最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

2018年2月18日 (日)

現車の破損状況と日曜大工

昨日など再び北陸に大雪の予報が出されたが、本日も朝わずかな積雪があった。しかし午後からはほぼ溶けており、どちらかというと春の雪に近い状態である。しかし気温こそは真冬日に限りなく近い状態であるが、地面はかなり暖かくなってきているようであり、地面から溶けていくような感じであり、これが翌朝凍結し、アイスバーン出現の可能性が非常に高いことは疑いようがない。

こうした中、未曾有のドカ雪による現車の破損状況だが、後述のような状況である。↓

P2180191リアバンパーの止めねじが大雪のため悪路で落下した状態。これは車検まで待つ考えだ。
P2180201_2XZ-1の写真が縦位置の認識が出来ないため横倒しとなったが、フロントバンパー下部にヒビが入った状態。バンパーが変形したわけではないのでこれはバンパーパテとタッチペンで対処しようかと思う。

昨日、フランジ曲がりのため交換したスチールホイールとタイヤの状況は後述のような状況だ。↓

P2180190ホイールは新品になったが、タイヤが来シーズンにはシーズン中にスノータイヤとしての使用限度が来る可能性が高いとの指摘があった。

P2180194御覧のように、スノータイヤ使用限界の出現があと1ミリほどであり、この状態であれば春以降も穿きつぶしを行い、来シーズンにはIG6に全輪穿き替えをしたほうが好ましい状態だ。新車時からの夏用も残溝が半分を切っている状態なので、来年おそらく夏用も穿き替えという事になろう。夏用はBluearthを考え中だ。
P2180192フレーム下部だ。やはり継ぎ目のところからサビが出ており、手の届くところはサビ置換スプレーをかけて応急措置してはいるが、車検時に出来れば防錆措置は行ってもらう考えだ。やはり海岸地帯ではフレームのサビが多く、それゆえ下取りも大幅に安いらしく、新車にするのなら下取りを考えず最後まで乗るのが賢明だ。

やはり三菱の話でも未曾有のドカ雪のためフレーム周りの破損も多発しているという状況である。このようであれば乗らないほうが身のためであることは疑いようがないが、乗らないとならないこともあるというのが問題だ。

ドカ雪のため現業職場では疲労も大きく、上り時間も大幅に遅く、2週間ほどくたくた状態であり夜9時台のテレビですらリアルタイムで見れないという日が続いている。そのため春夏であれば夜10時台までは何とかリアルタイムも可能だが、この状態であれば夜9時前に寝ないと体も持たず命の危険さえある状態ゆえに、夜9時台の番組も予約して週末にでも見ないとならない状態だ。親父の医療型介護施設である温泉病院への転所も先週決まり、それゆえに呼び出しもいつ掛かるかわからないゆえに旅行等のレジャーも一切不可能な状態なのでテレビやラジオ・レコードなどというしか余暇の選択肢がないゆえにそうせざるを得ない。

こうした中、写真立ての補修も行っていた。クルンのサラダボウル閉鎖にてそのイベントの特売品であったが、掃除の際に下部のガラスを破損し、アロンアルファでしのいでいたが再び壊れ、捨てることも考えたが、その記念アイテムという事でそれでも惜しく、2液性のボンドEセットなら堅牢になるだろうと思いつき、それも行った。
P2180196

P2180195本体はボンドクイック5でガラスを補修したが、補修跡を隠すべくアクリル板をカットし、ボンドEセットにて貼り合わせておいた。裏側も同様の措置を行った。同じ2液性のボンドであってもクイックセット5は5分硬化型なのであまり広い面積には使えない、耐水性や堅牢性でやや劣るという欠点があるため、アクリル板補強はEセットにした。

P2180198
Eセットは90分硬化型のため半日以上ガムテープなどで固定しないとならない欠点があるが、硬化時間が長いので和風便器の金隠しを暴れてカチ割ったとか、そういう場合など比較的広い面積の作業が余裕をもって確実に行える、堅牢性や耐水性に優れるといった利点もあるため、ここはあえてそうしたのである。

とにかく春の訪れは早く来てほしいというのが正直なところだ。出勤も3月2週までは冬場の6時10分ごろに出ていかないとならないことからもなおさらだ。

2018年2月17日 (土)

2月も後半、ひな祭り以降はなだれの危険例年の数倍以上

2月も後半、来週明けから雨水の節気に入る。雪から雨に変わる時節、言い換えれば寒さも峠を越えて衰える時節とも言え、処暑の冬期版でもある。

昨日の1か月予報、来週いっぱいは平年を大幅に下回る寒さが続くが、再来週からは平年並みかやや寒いとの見通しであり、3月の桃の節句以降は気温が上昇する可能性もあるという。こうなると、前代未聞のドカ雪もあり、なだれの危険性は平年の数倍以上、特に山間部はなだれ注意報でなく、なだれ警報が出される可能性もありうるようだ。

今日なども大雪の予報であったが、風は確かに強いものの、積雪になるほどではなかったようだ。どちらかというと春先の雪に近い状況であり、今週初めのドカ雪も空間からでなく、地面から溶け出しているようであり、雨水も近いことから地面がかなり温くなってきたことが伺える。しかし、地面から雪解けとなると、それが翌朝などに凍結する恐れもあり、まだまだ冬の用心は3月10日頃までは少なくとも怠れないことを肝に銘じるべきである。

スノータイヤ、気の早いものでは3月入ってすぐ、あるいは2月末に夏タイヤに戻すというのも少なからずいるという話を聞く。しかし、いくら春めくのが早いとは言っても、少なくとも3月第2週まではスノータイヤは外さないようにしたいものだ。夏タイヤへの穿き替えは少なくとも3月の第3週、出来れば第4~5週ぐらいが推奨されるというのも疑いようのない事実だ。

それはさておき、私の方はスノータイヤは今春は穿きつぶすことを決断した。本日、フランジを縁石でひん曲げたテッカンホイールの交換のため、近岡のカーショップに午後から出向いたが、その時にスノータイヤの点検もしたが、その結果から穿きつぶしを決断したのである。残溝は概ね6割程度であり、この状況では来シーズンは危険であるとの判定が下ったのである。

もう3シーズン目であるが、この状況では新しいスノータイヤに来シーズン穿き替えたほうが好ましく、また夏用タイヤも残溝が4割ほどであり、こうであればスノータイヤを履きつぶす方が合理性の面から好ましいと見たためだ。カーショップの話でも通勤とか比較的近隣へのレジャーなど一般道主体であれば穿きつぶす方が好ましいとのことであり、私は高速はほとんど乗らないこともあり、別に支障はないかと思われるのでそうしたのである。ただ、夏タイヤに比べて運動性能が劣るので、それを理解の上真面目な走り方をする必要がありそうだ。しかし、姉御の車も昨年春はスノータイヤ穿きつぶしであったが、車検時には夏タイヤに穿き替えを日産のディーラーから指示され、穿き替えたが、不調個所の多発が見つかり新車を余儀なくされているという経緯がある。

そこで、三菱に相談したのであるが、6月に車検という事で、スノータイヤで車検はNGか、と思ったら可能であるということだ。残溝が5割以下ではスノータイヤとしては法令違反となるが、夏用に継続使用は残溝が1.6mmになるまで可能という事で、車検はOKということだ。

ただ、運動性能が夏用に及ばないことから、急加速や急旋回、急ブレーキなどは厳に控え、十分に注意するようにとの助言があっただけである。まあ、通常の走り方であればほとんど問題ないことも事実ですけどね。また、未曾有のドカ雪のため、後方バンパーの止めねじが1個取れていたこと、フロントバンパーの目立たない部分が少し割れていたことなども見つかり、リアバンパーは車検まで我慢し、フロントバンパーのひびはバンパーパテで埋めようかと考えている。

さらにMCカートリッジの針交換も受け取ってきた。やはり針先の状態が良いとレコードの音の解像感が全く別物である。約10年ぶりではあるが、概ね200~400時間ぐらいがレコード針の寿命、といえるであろう。要介護者を抱えるため宿泊を伴うのはもちろん、日帰りでも多少難しい面もあり、一眼カメラは昨秋に使って以降全く使っていないという始末だ。要介護者を抱えるため遠方へのレジャーが非常に難しい状況となると家でレコード演奏などをとか、というぐらいしか余暇の選択肢もないゆえに針交換(とはいっても、MC型のため針だけの交換は不可能なので、カートリッジごとメーカーに送り返し、定価の概ね6割ほどで新品交換)は正解であった、そう思う。やはり需要減などもあり今までは2~3週間ほどの納期が1か月となってしまったが、仕方ないであろう。針交換の値段も10年前の約1.5倍となり、マニュアルフォーカスのフイルムカメラと同じような処遇を余儀なくされているのであろう。
P2180197

2018年2月 4日 (日)

立春と家の問題で続く紆余曲折

本日から暦の上では春になるという立春になる。しかし、昨日一昨日と寒さはやや和らぎ、初春の陽気もつかの間、今日目が覚めればまた大雪に見舞われている。明日以降も先月のような事態の多発も起こりうる状態であり、やはり気象庁の予報通り、3月半ばごろまでは大雪による交通障害や厳しい寒さが続く見込みのようである。

こうした中、私の無様な軽自動車の右前のホイールが縁石でリム縁が曲がったのである。先週末2日間、制度の大幅な改革で1時間以上早い出勤を義務付け命じられ、定時よりも1時間早く帰れることとなったが、部署のシャワーがこれでは入る余地がなく、1時間早い退庁であることから内灘の白帆台の公営銭湯に行ったときである。慣れない場所なので駐車場に入る際、右からフレームを破損したかのような轟音がしたのである。やや薄暗いので表面上は何ともなかったが、昨日朝見てみたら下の写真のようになっていたのであった。
P2040182
P2040184
そこで、近岡のカーショップに出向いたのであるが、縁だけなので空気が漏れる恐れはそれほどないが、長期的にはそこから徐々に漏れる可能性ありとのことで、ホイールを1本交換することとなり、今週末に再び近岡のカーショップに出向くこととなった。これもまだスチールホイールだからこの程度で済んだものの、これがもしアルミホイールであればホイールの曲がりだけでは済まず欠損やひび割れが起こり、空気漏れも起きその場で走行不能となっていたことであろう。

それよりも親父の介護の事だが、今週水曜にも温泉病院から話があるとのことだ。結局、施設待ちで一時入院中の田中町の病院の話によると、入所する予定だった内灘の医科大向かいの特養老人ホームの関係者も来院し様子を見たり、医師とも協議をした結果、介護だけではなく長期的な老年医学に係る医療が必要な状態であることから、特養入所しても長期的な医療が必要となると医科大に毎日通わせないとならないこととなり、また嚥下性肺炎の治療でも完治が難しく、リハビリにより介護度を下げる治療などを行ってはいるものの、嚥下機能の回復が難しく、また歩行器の使用も試みる訓練も行っては来たが、普通の食事や立って歩けるようになることもほぼ不可能に近く、介護指数は上がっても下がることは期待できず、訓練などを行ってもせいぜい現状維持ぐらいしか不可能であることが判明し、特養老人ホームの入所は難しいとの判定があり、医療型の介護施設以外に選択肢はなく、温泉病院が空き次第、そこに入所させ、最後まで看取るという方向で調整することとなったのである。特別養護老人ホームの入所期間は平均5年程度というデータが出てはいるが、死亡による退所がすべてではなく、入所中に常時重度の医療が必要になってきた場合などに医療型の介護施設に転所させたり、あるいは要介護指数が2以下に改善されたりした場合、グループホームや一般の老人ホームへの転所や、在宅介護やデイサービスへの転換を勧められ退所というケースもかなり多いらしい。特養老人ホームでは日常の訓練のほか、レクリエーション・旅行などもあり、純粋に介護を必要とする人ならば生活も可能だが、これでは常時医療を要する場合は難しいとの判断も当然であろう。

こうした事情から姉御は夜間勤務を断っているようであり、放課後の会合などへの参加も断っている状態であり、私の場合であってもやはり同じような事態であり、宿泊を伴う2日以上の旅行などの大型レジャーはもちろん困難な状態だ。たとえ日帰りであってもレジャー関連は難しい状態であり、そうであってもなるべく早く帰ってくることも必要であることからも、家にてレコードを回すとかラジオ・レンタルビデオなどで映画などというぐらいしか余暇の選択肢がないというのが現状だ。生活のための買い物とかで商店街へというのも姉御と母御が買い物中は極力留守番を余儀なくされ、結局夜に行くしかないというのが現状だ。

とにかく自宅での老々介護からは解放されているとはいえ、施設預けという事となると家族の身体的・精神的負担はなくなるものの、直接被介護者と接していないことから、命の危険や容体などの悪化、施設内で暴れるなどの事態があった場合、早朝・日中・深夜を問わず電話がかかって呼び出される可能性は自宅介護の場合に比べはるかに高くなることも事実であり、施設の使用料なども大きくなり、やはり同居家族は使えるお金や行動範囲を狭められることは自宅介護であろうと施設介護であろうと同じである。

子供の育児などは出生から概ね小学校低学年程度まで、着替えとか大小便の世話などが必要となる以降は概ね自立してくるのでめどは立つが、介護という事となるともう長くはないとはいえ、いつまで続くかわからないのも疑いようがない。高齢要介護者は身体的機能や精神年齢の低下などもあり、大きな赤ん坊を抱えていると同然であり、その家族も非常に負担がかかるものである。

2017年12月17日 (日)

12月半ばでさながら大寒並みのドカ雪

12月も半ば、通年ならこのあたりから晩秋の気候は過ぎ去って本格的な冬の気候に変わるはずだが、今年はそれが1か月半ほど早い感じだ。先ほど、窓を開けたら浜手ながら大寒か立春並みのドカ雪に襲われた。↓
Pc170283
2005年にも12月に大寒並みの寒さが来たが、今年の場合は寒気が西から吹き込むという形であり、ここ数年このパターンが多くなってきた。梅雨時にもやませの影響が北陸にも来るなど、偏西風の向きが温暖化進行で変わって来たようである。それに今年は太平洋近辺の海水温が異常のようであり、これが冬の訪れが異常に早い原因のようにも感じられる。その分、3月には春の到来が早くなることも見込まれるのだが・・・。

それはさておき、デジタル一眼から電池を外すこととした。これまでは電池を外すことはなかったが、一昨年から親父が介護状態に陥ったことで使用頻度も減り、1月から施設入所も確定したものの、そうなると母御や同居者の介護による心労などもなくなる反面、介護保険負担分以外の負担も大きくなり、また施設からいつ何時電話がかかってくるかわからないことも多くなり、なおさら同居家族は行動範囲を著しく狭められ、遠方などの宿泊レジャーもこれで絶対的に不可能である。こうした事から長期的に使える見込みがないという事で電池を外して保管することとしたのである。今はリハビリ施設のある病院に一時入院しているが、施設入所は来年1月からという事でもうしばらく一時入院という事となりそうだ。

今では土日なども姉御や母御は病院での所用のため長時間留守番を余儀なくされ、私用の買い物などは夜にという事を余儀なくされている状況であり、当然、レジャー目的の行動など一切できない状態だ。という事でデジタル一眼の電池撤去保管はある意味正しい選択だ。XZ-1は日常記録で活躍するのでそれは行っていない。

2017年11月26日 (日)

早い冬の訪れとスノータイヤ、親父の今後の介護方針

今年など夏から秋にかけて寒暖差が時間帯や日時によってかなり大きかったというのが正直なところだ。特に秋に入ってから、10月上旬までは初夏のような暑さもあったが、中旬から急に初冬のような寒さに襲われ、11月末ながらもさながら12月末から1月初め並みか、3月初め並みの寒さが居座っており、さながら「真冬日」だ。

こうした中、昨日は予約してあった車の安心点検を行ってきた。代車は予約必要であることから代車がなくとも不自由のない土曜日に点検等を行うようにしており、こうした時を利用して繁華街などに昼飯でも食いに行ったり、などを行っている。郊外であれば車でないと不自由であるが、大都市の繁華街などの商店、むしろ車で行くと問題も多いので、むしろ車なしのほうが都合がいいぐらいだからだ。

その安心点検だが、従前は6か月ごとの点検が義務付けられていたが、今は自家用車であれば1年ごとでいい事となったものの、ディーラーが自主的に行っているものだ。これによると、大きな不調はないものの、ワイパーゴムの劣化があり、ワイパーゴムをすべて交換することとなり、また走行距離が35000kmに達したこともあり燃料噴射装置の清浄剤を入れることとした。昨年末から最初に発進した際、左後ろのブレーキから甲高い音がする症状があったが、そのためブレーキの引きずりとか液漏れなどがないか調べてくれと指示しておいたが、その異常はないとのことである。念のためブレーキ周りの清掃と調整を行ったらしいが、その後このような症状は確認していない。

今年は冬の訪れが早いこともあり、本日午後からスノータイヤに履き替えておいた。今年は12月の気温がかなり低いものの、1月2月は比較的高めだということもあり、3月には春の訪れは早いとの予測もある。そうであれば、3月第4週土曜あたりが履き替え時期であれば1週間ほど早く履き替えてもいいだろう。今年は3シーズン目ということもあり12月第1週に履き替えを考えてはいたが、冬が早いとなると1週間前倒ししたほうがとの考えのもとそうしたのであるから、3月に比較的暖かいようであれば3月の第3土曜日あたりに履き替えればいい。↓

Pb260172
ちなみに、アイドリングストップが朝効かないという事態が多発している。これも作動条件があり、夏場に30度を超えるような状態でエアコンが常時フル回転するような条件とか、冬場に氷点下に近い気温であれば効かないようになっている。また、エンジン始動するだけのバッテリー残量はあっても、アイドリングストップには不足している場合も少なくなく、この場合は気温などに関係なく効かないらしい。

ということで、バッテリーの補充電も行っている最中だ。↓

Pb260173
冬場にはバッテリー上がりも多発するので、補充電は行っておくことが推奨されるのは疑いようがない。ましてアイドリングストップ車であればなおさらだ。来年半ばには早いもので車検であり、この時期にはバッテリー交換をディーラーから勧められる可能性もある。

それはさておき、親父の容体だが、明日には予定通り退院のめどもついたが、嚥下性肺炎ということもあり、もう普通の食事は危険ということで介護食などに切り替える必要があること、リハビリにより立って歩けない状態を少しでも改善する必要性からリハビリも継続的に必要という医者の所見もあり、退院後は施設入所を勧められており、特養老人ホーム入所までの間、リハビリ施設に転院させ、その後施設入所という方向でケアマネと協議中だという。もう母御もこれ以上家で面倒を見ることも困難であり、働いたお金もすべてなくなる事や、場合によっては貯金を崩して生活ということも要介護者を抱えていれば当然であり、そうしたほうが好ましいとの判断のもとそのように持っていく考えだ。

施設入所により母御の負担も大きく軽減されるばかりか、私共も介護理由に会社や役所を棒に振って辞めるという事態も回避できようかと思うが、介護保険があるとはいえお金の面でも厳しい。家で老々介護を意固地に貫くにせよ、施設に預けるにしろ、やはり私共も行動範囲を大きく狭められ、本格的なレジャーは難しく、特に宿泊を伴う遠方へのレジャーは不可能だ。母御の負担は軽減されてもやはり面会とかも必要であり、また施設への費用の問題もあり、介護の人からもいつ何時連絡があるかわからない。そこで、違反切符覚悟で車に乗る時はハンズフリーで運転中に電話に出ることを可能にしている状態だ。役所にいるときとか、鉄道やバスなどの利用時、繁華街などの商業施設にいる場合はマナーモードにしているが、その場合も留守電が可能にしてある。施設入所でも自宅介護でも、要介護者がいる状態であれば私共も日常の買い物とか以外は外での私用も難しく、近間でゲームを少々とか、貸しレコードの世話にでもなるぐらいしか困難なのは疑いようなく当然のことである。日帰り程度なら何とかこなせそうだが、東京・大阪などの遠方レジャーはもう一生困難であろう。

2017年10月14日 (土)

要介護者を抱えてるにもかかわらずご無体な職場の処遇

10月も半ばになり、肌寒さも感じられるようになってきた。親父は昨日、老人ホームに通所したが、半身浴で風呂上りが寒いとかいうのである。自律神経の故障や痴呆症の進行もあり、私どもも理会に苦しむ点も数多い。私ですら少し寒さを感じたほどなので要介護者であればなおさらかとは思うのだが、要介護者はただですら決してこういうことは珍しくないのは当然である。それでも主体的に介護している母御ももう体が好ましくないのを鞭打ってなんでも背負っている状況であり、それゆえに私共も行動範囲を著しく狭められ、今までのように写真などにも打ち込めず、レジャー関連にも大きな制約を長らく受けている。

こうした状況にもかかわらず、明日一斉清掃の収集に出ないとならず、また来週水曜には臨時の定期大会が組合であり、これでは帰宅が深夜になる見込みだ。私などもかなり重度の要介護者を家に抱えているだけにこれも困難というのが正直な所見だが、ビジネス的なものであればやむを得ず、飲み込まないとならないゆえに仕方なしという感じだ。これが懇親会とか食事会・ボーリングなど半レジャー的なものであれば強固に断ることであろう。部署の事務所も要介護者がいることを知っており、要介護認定書までもコピーしたほどなのだから、幹事も声をかけるということはまずないであろうかと思う。

11月は大掃除とかもあり忙しいことから、山間部などで早めの紅葉でも月末にとも考えたが、この状況では難しく、白川郷とか五箇山・高山あたりであっても日帰りは十分可能ではあり、今の家の状況ではせいぜい限度と言える状態だが、そちらの高速バスが予約制であることからも当日に困難になった時など難しく、やはり見合わせて断念しないとならない状態だ。こうなると、外では買い物かゲームを少々というぐらいしか日常的な選択肢はないというのが現状だ。高岡・富山・能登などの非予約制のものであれば不可能なこともないが、家には要介護者がいることでなるべく早く切り上げる配慮も必要になってくる。

こうであればもう一眼カメラを総売却してしまう事も考えたほうが好ましい状況であるが、宿泊を伴うような遠方へのレジャーは絶対的に困難であっても、富山・福井・能登・飛騨あたりといった比較的近間であれば頻度は低くともなんとか不可能ということは回避できそうなので、一眼カメラの売却は見送るが、これ以上の機材拡充は家の状況からも無理であり、E-M1IIや新レンズも購入が非常に困難なので諦めないとならない。

それよりも今夏のアジサイ祭りの写真が2度目の入選を果たしたということだ。せめてこれの展示だけでも見に伺いたいというのが正直なところだ。紅葉だけは11月末に何とか伺いたいところだが、金沢か富山あたりという比較的近場でしか無理であろう。

2017年10月 8日 (日)

運転免許更新と年末に向けて

去る5月31日、第5週水曜日ということで業務がなく、有給休暇の強制取得日となっていたこともあり、県警の運転免許試験場にて大型免許の自主返納を行い、現在は現行の普通免許となっている。9月に更新案内が送られ、来る11月に再び第5水曜の強制休暇取得日があることでその日にしようかと思ったが、やはりなるべく早く片付けたく思い本日午前に出向いたのである。軽微な違反があったため2時間講習、有効期限3年となり、次回の更新は2020年になる。

2時間講習は映画を2本見せられたが、うち一つはドライブレコーダーによる事故の模様、もう一つは一時停止違反による死亡事故であった。家庭内で子供が暴れているときに急用が入り、その時に急ぎの用だったのか、一時停止を徐行したことでバイクと衝突し死亡させたというものであり、その後は被害者も挨拶を受け付けず、本人も会社を辞めざるを得なくなるというものだ。私のように要介護者を家に抱えているような条件でもこのような事故は起こりやすい、そう感じたのが正直なところだ。

10月に入ると年末に向けて忙しなくなるというのも正直なところであり、11月に入ると大掃除も行わないとならず、さらにタイヤの履き替えなどもあり、レジャー等も困難になってくる。昨日はコスモス祭りに午前中出向いたが、やはり要介護者を抱える状態ではなるべく早く切り上げないとならず、午前中に帰宅ということとなった。11月中には年末に向けて多忙になるため紅葉を見ることかハクチョウを見に行くこととすら難しい。そこで月末当たり、白川郷などの近場の山間部の紅葉でも見れればと思うのだが、日帰りでなるべく夕飯までには帰れるようにしないとならず、高速バスの予約も早めに行わないとならない。

それよりもなぜ11月に大掃除?これはどうしても窓を開放にしないとならず、12月に入ると風雪の影響で寒いから、少しでも暖かいうちにやっておきたいというのが正直なところだ。さらに夏用の肌着類も11月の立冬を過ぎたぐらいに片付けないとならない。さらに人員不足を理由に来週の日曜の午前は一斉清掃に出ないとならず、その週の水曜には臨時の労働組合定期大会で帰宅が深夜になる見込みだ。家には要介護者がいるというのに非常にご無体な話であるが、半ビジネス的なものならば飲み込まないとならないであろう。しかし飲み会とか食事会・ボーリングなどの半レジャー的な部署行事は強固に断ろうかと思う。事務所は要介護者を抱えていることは知っているので、幹事も無理に声をかけてこないであろうかと思うし、それが当然の配慮であろうかと思う。

レジャー関連の写真は12月初め頃、纏めて更新の予定だ。

2017年9月11日 (月)

親父の処遇、デイサービスとショートステイ混在で

本日最後の夏季休暇となり、朝10時ごろ、町の福祉からケアマネージャーが来宅し、親父の容体とか家庭の状況などを配慮し、最適な方法を提案し、最終的にはその指示に従い、医科大病院向かいの施設にてデイサービスを週2回程度、1泊2日のショートステイも所々加えることとした。さらに特養入所についても2年ほどの待機状態であるが、一応入所待機の方向で大筋を固めることとなった。

先日の記事のように、親父は要介護3の要介護指数が与えられ、これで公的にも要介護者になったわけであるが、これにより大きな負担なく介護サービスが使えるばかりか、役所でも看護休暇も不正なく取得出来るばかりか、扶養控除に関しても何らかの控除を受けられる可能性もある。

これでどうにか私共も枕を高くして寝られる状態になってきたが、老々介護で基本的に家で面倒を見るというのも将来的に母御が先に倒れたりした場合、このままでは私や姉御は介護理由に会社や役所を棒に振って辞めないとならないこととなり、これをなるべく回避したい目的もある。介護理由で役所や会社を辞めた場合、社会保険からもかなり手厚い処遇を受けることも可能だが、これも永久的ではなく、そうなると私や姉御の将来にも響いてくる。私どもも生活がかかっており、姉御など新車の借金もあり、介護理由に離職というわけにもいかない。こうなると介護保険を利用し、施設入所とか通所などの手段を講じないと私ども同居人の負担も大きくなってくる。

現在、私や姉御は仕事があり、帰宅も夜6時から7時過ぎと遅く、介護などに携わっていられない所だが、そのため母御が介護に当たっており、姉御は変わって家事などを行っており、私なども時折家事や介護に携わることもあるほどだ。

とにかく通所のめどがついただけでも私どもの心身上の負担が軽減されることは確かだが、やはり昨年のように旅行券などを頂いても宿泊を伴うレジャーなどは非常に困難で難しいことは疑いようがない。せいぜい日帰りぐらいしか困難であり、何かあったらタクシーでも呼んで帰れるぐらいの距離(一般的に法人タクシーは片道300キロほどの制限があるらしい)でないと困難だ。

昼から所用があり家を出たが、途中で眼鏡市場からハンズフリーの電話がかかり、ようやく先々週に誤って踏んで壊したメガネが直ってきたという事で、取りに行った。やはり常時用のメガネでないと見えにくい。作業用はごみ収集作業用という事でレンズが傷だらけであり、これは仕事の性格上レンズに傷がつくのは致し方ない。すでに大型免許は返納したので、片目0.3、両眼で0.7以上の視力があれば引っかかることもなく、奥行き知覚の検査もない。今春からの準中型免許も高校3年生から取得可能であるが、大型・2種・けん引などと同様、奥行き知覚の検査があり、これが通らないと自動車学校の入学もできず、免許も取れない。また取得後も更新時にこれが通らないと、2種免許や準中型以上の4輪車免許・けん引免許は剥奪され、容赦なく普通免許に格下げされる。そのため、高校の教員などは視力に問題があったり、そうでなくとも体育の成績が悪い生徒に対しては準中型免許の取得を推奨しない指導を行っているようである。

奥行き知覚、正しくは深視力と呼ばれ、奥行き知覚検査機にて、3本の細く黒い棒の中央だけがかなりの速度(基準点から概ね前後15~20センチほどの距離を3秒程度)で往復しており、それを2.5メートル離れて長方形の隠し窓内にてその動向を見極めて、合ったと思うところでゲーム機のようなボタンを押すという検査で、距離感や敏捷さが正しくかつ素早く反応するかを試すのである。その基準は3回測って平均誤差が2センチ以内というのだから、かなり厳しい基準だ。視力が弱い、乱視がある、あるいは不同視(裸眼での度数差が大きい、あるいは斜視などがある)がある場合とか、そうでなくても運動能力が劣る(特に敏捷性や器用さ)場合、この検査にほとんど通らない。私もそれが理由で大型免許を返上し、普通免許としたのであるが、2トントラックはもう乗れず、1.5トントラックでも車種やグレードによっては、総重量が3.5トン以上になるものもあり、この場合は乗れない。但し乗用車であれば総重量が3.5トン未満であれば乗車定員10人以下は乗れる。

今日などもう秋になったと思って喜んでいりゃ、真夏並みの猛暑。30度越えでありしかも曇りで時々晴れ、夕方から大雨という始末だ。9月も半ばが近いのに・・・。

2017年9月 5日 (火)

6日目の夏季休暇と要介護指数判定ほぼ目途

本日、6日目の夏季休暇となったが、親父の要介護申請から概ね1か月近くが経った。私のほうも市役所という事で有給休暇は何時でも取れるような体制であるのが本来の姿である(実際には、民間などではこれは言語道断であり、クビなどの対象にもなりかねず、私どものほうが世間の常識を逸脱しているのは疑いようがないが)が、人手が苦しいことと夏季休暇期間中であり有給の取得はこの期間一切原則禁止されており、それ以外であっても人員や機材の関係でほとんど取得不可能なのが現状だ。

そこで、平日でしか出来ないような私用は夏季休暇期間でしか出来ないというのが正直なところだ。私も要介護者がいるにもかかわらず、こういう時しか平日しかできない私用が出来ず、午前中はそのために家を空けた。その折に、町の福祉に寄り、親父の要介護指数の状況について聞きに行ったところ、明日(9/6)がその審議会であり、うまくいけば明後日中にも要介護指数が決まるらしい。予想では要介護3ないし4の指数が見込まれているが、9/11の午前10時ごろ、ケアマネージャーが来宅し、要介護指数による介護保険の保障の処遇などを詳しく聞き、その状況によっては施設入所か週末に1泊2日程度のショートステイ、最低でも週1回はデイサービスに預け、その折に入浴とか歯磨き・散髪などの世話をやってもらうとかしないとならないのは疑いようがない。

ここ2週間ほど、訳の分からないことを言って暴れるようになり、話も全然辻褄が合わないなどの症状も悪化している。母御はもう自宅での介護も限界のようであり、今週初めも立って歩けない分際でパンツを半分脱いで茶の間を犬猫のように這って徘徊し、立たれんから助けてとか母御や姉御が買い物でいないのにそうわめいて暴れている。隣近所にも丸聞こえであり、裏隣りや右隣の親父とか奥さんなどもよく疑いをはさまないものだと非常に不思議だ。通常、こうであれば隣近所のそうした輩も何かと思って見に入ってきそうなものですが・・・・。

それよりもドラレコの映像、逐次古いものから消えていくようだ。付属のSDには閲覧ソフトが入っており、これをPCで見ることも可能だ。さらにそのソフトにてPCに映像を保存し、PCでも同様に見れるほか、PCにコピーしたものはWindows付属もしくはDVD再生ソフトでも開けるようだ。ただ、付属SDのソフトはWindows7/8.1専用となっているが、Windows10では互換モードでWindows7もしくは8の互換設定が必要だ。

それを再生してみると、前方視界はおろか、専用ソフトでは車速や急ハンドル・急ブレーキや急加速なども明示され、場所はもとより、音声記録でレコード演奏中などの音量までも判明するようだ。こうなると、事故の折にまじめな運転をしないと保険の歩合も悪くなる可能性も否めない。これによりマナーが向上しやすいというのはここにあるのであろう。実際、シガーライターやヒューズボックスからばかりでなく、スタンドアロン型ではACアダプタも使える。ACアダプタは車載では考えられないが、これを利用して車以外にもパチンコ店とかゲーセンでの監視、特に子供向けのデジタルカードゲームなどでマナーの悪い成人プレーヤーなどを監視したり、後方にプレイ待ちがいないかのプレイヤー側からの確認などといった事に使われているケースもあると聞く。

本日も日中は暑さも残るが、朝晩や日没後は寒いぐらいの秋風も感じる。社会通念上、先週木曜で夏は終わったのですから。

2017年9月 2日 (土)

ドラレコ装着へ

9月に突入し、社会の常識では夏ではなく秋になった。日中はまだ夏の名残はあるものの、大気自体はもう真夏の猛暑はなくなり、朝晩は寒いぐらいのことも多い。こうなるとプールもそろそろ入れるか入れないかの瀬戸際であり、風呂もシャワーだけでは寒く、やはりじっくり温もらないとならなくなってきている。

こうした中、2年余り経った軽自動車ミニバンにドラレコの装着に踏み切った。これは前方視界を広角で動画撮影するほか、音響も記録される。主目的としては事故・事件性のある事態において、警察や保険会社等がその判定の資料として使うことが主目的らしいが、多くの機種はGPSを搭載しており、それによる車速なども記録されるらしく、また走行地の特定も可能らしい。

これの装着で運転マナーも向上し、事故も減ったとかいう話も聞く。音響も記録されるとなると車内での雑談とか、ラジオやレコードなどの音量なども判定されることとなり、これによって違反などの発覚もばれるらしい。

P9020162

P9020163

装着はフロントガラスの部分であり、付属のマイクロSDにて既定の設定にて概ね90分録画可能で、それ以降は上書きされるようになっている。電源はシガーライターから取ることとし、配線は内張で隠すようになっている。神宮寺の三菱での装着であるが、純正品ではないものの、三菱が推奨するアクセサリーという事でディーラー装着としているので、新車保障には一切響かない。HD記録で100万画素機ではあるが、200万画素機はFULL HDである。しかし、資料としての記録であればHD記録でも十分であり、FULL HDとなると容量も食い、また警察や保険会社が所有する装置によっては、FULL HDが読み込めない、あるいは正しく再生できない場合もある。200万画素機であってもFULL HD記録でないとその性能は発揮できないのも疑いようがなく、HD記録でも十分である。

それはさておき、私と同型車にて通勤途上、LEDヘッドランプに付け替えているのを目撃した。メーカーの話によると、カーショップにてヘッドランプやスピーカーなどの社外品が多く出ているが、これはメーカーが国土交通省に届け出しておらず、また動作確認も行っていない部品なので違法改造になる。社外品のオーディオとかスピーカー、ホイール・タイヤなどでも厳密にはそうであり、純正品あるいは販売店が推奨する部品以外の装着は違法改造となるのである。こうなると、ディーラーからの保証も当然受けられない。場合によっては事故があっても保険が下りない場合もあるというのだ。

私は現車では純正以外のもの、あるいはディーラーオプション品以外は一切付けないこととしている。違反になることはもちろん、保証が受けられなくなるというリスクがあるからだ。タイヤ・交換用の燈火ランプなどはカーショップで、ということもあるが、電装品などは純正に準じたものとしている。

いくら保険があるからと言ってそれに安住することは厳に慎むべきことであり、車に乗る時だってそうだ。その意味では、ドラレコ装着の意義は大きいものである。

より以前の記事一覧