最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

オーディオ・映像機器・ラジオ

2017年7月22日 (土)

高速バス30周年イベントとパソコンデスク上の「住まいのダイエット」

梅雨明け前から猛暑続きの今日、しいのき迎賓館にて高速バス運行30周年のイベントがあり、30分ほど拝見させていただいた。速さでは鉄道にはかなわないものの、格安な運賃と直通という大きなメリットもあり、夜行便ではホテル不要であり、かなりの遠方であっても往復予約で実質的な夜行日帰りが可能などの利点もある。

それほど大規模ではないので30分ほどで堪能できるイベントであるが、東京行きと名古屋行きの新鋭車両が展示されていた。東京行きは今春廃線となった湘南・横浜線の車両を転用した3列シート車、名古屋行きは今年入ったばかりの4列シート車であった。共に信頼と安全の三菱ふそう製であり、名鉄系という事もあり原則、三菱ふそう製を購入しているようだ。

しかしながら今年の新車、残念ながらモデルチェンジ前のものであることがわかった。三菱ふそうでは5月中旬、モデルチェンジを行いAMTによるノンクラッチ・オートマチック化やエンジン排気量の大幅ダウン(13リッター→8リッター)による車両のダイエットを施した新型を発売しているが、発注時期が発売前という事で旧モデルでの導入となったようだ。

P7222900

P7222901

P7222909

P7222918


P7222915

P7222920

P7222921

P7222936

P7222938

P7222941

P7222942名古屋線の4列車は新潟行きとほぼ同じ仕様であり、トイレは後方にあった。東京行きの車両は横浜線の廃止で本務車両が1台から2台になり、これな仙台行きとほぼ同じ仕様で、床下にトイレがある仕様だ。3列で昼間の便を用いているのは大阪行きがそうであるが、名古屋や新潟でも3列使用による運行もしてほしいものだ。あと、金沢⇔岡山・広島という路線もあっていいのでは、そう思う。そうなれば広島の夜行日帰りも可能なのだが・・・。

とかく5月半ばに出た新型車が来年以降に見送りとなったのは残念だが、オートマチック化でより快適になり、エンジンの排気量ダイエットにより静粛性も大きく高まることも期待されるだけになおさらそう感じる。車ではなかったので昼は早めに武蔵が辻のラーメン屋で食う事となったが、やはり要介護者がいることでなるべく早めに切り上げるという事となった。これは家の事情で当然のことなんですが・・・。

我が家も要介護者や、その老々介護をセッセとやってる母御も実質、要支援1相当の状態であり、食卓の買い替えとかベッドの増設とかでタダですら世間並みから大きく見劣りする25坪のウサギ小屋がよけい狭くなり、住まいのダイエットに取り組んでいる最中でもある。

私のパソコンデスク上も広々と使いたく、今までPCスピーカー用に使っていたBOSEのアンプを廃棄処分とし、中国製のLepyのアンプに替えた。
P7222952
従来より大幅に小型であり、カーナビやカーコンポの内蔵アンプ用のICを使ったもので、出力もBOSEのものと同等であり、音質もPCでのラジオ聴取などには十分な性能だ。消費電力も少なく、住まいのダイエットもスムーズに行ったことは何よりである。

2017年7月15日 (土)

Radikoのエリアフリー

ラジオ、今やテレビに押され放送の主流を外れたとはいえ、車や何かしながらとかという場合はかなり利用されている。テレビでは注視する必要があるが、ラジオの場合は何かしながらでも、たとえば掃除や家事・インターネット・ゲームをしながらでも利用可能なのは最大のメリットだ。今やインターネットで配信されていたり、それを利用したタイムフリーでの受信も可能になるなど、大きく進化している。さらに中波(AM)局がFMでも受信可能(但し、平成27年以降に発売された機種に限る)になるなど、テレビ主流の時代にも今なお重要なメディアとして存在している。

こうした中、私はRadikoのプレミアムに登録し、パソコンやスマートホンからも全国のFM・中波も、ネットで受信可能となり、深夜番組やご当地の番組も聴取可能となった。2月に生命保険を解約して医療・介護のみとしたことや、要介護者がいることでレジャー関連の外出等も控えないとならない状況になったこともあり、踏み切ったのである。

これも光接続やLTEの普及がこうしたネット利用を可能にしたと思われるが、デジタル方式のため音質もよく、スマートホンではbluetoothを使えばカーナビでも聴取可能だ(但し、パケット通信量が増えるので通信制限が怖いところだが、音響のみではそれほど膨大にはならないと思われる)。

外泊旅行などの宿泊レジャーが要介護者を家族に抱えるためにほとんど不可能な状態であり、日帰りであってもなるべく早めに切り上げないとならないなどの大きな制約がある中、こうしたネット利用によるメディアというのは非常に有り難みを感じる。

それはさておき、連日の猛暑で通勤時、特に混雑する帰路などリッター10と走らない状態が続いている。今朝も朝からやや遠方の商店街に向かってもリッター15ほどであり、春秋に比べると概ね2~3割は燃費が悪化している。旧車の1.5リッターの普通車よりは平均して概ね1割ほど燃費はいいのはやはり軽自動車ならではであるが、エアコン使用時の燃費悪化率は普通車に比べ相対的に大きいようである。やはりエンジン出力が小さいことで、どうしても高回転気味にならざるを得ないことや、馬力ロスが相対的に大きくなることがその原因であろう。

本日、昼前に給油したところ、10.5km/Lであった。これは春秋の場合より概ね2割強も悪いこととなる。やはり暑中ゆえにこれは致し方ないと見ないとならないであろう。

2017年6月17日 (土)

リコール、ようやく作業受付と丸2日間車なし

6月も終わりに近くなったにもかかわらず、今なお梅雨入りの気配すら全くなく、依然として晩春の気候が続き、今年の春は例年なく長くなる見込みだ。それゆえ、気象施設の予想では北陸・東北は6月21日ごろに梅雨入りの可能性を示唆しているが、これも成り行きによってはわからず、今月中には梅雨入りしないか、梅雨入りの発表は特定できないとして行わない可能性も大だ。

こうした中、先週は頼成の森にて花しょうぶ祭りを観覧させていただいたが、親が要介護状態のため、早朝に家を出て午前中に帰宅という始末であったが、エンジンオイルの交換時期が来たことで、本来点検時に見つかったブレーキ異常と去る4月初めに出されたリコール作業と同時に行うはずだったオイル交換を1週間前倒しで先行して行ったという始末だ。

昨日、そろそろ部品が入る見込みという事であったが、私の携帯には着信が確認できなかった。そこで、念のため三菱にこちらから電話したところ、その日電話をかけたというがこちらでは着信の確認ができておらず、問題の部品について諮問したところ、部品は来ているとのことだ。

そして作業の日取りの相談だが、月曜に代車が空くという事だが、私の部署は糸田新町であり、17時15分まで拘束時間であり、それ以降でないと作業服を私服に着替えてはいけないこととなっており、そうした事から17時25分ごろでないと退庁できない。こうであれば神宮寺まで通勤時間帯という事で1時間はかかってしまい、閉店ギリギリか間に合わないこととなる。

そこで、代車は要らないので今日、朝早く来店すると言い渡し、本日朝飯後即家を出て神宮寺に車を預けてきた。受付の係員の概要によると、完了は明日の16時ごろというが、場合によっては閉店ギリギリになる場合もあるとの説明があり、結局代車がないという事で丸2日間車なしという事となった。そうなると、明日午後から車を取りにいかないとならないが、代車がない為浅電か能登高速バスの上り線で金沢に向かうしかない。

ブレーキ異常は保証期間という事で無償という事で妥結しており、リコールも当然そうだ。しかし、再度かけてきた電話が通じない、これはスマホ故障の可能性もあり、今の機種が丸2年という事でそろそろ不具合が出てもおかしくない。しかし自宅の電話から試験したところ、正常に着信できてるのである。スマートホン診断のアプリでの調査でも異常はないとのことだ。多分、その時間内川方向に仕事で行っていたことで、山間部のため通信できない可能性もあるが、明日掛かってこなかったら再度セルラーショップにで向かおうかと思う。やっと2年の縛りが切れたころに携帯電話が不調、これはよくあることだ。なるべく落とさないように気を付けてはいても、手荷物などの都合で手がふさがることも非常に少なくなく、携帯電話を落とさざるを得ないことも多く、何回か地面や廊下などに落としている。もしかしたらこれが原因かと思われるが、明日は13時15分発で金沢に向かい、そこから神宮寺行きのバスに乗り換えてという事になるが、その間に電話がたとえ着信してもバスや列車では通話は禁止であり、商店街や繁華街でも通話禁止の施設も少なくない。こうであれば余地のある時にかけ直すしかなく、そのために着信履歴が残るようになってるというものだ。

最も難航するのはドアヒンジの交換作業であり、これはかなり難儀であり時間を要するとのことだ。該当車両は三菱分のみならず、日産分もかなり大きく、私の車も日産ブランドのほうが3倍強タマ数が多いという事で、該当台数が非常に多いことがリコール届出から部品調達が非常に遅れた原因でもあることは疑いようがなく、これは理解しないとならないであろう。

なお、頼成の森の写真等は後日公開します。

2017年4月10日 (月)

サラウンドスピーカーとメインPCスピーカーをトレード

昨日は久々の本格的なデジタル一眼の駆使という事で余地がなかったが、自室のオーディオ、サラウンドリアスピーカーを今までPC用に使っていたものと相互トレードを先日行った。その理由だが、定格入力は同じ30W、周波数帯域も120~20000HZと全く同じだが、今までPCに使っていたのは8センチのシングルコーンフルレンジ、サラウンド用には5.7センチウーファーと2.5センチバランスドームツイーターの2ウエイであり、オーディオ用には2ウエイのほうが好ましいと思っていた。しかし、サラウンド時やFMラジオを聴くときに多いマルチCHステレオ(フロントとサラウンドリアスピーカーから同一のステレオ音響を流すモード)にて、リアスピーカーからの中高音域がうるさく感じたことで、何とか整合性を取りたく考えたことからそうしたのである。

P4100150サラウンドリアスピーカーには今までPCに使っていた8センチフルレンジに。

P4100151PCスピーカーは今までサラウンドリアに使っていたものと交換。

実際、許容入力や再生帯域が同じスペックであっても、実際にレコードをかけたり、映画などを見ていると、異なるスピーカーではふざけるな!と喚きたくなるほど音質に大きなかい離があるのは疑いようがない。8センチシングルコーンのフルレンジのほうは比較的自然な音質であるが、5.7センチ2ウエイのほうは高音域が強調されており、それが中高音域がうるさく感じ不自然に感じる原因だった。

本日、昨日深夜のアイドル番組と、帰宅時にやっているアニメ(ともにBS)の録画を見ていたが、やはり今までに比べドルビーサラウンドやDTS-X使用時、サラウンドスピーカーからの中高音がうるさく感じることはなくなり、より自然な臨場感が得られた。今後、旅行などのレジャーも家庭事情的に行動範囲を大きく狭められてる現状では、ホームオーディオの活躍も多くなり、より快適に映画やラジオ・レコードなどを楽しめる環境づくりというものは一層重要に感じる。ということで今回、平日にもかかわらず急遽追記という事となった。写真はオリンパスXZ-1によるものだが、このカメラも今や芸術性を問われない記録とか、補足説明などで写真が必要な場合のみの活躍となっている。

2017年2月26日 (日)

カーナビの無料地図更新とオイル交換

私の車、今年晩春には納車から丸2年を迎える。もうこうなると新車とは言い難く、明らかに中古になってしまった。一般に、新車というのは納車から1年程度までを言うことが多く、そうであっても1年そこそこで中古とするのもちょっと抵抗があるというのが正直なところだが、新同という言い方のほうが的確であろう、1年前後経過したのであれば。しかし2年近くなるともう中古といっても抵抗もなく、もう車内でタバコも遠慮なく吸っている状態だ。やはりタバコが切れると知覚がぼんやりし、失念等が多発しますから。

こうした中、カーナビの無料更新のディスクが金曜日自宅に届いており、帰宅して夕食後、その更新作業に入った。しかしこの作業は約2時間はかかり、自宅の車庫で2時間以上アイドリングをしないとならないのも都合が悪く、商店街もしくはゲーセンなどの駐車場でも行って作業するしかなく、その間もかなり長時間になるので、エンジンをかけたままアナログ錠で施錠しておき、その間ゲームなどを少々やっていてもまだ作業終了まで1時間弱もある。結局、夜中10時近くまでかかった始末だ。その後、ラジオ金沢とかラジオかほくの局名も表示されるようになったが、ワイドFMの機能追加を期待していたが残念ながらこれはなかったようだ。私の機種、ワイドFMが施行される直前の機種のためこれは悔しいところだが、やむを得ないであろう。中波放送はほとんど聞かず、多くはレコードやDTVが多く、ラジオはFMがほとんどですから。

その翌日、約4か月ぶりのオイル交換となった。カーナビのメインテナンス登録からも通知があり、開店30分前だったが神宮寺の三菱に出向かった。作業は概ね30分程度であったが、前回フイルタ交換を行っていたので、オイルのみとなっていた。フイルタは3回に1回の交換である、ディーラーでは。やはりエンジンは滑らかになり、静かになったのが明確だ。普通車の時代はそれほど大きく体感しなかったが、軽自動車はエンジン性能が低いゆえに、余計メインテナンス後のそうしたことを体感しやすいのかもしれない。

そういえばいつの間にか今週で2月も終わり、社会通念上は今週中にも「春」になる。しかしこれも実際にはとんでもない大嘘であり、やはり3月の10日頃までは大雪とか凍結などの恐れは十二分にあり、役所の営業車もチェーン装着の指示があと1回は出ること間違いなしだ。3月のはじめ、普通の月なら前月の第5週に相当するのですから。ということで、今年は3月丸ごといっぱいスノータイヤを貫き、4月1日に夏タイヤに移行する考えだ。走行距離も若干減り、そう大きくタイヤが劣化することはないだろうから。来シーズンで3冬目になり、少なくともそこまでは問題なく使えるかと思うが、4冬目になればタイヤの残溝がおおむね6割以下になっていたりすればそこで新調か、4冬目を最後にするか決断になろうかと思うが、いずれにしろ4冬ぐらいが限度であろう。

今週から3月に入ることからも、季節は晩冬に向かおうとしている。少なくとも3月の中ごろまでは冬の用心を怠らないよう肝に銘じておくべきだ。

2016年12月 4日 (日)

晩秋雑感

今年も師走を迎え、晩秋も終わりの時期となった。今週から北陸でも雪の予報が出されており、紅葉の時期ももう終焉となっている。

こうした中、スノータイヤへは2週間前に履き替えを終わらせている。今年など夏秋の気候が異常であり、特に夏場は梅雨明け後の猛暑の影響もあり、この冬は厳冬だという。特に四国や九州で平年より寒い予想が出ており、こうであれば北陸も大雪とかの危険もあり、早めに履き替えておいたのである。今後、3月いっぱいはスノータイヤを外さず、来年4月1日が土曜という事もありこの日に夏タイヤに戻す考えだ。

オリンパスからもE-M1の次期モデルやF1.2の超高速短焦点レンズなど、魅力的な製品も多く出されたものの、今の家の状況を考えると非常に困難であり、実質入手は不可能だ。ここをご覧の方々なら簡単にその理由が理解できようかと思うが、昨年初夏から親父が立って歩けない状態になり、それゆえトイレや風呂も困難になるなど、実質要介護3~4相当の状態が続いている。こうであればその家族も自由に使えるお金や時間も必然的に制限され、行動範囲を大きく狭められるのは当然のことであろう。そのため、これ以上の一眼カメラの機材拡張やレンズの追加は行わないと決断している。

夏場に高速バスによる東北方面、これは母御のJTBギフト券を頂いてかなり経ち、これもいい加減使わないとならないことや、職場の永年勤続祝いの宿泊旅行引換券もあり、これがJTBギフトのように高速バスや新幹線のみの利用とか、換金とかもできず、必ず宿泊を入れること、交通機関はこれとセット可能だが、予約制の電車あるいは船舶・高速バス以外利用不可(富山線や能登急行のような非予約制は不可)、1年の有効期限ありという事でやむなくプランを作るなどもあったが、実質、家族が要介護状態になれば宿泊を伴うレジャーなど困難であり、日帰りもしくはそれに近い1泊ぐらいしか不可能なのは当然のことだ。

こうした中、一眼カメラの出番も激減し、十二町潟のハクチョウとその近くの紅葉に1か月半ぶりに持ち出したという事だ。

Pb192535b今年の紅葉は雨天のため、ISOを大きく上げざるを得ないこととなった。しかし今までのように日を改めて晴天時に取り直し、という事は家の事情からも不可能であり、これで妥協しないとならない状態だ。E-M5MarkII+14~150mmF4~5.6。

Pb262712b今年など夏秋の異常気象が目立ち、紅葉を前に枯れる個体も多かった。しかし渋みのある色づきも見られた。E-M5MarkII+12~40mmF2.8PRO。

Pb260539bオオハクチョウの飛来数は以前より減少したようだ。幼鳥の見ごろも晩秋の時期が最も良いか、そう感じる。E-M1+40~150mmF2.8PRO+MC-14。

まあ、私も半世紀余り前の生まれであるゆえに、親が死去したり、要介護状態になっても何ら不思議ない歳に達したのは疑いようがなく、来るべき時が来たというのも疑いようがない。それゆえに我慢我慢という事も飲み込まないとならないであろう。家の大掃除もあまり寒くならない先月半ばに終わらせ、年末はゆっくりとしたいものだ。12月入ってからでは寒く家の窓を開放する必要がある大掃除などは非常に困難であり、これも11月中にやっておくのが好ましい、そう感じる。職場の永年勤続祝いの宿泊券、4枚あったうちあと1枚となったが、2枚は晩夏にてやむなくプランを作成して使用済みだが、次の1枚は日本海なべ祭りのついで現地で泊まり、早朝帰宅という手段をとった。親父が要介護状態であればそうせざるを得ないのが現状であり、1枚は犠牲にしても仕方ないであろう。

2016年11月 3日 (木)

E-M1 MarkII、ほぼ入手不可能が判明 

先日、オリンパスからのメールが届き、これによると、E-M1の改良機であるE-M1 MarkIIが12月末にも発売が決定したとのことだ。像面位相差AFも大きく改良され、画素数も2000万画素に達し、フォーサーズではもうこれで限界であろうかと考えられる。高速連写やISO64までの低感度拡張、20万回の耐久性を持つシャッターなど、魅力的な新機能が多く、期待以上のものとなっている。

しかし、残念ながら、入手はほぼ不可能であることが判明した。まず、価格。オリンパスオンラインの価格では本体のみで20万円を軽く超えており、E-5の小売価格よりも高価である。これがその致命的な理由でもあるわけだ。E-M1出現時、本体はE-5よりも価格が大きく引き下げられ、そのおかげでPROレンズキットにすることも可能であった。仮に今のE-M1と変わらない価格であったとしても、現在、親父がああいう状態で、実質要介護3前後に相当するような状態ではこのようなことに金が使えないのも現状であり、以前に比べて行動範囲を余儀なく大きく狭められているのが現状であり、入手は不可能といってもいいぐらいだ。

こうした中では、長距離が不向きで非力であるが、今の家の状態であれば普通車は不適切であり、軽自動車への移行は極めて正解だったことをよけい感じるようになってきた。

あと、今月には自動車保険の更新があるが、この際、同時に生命保険の死亡保障を外し、医療や介護にかかるものだけに見直そうかと思う。そうしないと、親父の老々介護で母御のやつれもひどく、家計も貧乏どん底状態であり、私も雑費などは自由に使えず、職場の付き合いなども不可能に近い。こうであれば必然的に行動範囲を狭められるのは当然の事であり、週末も外で飯なども食えない状態だ。こうであれば保険を見直して少しでも生活が楽になるようにしないとならず、今後耐久消費財はおろか、すべてに関して大きく削減しないとならない状態に陥っているのだ。

しかし私自身もこうであればつらく、余暇となると家庭用オーディオの復活ぐらいしか手段はない状態だ。走行距離も以前から見ればやや減ってきており、週末に4か月ぶりのオイル交換になったわけだ。

また親父ばかりでなく、母御も近い将来要介護状態となると、最悪の場合役所を早期退職という選択肢も余儀なくされざるを得ない状態である。とにかく、今後は試練の生涯が待ち構えていることは疑いようがなく、一眼カメラの出番もせいぜい月1回あるかなしという状態であり、これ以上の拡充は行わないこととし、新機種もせいぜい中級機どまりという事になりそうだ。

とにかく、もう来るべき時は来ているといっても過言ではない。来週には家の年末大掃除が待ち構えており、これも12月になってからでは寒く、大掃除時に必要欠くべからずとされている全館窓の開放も困難になる。スノータイヤ交換も今月26日に執行することも固く決めておいた。今年の冬は厳冬が見込まれ、特に広島とか博多のほうで大幅に寒いという予想があり、こうであれば12月初めのタイヤ交換を11月末に前倒ししたほうが好ましいからだ。

2016年9月25日 (日)

最後の夏季休暇、宿泊引換券をやむなく使用

9月も終わりに近づき、真夏の気配もすっかり過ぎ去った。7月末、母御が長年手放さなかった東京ストアーのくじ引きで当たった3万円分のJTBギフト券を私が使い、これで往復の夜行便にて宿泊無しで仙台散策をやったばかりであるが、その直後、今の部署の勤続25年ということで宿泊引換券を1万円分4枚、4万円分職員互助会から頂いたが、親があのような状態ではこれも使い切れないことも明らかだ。

部署の25年祝いの引換券、JTBのギフト券のように換金が不可能であり、また交通機関だけの引き換えは出来ず、必ず宿泊をセットにしないとならない(但し、宿泊のみの引き換えは可能だが、これとセットにする交通機関はローカル線の鉄道や市内線の電車、通常の路線バスや予約制でない比較的短距離の高速・特急バスは不可であり、予約制の高速バスあるいは特急のJR線に限定)うえ、来年6月末までの期限付きであり制約も多く、それ以降は無効になり返却しないとならず、その返却分の金額は職員互助会に寄付し、毎年与えられている映画・動物園・金沢市内の公共施設やテルメなどの利用助成券の費用などに割り当てられるという事だ。しかし全部使えないままというのも惜しく、全部は不可能でもせめて半分でも何とか使いたく思い、やむなく新潟行きを決めたのである。

最後の夏季休暇である金曜早朝から昼行線高速バスにて向かうこととなったが、仙台の時よりは過ごしやすい気温であったが、曇で時々雨もあるという事態であった。気温はそれほど高くなく、休憩中などは肌寒い感じだが、歩き出したりすると蒸し暑い感じであった。

カメラは高速バスなのでE-M5MarkIIにしようかと思ったが、E-M1がメインテナンス上がりから使っていなかったという事でE-M1から既定の12~40mmPROレンズを外し、E-M5MarkIIで既定で使っている14~150mmの10倍ズームに付け替えて持ち出すこととした。雨天気味で外も暗く、レンズもF値が暗いのでISO AUTOの常用基準値を既定の200から400に上げた。

さて、新潟市内であるが、駅前が政令指定都市でありながら貧弱に感じたのが正直なところだ。金沢なら東口、仙台なら西口に当たる正面玄関である万代口がそう感じる。駅前を通る道路が狭く一方通行になっているが、駅前を交差する幹線が異常に広いということだ。しかし裏玄関である西口がかなり大規模であり、そこには商業施設もかなり多く、金沢百番街と同等の規模があるという感じだ。駅周辺には地下通路もなく、万代口と西口にかけて高架による歩行者通路による歩車分離がなされてはいるが、仙台に比べると歩車分離もそれほどではなく、回遊性に多少欠ける感じだ。万代口から徒歩10分ほどのところにある万代シティは仙台の駅前とよく似た印象を受け、実質的な主幹バスターミナルであるバスセンターがある。地下鉄もモノレールや路面電車もないが、BRT(バス高速大量輸送システム)があり、路線バスが充実している感じだ。バスセンター内のそば屋で出されるカレーは名物で人気があり、土日など売り切れも多いらしい。

中心商業地は飲み屋など夜の店は金沢より少ない感じだが、一般の商業施設に関してはやはり人口が多いだけにその規模は金沢をかなり上回っているのは疑いようがない。しかし仙台に比べるとかなり貧弱な感じだ。万代地区を主体に大型商業施設の老朽化が激しいのが実態のようだが、それがまた風情を感じさせる面もある。また仙台にはない地下街もあり、ここはかなり大規模だ。これを含めアーケード商店街は4か所あり、富山や金沢に比べて規模は大きいが、仙台のアーケードと比べると幾分貧弱なのは疑いようがない。

P9230011到着直後の駅前。道路が狭く一方通行だ。ヨドバシカメラは今年に西口から移転オープンしたばかりだ。

P9230021万代バスセンター内の立ち食いコーナーで、ここのカレーは名物で人気メニューであり、土日など売り切れも多い。

P9230043万代エリアは駅から徒歩で10分ほどだが、大型の商業ビルが集結し、仙台の駅前を小さくしたような印象だ。

P9230050バスセンターの屋上は商店街となっている。かつて展望塔があったが、営業を4年前に終了し今やランドマークとして残っているだけだ。

P9230070古町と並ぶアーケード街、本町。ここにはイトーヨーカドーがあり、百貨店同様の規模だ。

P9230072メインストリートの中央にも人情市場という商店街があり、金沢でいう近江町のような位置付けだ。

P9230079古町アーケードに並ぶ地下街、西堀ROSAへの入口。唯一の地下道でもあり、地下2階は駐車場になっている。地下街は普通、地下鉄駅などと連携して作られることが多いが、駐車場と併設というのは珍しい形態の地下街で、広島の紙屋町シャレオと同じような形態の地下街だ。

P9230080西堀ROSAの内部。老朽化は進んでいるがなかなか豪華であり、かなり大規模だ。仙台にはない地下街があることが大都市らしさを感じさせる。

P9230082ここはかつて大和への連絡口だったが、大和が閉店したことでこのようなモニュメントが設置された。

P9230085レトロな豪華さが地下街建設ラッシュ時代を感じさせる。

P9230095中央には大きな広場もあり、ここには電車などの時刻表表示やデジタルサイネージも設置されている。

P9230098出会いの広場にはこのようなタイル画も存在する。

P92301044大アーケードのうち古町5。営業時間外車両通行可能(但し一方通行)となっている。

P9230110古町6。古町5同様、営業時間外は車両通行可能。

P9230122古町7。ここは照明も凝っており、仙台のおおまちのような雰囲気に近い感じだ。ここは仙台のアーケードと同様に終日歩行者専用。

P9230126NEXT21という高層ビル。ここに若者向けのファッション店が存在していたが撤退、跡地は市役所の施設が入る見込みだ。

P9230145古町9。古町も5から7まではアーケードが連続し、仙台の中心アーケードのミニチュア版という感じだが、8と9は夜の店が多く、仙台では国分町は立ち入っていなかったが、これに相当する地域のようだ。

P9230149商店街らしさを感じるのはここまでであり、それ以北の10以降は金沢でいう新竪町に近い感じになる。

P9230152日没近くなるとシャンデリアのような照明が目を引く古町7。

P9230160駐車場内には全国展開しているゲーム・アニメファンが集うanimateがあった。金沢では竪町BELSELに、富山では銀行ビル地下、仙台ではEBeansにあった。

P9230168駅ビルの地下。ここは「CoCoLo」という駅ビルになっており、食品やレストランがある。しかし地下道連結はなく、エスカレーターで地上に行く感じになっている。

P9230180駅西口1階。ハードオフなども並んでおり、ビッグカメラの入口もある。

P9230182西口と万代口への連絡は高架歩道のみであるが、そこには仙台駅東口の新商業ビルとよく似た雰囲気になっており、ビッグカメラの実質正面玄関もあった。ここはCoCoLo南館になるが、東館方向は飲食店も数多い。

P9240193早朝の駅前。ヨドバシカメラには早朝から若者がたむろして待ち構えているが、ソニーのプレイステーションVRが予約発売という事での事だったのだ。

P9240195駅前に向かう大通りでは首都圏方向からの高速バスも到着。

P9240197万代口のバスターミナル。かつての富山駅のようにバックでバスが入庫し、狭い間口から乗車するような形態だ。しかしその狭さにはちょっと驚いた次第だ。

P9240208BRTの乗り場は広々としている。地下鉄やモノレールがないことで、BRT(バス大量高速輸送システム)が導入されたらしい。

P9240214大通りには銅器のようなモニュメントも存在。

P9240241早朝のバスターミナルを正面から。

商業施設に関してはやはり人口が80万というだけに、仙台のそれには及ばないものの、金沢より総合的な規模は上であるが、老朽化した商業施設も多いゆえにやはりかなり以前から発展していたことは疑いようがない。金沢や高岡・富山に関しては人口規模の割に駅前が立派になった感じだが、金沢や高岡の場合、日本海側でも比較的観光客が多いこともあってそうなったのであろうかと思われる。日本海側で唯一政令指定都市というだけに、それらしい面も感じられたが、観光客は比較的少ない感じもする。やはり観光名所がそれほど顕著ではないこともあるのであろう。

勤続25周年の職員互助会からの宿泊引換券、あと半分残っている。来年6月までに使えるかどうかは難しいが、宿泊のみでも可能という事もあり、年明けの日本海なべ祭りの時でも使えれば、と思うのだが(但し1万円分以下は使えず、必然的に新幹線と組み合わせるしかないのが現状であり、高岡線の高速バスは非予約制で運賃後払い方式なので、組み合わせ不可という制約があるので、ちょっと困るのが現状だが・・・来年6月までに使えなければ映画とかの助成のために寄付でもする、それしかない)・・・・。

2016年9月21日 (水)

M.ZUIKO新レンズとE-M1MarkII、魅力的だが入手不可能

本日帰宅後、オリンパスからのメールを拝見した。それによると、M.ZUIKOレンズに魅力的なレンズが3本出されたこと、E-M1が第2世代としてE-M1MarkIIになるということだ。

その内容は、M.ZUIKO PROに25mmF1.2の標準レンズ、12~100mmF4の10倍ズームレンズ、PREMIUMに30mmF3.5マクロが出たという事だ。いずれも魅力的なレンズだが、F3.5マクロは防塵防滴非対応という事でちょっと一考させられるが、描写性能はぴか一のようだ。PROレンズは非常に魅力的な新製品であるが、いずれも20万円近くしており、そう簡単に入手は不可能だ。

さらにE-M1MarkIIが開発中であり、具体的な発売日は未定だが、今までの経緯から見れば来年春ごろが有力な発売開始になるのではないか、そう見られるが、新レンズ3本は今年の11月に発売予定が決まっているそうだ。

E-M1MarkIIもより高速化した上に、位相差AFとコントラストAFを撮影状況などの状態に応じて最適に選択あるいは併用するように改良され、位相差AFもコントラストAF同様に画面全域にて121点のポイントを設けているという。さらに2000万画素化されながらも電気的特性を大きく向上させ、ISO64の超低感度撮影も可能になっている。さらにシャッターの耐久性も現行E-M1の15万回から20万回にアップされているなどのほか、E-M5MarkIIやPEN-F同様のハイレゾショット対応、可動式フリーアングル液晶モニタなど、大幅に改良されているので非常に魅力的であり、今のE-M1と同等の販売価格になろうかと思われる。

しかし、私の今の状況では購入・入手は当面困難、ほとんど不可能に近いかと思われる。なぜ?今や親父がああいう実質要介護の状態にあり、行動範囲を必然的に狭められ、自分の余暇に係る金も自由に使えない状況であり、たとえばくちや酒に手を出さないとしても、ボーナスなどは全部貯金に回さないとならない状況にある。10年後には生涯最後となるであろうと思われる新車の資金も必要だし、万一、親父にもありうることだが、母御も要介護になった時など施設に入れざるを得ない場合も出てくるであろうし、年金制度も改悪化されて今の親父のように恵まれた待遇ではなくなることも考えられ、私も定年後再任用にはできれば行く考えでいるが、私もかなりの高齢で社会的にも老人であることも疑いようがなく(第1回の東京五輪の年に生まれたものですから社会通念的にも立派なご老人であるのは紛れもない事実です)、それもいつまで続けられるかもはかない。それに必要に応じて将来の家屋の修理も必要であり、まして独身で子供もいない身であれば頼る者もいないうえに、余計そうした自分自身を犠牲にしないとならないことも出てくる。

とにかく、今の1600万画素機であってもそう見劣りもなく、A2、A3までは十分きれいに引き延ばせ、A1であっても十分実用範囲であることからも、そう急いで新型機にする必要もなく、するとしても値下がりを待って、という選択肢もあるが、両親とも逝去となればほとんどそれも不可能になろう。なぜなら親の年金も入らず、その状態であれば生きていくことだけで精一杯になることが明確だからだ。

こうしたことから、昨年軽自動車にしたのもその理由だ。長距離が不向きで非力であるが、それらは犠牲にしても経済的であることや実用本位に徹することがこうした家の事情からも強く望まれているからだ。

とにかく今後、貧困な生活になっても生き延びていくことを考えないとならないゆえに、試練の生涯となることであろう。

2016年9月18日 (日)

サラウンドスピーカーの位置変更と換装

現在、家があんな状態であれば必然的に行動範囲を狭められても当然の事であろう。それゆえに一眼カメラの出番も大きく減り、月1回あるかなしという状態である。親父が実質、要介護2か3に相当するほどの状態であればそうバカバカと金も使えず、行動範囲も大きく制約されてしまい、2泊とか3泊とかの私用での外出などはほとんどできず、日帰りか、1泊であっても日帰りに限りなく近いものがせいぜい限度だ。

こうした中、見直されるのがホームステレオだ。これなら行動範囲が狭められても苦痛もなく、今では音響のみでなく、映像を伴うメディアも主流になってきたので、映画館に行かなくとも映画館に近い雰囲気も味わえるようになるなど、ここ30年以上の間に大きな進化を成し遂げたと言えよう。

私の場合、中学時代から2階東口の6畳間を40年近く独占的に使っているが、音響機器は26Vの液晶テレビを中心に、BDレコーダーとAVレシーバー(ラジオ内蔵のプリメインアンプ)、アナログプレーヤーとMDデッキという構成だが、AVレシーバーは最大7.1CHまで対応している。しかし、6畳間というウサギ小屋のような無様で貧乏な部屋であるゆえに、センタースピーカーやサブウーファーの設置は困難であり、フロントとリアの4本のスピーカーの設置で限界だ。そうであっても、アンプ側のアサイン設定で最適な状態に設定されるのはありがたい。センター及び超低音域はフロントスピーカーでダウンミックスされ、ドルビーサラウンドとかDTSの使用時は仮想的な音場再生となるが、リアスピーカーがあるのでそれなりの効果は出ており、劇場とほとんど遜色ないのが現状だ。

しかし、老眼の進行で概ね1.5メートルの距離でもテレビが見づらく、2メートルほど離れないと遠用のメガネをかけた状態では明視できなくなり、リアスピーカーの位置を少し後方にずらさないと都合が悪くなった。部屋の左側にはエアコンがあり、もう少し小型化しないと天井近くの柱から吊り下げることができず、また右側にはタンスがあり、それを回避しないと音響効果が悪くなる。そこで今までのより小型のものを中古で探し(貧乏状態のため新品は無理)、換装したのである。

P9180127左側はエアコンの上部に当たるので、これまでのでは大きすぎてエアコンに干渉するので、サイズダウンを余儀なくされた。

P9180128写真右のパテ埋め部分(以前はこの位置に金具をねじ止めしていた)より約20センチほど後方に移動した。この位置で概ねテレビから2メートル離れても最適に近くなった。

P9180129右側は従来の位置ではタンスの端に隠れてしまうので、音響効果上好ましくなく、右側同様に20センチ後方にずらすことで、音場感も快適になったようだ。非常に小型ながら2ウエイ構成で、ウーファーが5.7センチと非常に小口径だが、深夜にヘッドホンなしで聞くことが多い場合はメインのスピーカーとしても十分使える性能だ。

このような場合であってもリアにも同一機種のスピーカーを使うことが推奨であるが、実際には部屋の配置や広さの都合でリアは小型にせざるを得ない場合も少なくなく、またフロントもセンター・サブウーファーを接続して配置するのが推奨とはいえ、部屋や配置の都合でセンタースピーカーやサブウーファーを設置できない場合も少なくなく、これはある意味写真とよく似ている。なぜ?写真であっても使用するレンズもできれば高性能なものを使いたいが、交通手段その他荷物などの都合で性能よりも携帯性を優先しないとならない場合とか、シャッター速度や絞り・ISOなどを最適に意図通りにしたくても撮影場所の条件や機材の都合でそれを外さないとならない場合も少なくないのと同じだ。旅行先などでも天候などの都合で行動計画を大きく変更せざるを得ない場合も少なくなく、夏場では長い散策を断念したり、観光が困難なほどの荒天であれば屋内の施設でゲームなどをやるとかに変更せざるを得ないこともあるなど、万事においては最適値を大きく外さないとならない場合も少なくなく、これはある意味面倒くさいが、致し方ないであろう。人生はマラソンだ、というのはこのためである。山あり谷ありで紆余曲折も多いからだ。

写真はXZ-1。今やXZ-1は水中ハウジングを使って荒天時とか水際での使用とか、こうした芸術性を問われない撮影が出番であるが、フラッシュなしのためISO3200~6400の使用となり、かなり発色や階調が劣化していることを了承されたい。

より以前の記事一覧