来週は好天の可能性も高いものの、これ以上は親父の容体の事やお金の関係もあり今回のみという事を余儀なくされている。

今回、E-M1とE-M5MarkIIの2台を出すこととなったが、これはやはりいくらミラーレス機とはいえ、複数のレンズを使うこととなるゆえに車でないと不可能だ。高速バスとか電車などの場合、ボディーは1台のみで必然的に小型の10倍ズームを基本という選択肢になることも多く、そうしないとこの歳では肉体的にもしんどく、行動も困難だ。しかし車も中距離以上が少しつらくなってきており、ここはやはり年老いたことをつくづく感じさせられる。

Pa082396b今年は曇天と雨であまり芳しくなかったのが正直なところだが、現地ではこういう事態もありうると考え、悪い状況の中で最善を尽くすしかないのが現状だ。E-M5MarkII+12~40mmF2.8。

Pa080267曇天というのであまり冴えない。しかし雨の中であればそれなりに味わいがある感じになりそうだ。E-M1+60mmF2.8マクロ。

Pa080276台風の影響で折れている個体も多く、見ごろ前のイエローガーデンもほぼ壊滅的な状態であった。E-M1+60mmF2.8マクロ。

Pa082402b今年のコスモス格言には石川県からの応募も入選していた。E-M5MarkII+12~40mmF2.8。

Pa082418b今年は台風で折れ掛けとか倒れたのも多くみられる。E-M5MarkII+12~40mmF2.8。

Pa082427b今回は40~150mmF2.8も活躍。望遠の風景も圧縮感があってなかなかだ。E-M5MarkII。

Pa082436bこの手はマクロレンズに限るかと思っていたら、望遠の大口径のほうがむしろ向いている感じだ。E-M5MarkII+40~150mmF2.8。

Pa080299今回は曇り空だが、魚眼の光景では鉛色の空が恐怖感を感じさせるようだ。E-M1+8mmF3.5魚眼。

Pa080325魚眼の醍醐味にはワイドマクロがある。なかなかドスの効いた雰囲気だ。E-M1+8mmF3.5魚眼。

Pa082449bこれも40~150mmによる近接だ。E-M5MarkII。

Pa08033711時前から雨となり、傘をさす人も増えてきた。E-M1+12~40mmF2.8。

Pa082454bご当地アイドルのライブをやるはずだったのが、雨で中止の可能性も高くなった。E-M1+12~40mmF2.8。

Pa082460bそばを頂いた後、ちょっと悲しげな雨の中の表情があったので1枚。E-M1+12~40mmF2.8。

Pa082476bその後も雨のコスモスを何枚か。水滴が効いているのでこれはなかなか味わいがある。E-M1+12~40mmF2.8。

Pa082480b帰宅直前の最後の1枚だ。E-M1+12~40mmF2.8。


今後、紅葉・ハクチョウ飛来もなんとか納めたく思うが、家庭の事情とかを考えないとならないのもあり、今までのように自由にというわけにもいかない。互助会からの旅行引換券も1万円分4枚のうち、まだ2枚残っており、これは来年の日本海なべ祭りの時にでも、高岡駅周辺で泊まるのに使えればと思っている。来年6月までの期限の中ではすべて使うのも難しいので、1枚ぐらいは期限切れで返却して、その分を互助会寄付として映画とか見たいという方々のために貢献させていただこうか、そうなっても仕方ないか、そう思う。窓口の名鉄観光の話によると、多くの方は自分の車で行き、宿泊だけに使うという使い方が今までの実績から見ても多いというが、宿泊とJR線や船舶・航空機・高速バス(予約制の中距離以上に限る)の組み合わせも可能なので、1回は高速バスと組み合わせたのはある意味正解だった。4万円分あれば東京を1泊2日できるほどの事は可能だが、家庭の事情からも日帰りか、それに近い1泊ぐらいしかできない。東京を夜行をも含めた日帰りというのであれば、往路か帰路のどちらか一方を高速バスにし、逆にそのどちらか一方を新幹線とし、原宿なら原宿のみ、ソラマチならソラマチのみ、秋葉原なら秋葉原のみ、とかいうように1か所に目的を決めて、そこでゆっくりとして散策とか飯を食うとかして帰るほうが好ましいか、そう思う。

とにかく今後、思うように一眼を使える機会は少なくなるであろう。

より以前の記事一覧