最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

オーディオ・映像機器・ラジオ

2017年9月 5日 (火)

6日目の夏季休暇と要介護指数判定ほぼ目途

本日、6日目の夏季休暇となったが、親父の要介護申請から概ね1か月近くが経った。私のほうも市役所という事で有給休暇は何時でも取れるような体制であるのが本来の姿である(実際には、民間などではこれは言語道断であり、クビなどの対象にもなりかねず、私どものほうが世間の常識を逸脱しているのは疑いようがないが)が、人手が苦しいことと夏季休暇期間中であり有給の取得はこの期間一切原則禁止されており、それ以外であっても人員や機材の関係でほとんど取得不可能なのが現状だ。

そこで、平日でしか出来ないような私用は夏季休暇期間でしか出来ないというのが正直なところだ。私も要介護者がいるにもかかわらず、こういう時しか平日しかできない私用が出来ず、午前中はそのために家を空けた。その折に、町の福祉に寄り、親父の要介護指数の状況について聞きに行ったところ、明日(9/6)がその審議会であり、うまくいけば明後日中にも要介護指数が決まるらしい。予想では要介護3ないし4の指数が見込まれているが、9/11の午前10時ごろ、ケアマネージャーが来宅し、要介護指数による介護保険の保障の処遇などを詳しく聞き、その状況によっては施設入所か週末に1泊2日程度のショートステイ、最低でも週1回はデイサービスに預け、その折に入浴とか歯磨き・散髪などの世話をやってもらうとかしないとならないのは疑いようがない。

ここ2週間ほど、訳の分からないことを言って暴れるようになり、話も全然辻褄が合わないなどの症状も悪化している。母御はもう自宅での介護も限界のようであり、今週初めも立って歩けない分際でパンツを半分脱いで茶の間を犬猫のように這って徘徊し、立たれんから助けてとか母御や姉御が買い物でいないのにそうわめいて暴れている。隣近所にも丸聞こえであり、裏隣りや右隣の親父とか奥さんなどもよく疑いをはさまないものだと非常に不思議だ。通常、こうであれば隣近所のそうした輩も何かと思って見に入ってきそうなものですが・・・・。

それよりもドラレコの映像、逐次古いものから消えていくようだ。付属のSDには閲覧ソフトが入っており、これをPCで見ることも可能だ。さらにそのソフトにてPCに映像を保存し、PCでも同様に見れるほか、PCにコピーしたものはWindows付属もしくはDVD再生ソフトでも開けるようだ。ただ、付属SDのソフトはWindows7/8.1専用となっているが、Windows10では互換モードでWindows7もしくは8の互換設定が必要だ。

それを再生してみると、前方視界はおろか、専用ソフトでは車速や急ハンドル・急ブレーキや急加速なども明示され、場所はもとより、音声記録でレコード演奏中などの音量までも判明するようだ。こうなると、事故の折にまじめな運転をしないと保険の歩合も悪くなる可能性も否めない。これによりマナーが向上しやすいというのはここにあるのであろう。実際、シガーライターやヒューズボックスからばかりでなく、スタンドアロン型ではACアダプタも使える。ACアダプタは車載では考えられないが、これを利用して車以外にもパチンコ店とかゲーセンでの監視、特に子供向けのデジタルカードゲームなどでマナーの悪い成人プレーヤーなどを監視したり、後方にプレイ待ちがいないかのプレイヤー側からの確認などといった事に使われているケースもあると聞く。

本日も日中は暑さも残るが、朝晩や日没後は寒いぐらいの秋風も感じる。社会通念上、先週木曜で夏は終わったのですから。

2017年8月30日 (水)

夏期休暇、本格レジャーは一切不可

第5週水曜日という事で本日は全員が夏期休暇の割り当てになっており、夏期休暇期間以外であっても第5週水曜は有給休暇の強制取得となっている。日中は暑さも残るが、朝晩は寒いぐらいの風が入ってくるようになり、初秋を感じる。

こうした中、親父の介護状態がますます重度化してきている。ついに夜間は本格的なおむつをするようになり、寝てる最中に大小便を漏らし、特に暴れた後などには必ず小便を漏らしており、これはさながら幼稚園児か小学校低学年と同然の状態だ。
母御はもう日常の買い物も行けないぐらいやつれていたが、それでも鞭を打って買い物に出かけたのである。そうしないと、夕飯とか弁等の準備ができないからだ。もう親父は常時監視が必要なまでに介護状態が重篤化しており、いやいや私が車を出してスーパーまで届けた後、親父の監視目的に留守番という始末だ。

その後、ケータイに母御から迎えに来てほしい電話があったそうだが、着信はなったものの、通話が出来なくなった。私は公私共々手荷物が多く手がふさがることも多く、そのために何回もケータイをバチャバチャと落としており、そのために通話が出来なくなった可能性も高い。また、慌てて母御を迎えに行かないとならず、メガネがなくなってやむなくテレビ用の遠近でない、度の弱い近視用をかけて出発したが、その時足元から何か踏んだような感覚があり、メインのメガネを踏んで壊したのである。
母御を家に届けた後、急いで眼鏡市場に足を運び、壊れたメガネを1週間かけて修理することとした。その間、度の弱いテレビ用のメガネで運転しないとならないが、大型免許は返したので、多少弱いメガネでも普通免許の視力には抵触しないのでここしばらくはそうなりそうだ。

その後、内灘のセルラーショップに足を運びケータイの故障を調べてもらったが、通話は可能であった。私の場合、常時マナーモードにしていることから、スマホがサスペンド状態の時の通話操作がミスがあったのである。

スマホは画面が明るい時は応答ボタンのクリックだけで通話できるが、サスペンド状態では応答ボタンをクリックではなく、スライドしないといけなかったのだ。常時マナーモードを貫いているとこうした弊害もあるものだと強く実感した。
なぜ私が常時マナーモードを貫いているのか?その理由、職場では業務中のケータイは厳禁されており、また通常の街中であっても、イオンモールとか平和堂などの郊外商店街とか、香林坊とか武蔵が辻・総曲輪・古町などの中心商業地でも通話禁止の場所も少なくない。さらにバスや列車などはどこの鉄道会社でも通話禁止の指示を厳しく出しており、映画館や病院・ゲームセンターなどでも通話禁止のところが大半であるのは疑いようがない。むろん、運転中の通話は違反であることは言うまでもない。たとえハンズフリーであっても運転中の通話は控えるようにと私のダイヤトーン・サウンドナビの取説にも厳しく書かれている。

万一、電話がかかってきたならば履歴が残るのですし、それにより重要なものであることが明確であればこちらから通話が許されてる場所に行くか、運転中であればコンビニとかゲームセンター・商店街などの駐車場に入ってかけ直すという手段をとる習慣を貫いている。これはやはりコンプライアンスの観点からも最も真っ当であり、なおかつそうすべきだと固く考えているからだ。

親父の状況、介護保険が使えるようになったならば施設入居、あるいはデイサービスやショートステイなどを冗談抜きで考えないとならない状況である。今の状況であっても私や姉御が役所や会社を辞めないとならなくなっても何ら不思議ない状態である。これを少しでも回避し、自己負担も幾分あっても私どもが枕を高くして働けるようにしないとならない。今の状態では枕を高くして働けないのは私や姉御も同じことであるのは疑いようがない。

こうした中、今年は職員互助会などから旅行券など貰わなくてなおさらよかった、いや、非常にせいせいしてるというのが私の正直な考えだ。家がこのような状態ではレジャーなど難しく、特に宿泊を伴うとなるとほとんど不可能なだけになおさらそうだ。近隣への私用とかもこのままでは難しくなり、ラジオとかレコードを家で聞くぐらいしか困難になってくるのも疑いようがない。

とにかく要介護者を抱えている場合、鞭打って老々介護をしている母御ももとより、仕事で介護などに手を付けづらい私どもも余暇に大きく制限がかかり、必然的に行動範囲を狭められてしまう。わが部署の輩はパチンコだの、旅行だのゴルフだの遊びごとにうつつを抜かしている輩がほとんどであるが、私の場合は要介護者を抱えるゆえにそうはいかず、組合のボーリングとか食事会などもたとえ幹事から声をかけられても強固に断らざるを得ない状態である。

2017年8月27日 (日)

初秋雑感

今週から9月に突入、日中は猛暑に近い暑さはあるものの、朝晩は秋風も入り、晩夏の時期に入ったことを実感し、初秋に突入したことが感じられる。

こうした中、今年も晩夏の風物詩となった24時間テレビが始まり、先ほど終わったところであるが、通年ほぼ同じような企画であるものの、今回若干の企画変更もあったようだ。今年で40年目、慈善活動を主体とした番組としてはかなりの長寿だ。

しかしながら、親父の容体がかなり重篤になってきた。近日は夜間、おむつの中で大小便をようやくするようになってきたが、痴呆の症状がかなりひどくなり、朝晩の区別どころか、日時の勘違いも多くなり、今日はラジオで相撲があるなどと言い出し、母御や姉御は今日まだ8月だと言っても違うとか言って暴れ出して聞く耳も持たない。ここ数日、夜中に訳の分からないことを言って暴れるようになり、さながらおむつとれたてから小学校低学年の赤ん坊と全く同様の精神状態である。これでは要介護3どころか、4か5であってもおかしくない状態になってきている。

早ければ今週中、遅くとも9月上旬中には要介護の指数が認定され、公的にも要介護者となるわけだが、この時にケアマネージャーが来訪するらしく、介護保険の処遇などによっては、施設入居も考えているようだ。そうでなくとも最低週1回程度は1日預かり(デイサービス)か週末にでも2日間預けてもらう(ショートステイ)などを考えたほうが好ましいようだ。

親父はどうやら夢でも見て、それと現実の区別がつかないようにも感じる。目もほとんど見えず耳も同様に補聴器をしてようやく肉声がわかるといった程度であることから、肌の感覚だけが頼りになっているようであり、時々介助に抵抗したりなども現れている。このままでは私や姉御も会社を辞めざるを得ない可能性も高く、これを少しでも回避したく介護保険も使えるようにしたのである。それに立って歩けないことを理由に風呂もほとんど入れないというのも健康面での悪影響もあり、最低ギリギリでも週1回はデイサービス(1日預かり、すなわち老人保育所みたいなもの)に入れるとかしないと今後が思いやられる。

このような状態では私共も行動範囲を大きく狭められ、今年は勤続25年でなくてよかったというか、せいせいしているのが正直な所見だ。それは4万円分の1年期限ありのレジャー助成が当たらないからだ。今年などこういうものを頂いても宿泊レジャーなどとても出来る状態ではないからだ、親父がああいう状態であれば。

今週から再来週まで夏季休暇が1日ずつ当たっているが、屋外レジャーは近場で日帰りぐらいしか困難であり、一眼の出番は10月のコスモスウォッチングまでないであろう。

2017年8月20日 (日)

ネットワークハードディスクと「大きな赤ん坊」

まだ厳しい暑さはあるものの、天気は周期的に変わる傾向になり、初秋の時期に入っている。真夏日や猛暑日がこの先出たとしても、地面は冷えてきており、プールなどは水温が下がり寒いという。

こうした中、ネットワークハードディスクを導入した。Radikoのプレミアムに加入したことと、それやユーチューブなどの動画やRadikoの番組を録画録音できるフリーソフトの導入で、メインマシンとスマホやサブ機との共有化で効率化を図りたく導入したのである。これに伴いメイン機とサブ機の音楽レコードをすべて移管するとともに、最近の写真やラジオ番組や動画の保存に専ら使うこととした。

今や親父がかなり重篤な介護状態に陥り、当然、長期旅行などの宿泊レジャーはそれゆえに不可能であり、県内とかせいぜい富山福井で日帰りぐらいしか困難である。こうなると、ラジオとか動画などの重要性はかなり高くなり、再び学生時代の生活習慣に徐々に戻っている、そんな状況だ。

P8200161ネットワークHDDはモニターの奥の縦型の三角柱の筐体がそれである。容量は1TBであり、ラジオ番組には十分すぎる容量だ。ユーチューブでも数分程度の動画であれば十分な大きさであり、マシンの不調があっても道連れを回避できるなど、メリットも大きい。

それはさておき、最近親父は夜中に暴れるようになって母御は困っている。蚊が入ってくるとか騒ぎ出し、キンチョールを探しに電気をつけて起きている状況だ。親父はキンチョールをやたらと必要以上に撒いたりしてどうにもならず、母御はそれを没収したらこのように暴れるようになったのである。

要介護者が暴れるというのは決して珍しいことではなく、ネットなどを調べていると福祉施設ではナイフを持って暴れたり、椅子などを掘り投げたりするような痴呆老人もいるらしく、それを考えればまだましであろうと思う面も少なくない。要介護者が暴れる、これは自分の考えを受け入れてくれないとか、自分の思うようにならないこととかで暴れるケースがほとんどであり、おむつ取れから概ね小学校低学年程度の子供とほぼ同じ状態である。40年近く前今の家に引っ越した当時、裏隣りで毎日のように泣き暴れる女児がいたことがあり、泣き暴れることでパンツ何枚もションベンを漏らして翌日数枚必ず万国旗のようにパンツやブルマーなどを干してあったのを見かけた。親父が暴れた翌朝も初めて紙おむつがひどく湿っていたが、これもおそらく暴れたのが原因で漏らした可能性もある。子供が泣き暴れたりしておもらしするというのはおむつが取れてから幼稚園~小学校低学年あたりまではよくあることであるが、脳などに認知症の傾向が出ている介護老人であってもこのようなことは起きるものなのであろう。

とにかくこれも介護指数が下り、ケアマネージャーが来訪した際に十分相談し、何かいい方法で通所あるいは施設入居などを考えないとならない。要介護指数による保証の上限とかその自己負担分、母御の心労などをよく考えて何らかの方法を取ったほうがよさそうだ。私も生命保険を解約して医療介護のみの保障としたことや、今年も私の1年後入庁の者が1年期限の旅行券4万円分を職員互助会から頂いているが、もし私が今年そういうものが当たってもそうしたレジャーは要介護者を抱えるゆえに一切不可能であることもあり、介護保険自己負担分は幾分私が負担する覚悟もできている。まあ、大きな赤ん坊を抱えているようなものですし、家庭での老々介護であろうと、施設入所であろうとその家族も行動範囲を大きく狭められるのは当たり前ですから。

今や一眼カメラの出番も少なくなり、こうした芸術性を伴わない写真にしかXZ-1の出番もない。県内もしくは近県の日帰りとか、買い物とか少々アーケードゲームというぐらいしか屋外レジャーは不可能であるゆえに、ホームエンターテインメントの重要度は大きく増している現状である。

2017年8月13日 (日)

墓参りと要介護指数待ち

今年など、正規のお盆が平日であり、その日の夏休みも当たってはいない。という事で今日、親父を除き墓参りという事となり、早朝4時前から行くこととなったが、老々介護でやつれ切ってる母御は暑がりのため日中の墓参りは嫌だというので余儀ない。ここ数年、年回りがあうんの呼吸が効いてるようであり、お盆の日と大きなかい離のない時に土日が当たっているので私も墓参りに行かされる羽目になるが、来年以降年回りが悪くなりお盆の前後が平日になってしまい、その時に夏休みが当たらない場合は私は墓参りには行かないと言ってある。こちらは肉体労働であり仕事のある日までも早朝からそういうのがご無体だからだ。

それはさておき、親父の要介護指数の認定待ちではあるが、その指数とケアマネの提案によっては、週末の土日に限り施設に入れたほうが好ましく感じるようだ。午前中、母御と姉御が買い物中留守の折に、エアコンの設定が暑いとか言って親父は暴れ出し、少し温度を下げてやれば寒いから消せとか言ってバチャバチャと私を呼ぶ。しかも立って歩けない分際で犬や猫のように四つん這いでしゃしゃり出て、電話をいじりだしたり、玄関まで出てきて母御を探したりするのである。先週、大清台の町医者が往診に来た時も意思の疎通とかに辻褄が合わないこともあり、多少の痴呆も出てるようであり、意見書もかなり重度の所見を書いたようである。また要介護者はちょっとしたことですぐ暴れたりするのは母御は親父だけかと思い込んでいたようであるが、私が町の福祉に相談に行ったときであっても、先週町医者が往診に来た際、調査員の面接でも口を揃えて言っていたものの、やはり要介護者はそういう事で暴れたりすることは珍しくないとの所見だ。

最低でも週1回は入浴とかオーラルケアなどを主体に施設に通所させる方向で考えてはいたが、姉御の土日夜勤も少なくないことも考えると介護保険が使えるようになった以降、土日に1泊2日程度の短期入所で施設に入れたほうがいいのでは、と私は思う。私の生命保険を親父の介護のために解約したのだから、その負担分をこちらが持ってもいい覚悟はできているのですから。

2017年8月 6日 (日)

デジタル一眼、久々の過酷使用

要介護状態の親父が時々暴れたりなどで家を悩ませている中、昨日高岡七夕があり、久々にデジタル一眼を酷使した。

中心市街地なので車は使わず、浅電と都市間高速バスでの移動となったが、今回PROレンズの望遠ズームを持ち出すことも考えたが、この重さではさすがにこの暑さでは到底無理で、小型の10倍ズームにしたが、12~40mmPROレンズも携行した。カメラ本体はE-M5MarkIIだ。

台風の影響でかなりの猛暑であるが、まだ風があるだけがせめてもの救いだった。好天なのでISOオートでも推奨感度の200で日中は間に合ったが、夕方から夜間になるとやはりISOは800~3200まで上がった。百万石踊り流しなどの夜間スポーツはレジャー関連の行動自粛から出くわすことは最近なく、結局ISO25600は今や宝の持ち腐れ状態だ。

P8050029今回から趣向がかなり変わり、ウイングウイング高岡前の広場は七夕を最小限とし、メインは駅のペデストリアンデッキ上に移ったようだ。このほうが日差しもしのげ、むしろ好ましい感じだ。

P8050090児童の提灯にはこんな警告も。小学生でもパソコンを習っていることが伺え、確かに今の時勢、ネットのリスクを認識しないとならないことであろう。

P8050107同時に高岡駅地下街の歩みの写真展もやっていた。開業時はかなりにぎわっていたが、今や市民や近辺の観光客向けに合理化されたことが伺える。

P8050108今回の願い短冊はクルンB1Fであったが、空き店舗前に設置されていた。

P8050123提灯も七夕の醍醐味だ。

P8050159強風ですごい揺れだ。ここは1/8000秒シャッターでその瞬間だ。

P8050249夕方のふわふわ遊具も強風で中止されることに。

P8050287結局、中止となった。

P8050266夕暮れには御旅屋商店街もイルミの世界に。

P8050299ウイング・ウイング広場は今回は広々とした演出だ。

P8050319今回、人工デッキ上に七夕飾りが多くなった感じだ。

P8050321やはり隠れたスポットは必見である。

現地には最終便の都市間バスの時刻近くまでいたが、自宅には概ね22:20ごろとなった。宿泊ではないのでそう難しいことはないとはいえ、やはり要介護者がいる状況ではつらい面もある。レジャー先であってもまた親父が訳の分からないことを言って暴れてないだろうか、とか気になる。それゆえに携帯電話はかかってこない電話だとあざ笑われようと、こういう状況こそ一番携帯電話が必要なのは疑いようがない。要介護状態の者がいると、いつ何時命を落とすかわからないですし、家からの電話があればタクシーを呼んででも帰らないとならないですから。

こうした中、昼から親父の散髪とシャワーを行ったが、最初はやらないとか言って暴れるのである。医者の予約の日も医者に行かないとか言って暴れたり、最近こういうのが多い。要介護者はかなり重度になると、介助に抵抗したり暴れたりするようになることも、町の福祉の相談員の話でも決して珍しくないらしいのだが・・・。

2017年7月22日 (土)

高速バス30周年イベントとパソコンデスク上の「住まいのダイエット」

梅雨明け前から猛暑続きの今日、しいのき迎賓館にて高速バス運行30周年のイベントがあり、30分ほど拝見させていただいた。速さでは鉄道にはかなわないものの、格安な運賃と直通という大きなメリットもあり、夜行便ではホテル不要であり、かなりの遠方であっても往復予約で実質的な夜行日帰りが可能などの利点もある。

それほど大規模ではないので30分ほどで堪能できるイベントであるが、東京行きと名古屋行きの新鋭車両が展示されていた。東京行きは今春廃線となった湘南・横浜線の車両を転用した3列シート車、名古屋行きは今年入ったばかりの4列シート車であった。共に信頼と安全の三菱ふそう製であり、名鉄系という事もあり原則、三菱ふそう製を購入しているようだ。

しかしながら今年の新車、残念ながらモデルチェンジ前のものであることがわかった。三菱ふそうでは5月中旬、モデルチェンジを行いAMTによるノンクラッチ・オートマチック化やエンジン排気量の大幅ダウン(13リッター→8リッター)による車両のダイエットを施した新型を発売しているが、発注時期が発売前という事で旧モデルでの導入となったようだ。

P7222900

P7222901

P7222909

P7222918


P7222915

P7222920

P7222921

P7222936

P7222938

P7222941

P7222942名古屋線の4列車は新潟行きとほぼ同じ仕様であり、トイレは後方にあった。東京行きの車両は横浜線の廃止で本務車両が1台から2台になり、これは仙台行きとほぼ同じ仕様で、床下にトイレがある仕様だ。3列で昼間の便を用いているのは大阪行きがそうであるが、名古屋や新潟でも3列使用による運行もしてほしいものだ。あと、金沢⇔岡山・広島という路線もあっていいのでは、そう思う。そうなれば広島の夜行日帰りも可能なのだが・・・。

とかく5月半ばに出た新型車が来年以降に見送りとなったのは残念だが、オートマチック化でより快適になり、エンジンの排気量ダイエットにより静粛性も大きく高まることも期待されるだけになおさらそう感じる。車ではなかったので昼は早めに武蔵が辻のラーメン屋で食う事となったが、やはり要介護者がいることでなるべく早めに切り上げるという事となった。これは家の事情で当然のことなんですが・・・。

我が家も要介護者や、その老々介護をセッセとやってる母御も実質、要支援1相当の状態であり、食卓の買い替えとかベッドの増設とかでタダですら世間並みから大きく見劣りする25坪のウサギ小屋がよけい狭くなり、住まいのダイエットに取り組んでいる最中でもある。

私のパソコンデスク上も広々と使いたく、今までPCスピーカー用に使っていたBOSEのアンプを廃棄処分とし、中国製のLepyのアンプに替えた。
P7222952
従来より大幅に小型であり、カーナビやカーコンポの内蔵アンプ用のICを使ったもので、出力もBOSEのものと同等であり、音質もPCでのラジオ聴取などには十分な性能だ。消費電力も少なく、住まいのダイエットもスムーズに行ったことは何よりである。

2017年7月15日 (土)

Radikoのエリアフリー

ラジオ、今やテレビに押され放送の主流を外れたとはいえ、車や何かしながらとかという場合はかなり利用されている。テレビでは注視する必要があるが、ラジオの場合は何かしながらでも、たとえば掃除や家事・インターネット・ゲームをしながらでも利用可能なのは最大のメリットだ。今やインターネットで配信されていたり、それを利用したタイムフリーでの受信も可能になるなど、大きく進化している。さらに中波(AM)局がFMでも受信可能(但し、平成27年以降に発売された機種に限る)になるなど、テレビ主流の時代にも今なお重要なメディアとして存在している。

こうした中、私はRadikoのプレミアムに登録し、パソコンやスマートホンからも全国のFM・中波も、ネットで受信可能となり、深夜番組やご当地の番組も聴取可能となった。2月に生命保険を解約して医療・介護のみとしたことや、要介護者がいることでレジャー関連の外出等も控えないとならない状況になったこともあり、踏み切ったのである。

これも光接続やLTEの普及がこうしたネット利用を可能にしたと思われるが、デジタル方式のため音質もよく、スマートホンではbluetoothを使えばカーナビでも聴取可能だ(但し、パケット通信量が増えるので通信制限が怖いところだが、音響のみではそれほど膨大にはならないと思われる)。

外泊旅行などの宿泊レジャーが要介護者を家族に抱えるためにほとんど不可能な状態であり、日帰りであってもなるべく早めに切り上げないとならないなどの大きな制約がある中、こうしたネット利用によるメディアというのは非常に有り難みを感じる。

それはさておき、連日の猛暑で通勤時、特に混雑する帰路などリッター10と走らない状態が続いている。今朝も朝からやや遠方の商店街に向かってもリッター15ほどであり、春秋に比べると概ね2~3割は燃費が悪化している。旧車の1.5リッターの普通車よりは平均して概ね1割ほど燃費はいいのはやはり軽自動車ならではであるが、エアコン使用時の燃費悪化率は普通車に比べ相対的に大きいようである。やはりエンジン出力が小さいことで、どうしても高回転気味にならざるを得ないことや、馬力ロスが相対的に大きくなることがその原因であろう。

本日、昼前に給油したところ、10.5km/Lであった。これは春秋の場合より概ね2割強も悪いこととなる。やはり暑中ゆえにこれは致し方ないと見ないとならないであろう。

2017年6月17日 (土)

リコール、ようやく作業受付と丸2日間車なし

6月も終わりに近くなったにもかかわらず、今なお梅雨入りの気配すら全くなく、依然として晩春の気候が続き、今年の春は例年なく長くなる見込みだ。それゆえ、気象施設の予想では北陸・東北は6月21日ごろに梅雨入りの可能性を示唆しているが、これも成り行きによってはわからず、今月中には梅雨入りしないか、梅雨入りの発表は特定できないとして行わない可能性も大だ。

こうした中、先週は頼成の森にて花しょうぶ祭りを観覧させていただいたが、親が要介護状態のため、早朝に家を出て午前中に帰宅という始末であったが、エンジンオイルの交換時期が来たことで、本来点検時に見つかったブレーキ異常と去る4月初めに出されたリコール作業と同時に行うはずだったオイル交換を1週間前倒しで先行して行ったという始末だ。

昨日、そろそろ部品が入る見込みという事であったが、私の携帯には着信が確認できなかった。そこで、念のため三菱にこちらから電話したところ、その日電話をかけたというがこちらでは着信の確認ができておらず、問題の部品について諮問したところ、部品は来ているとのことだ。

そして作業の日取りの相談だが、月曜に代車が空くという事だが、私の部署は糸田新町であり、17時15分まで拘束時間であり、それ以降でないと作業服を私服に着替えてはいけないこととなっており、そうした事から17時25分ごろでないと退庁できない。こうであれば神宮寺まで通勤時間帯という事で1時間はかかってしまい、閉店ギリギリか間に合わないこととなる。

そこで、代車は要らないので今日、朝早く来店すると言い渡し、本日朝飯後即家を出て神宮寺に車を預けてきた。受付の係員の概要によると、完了は明日の16時ごろというが、場合によっては閉店ギリギリになる場合もあるとの説明があり、結局代車がないという事で丸2日間車なしという事となった。そうなると、明日午後から車を取りにいかないとならないが、代車がない為浅電か能登高速バスの上り線で金沢に向かうしかない。

ブレーキ異常は保証期間という事で無償という事で妥結しており、リコールも当然そうだ。しかし、再度かけてきた電話が通じない、これはスマホ故障の可能性もあり、今の機種が丸2年という事でそろそろ不具合が出てもおかしくない。しかし自宅の電話から試験したところ、正常に着信できてるのである。スマートホン診断のアプリでの調査でも異常はないとのことだ。多分、その時間内川方向に仕事で行っていたことで、山間部のため通信できない可能性もあるが、明日掛かってこなかったら再度セルラーショップにで向かおうかと思う。やっと2年の縛りが切れたころに携帯電話が不調、これはよくあることだ。なるべく落とさないように気を付けてはいても、手荷物などの都合で手がふさがることも非常に少なくなく、携帯電話を落とさざるを得ないことも多く、何回か地面や廊下などに落としている。もしかしたらこれが原因かと思われるが、明日は13時15分発で金沢に向かい、そこから神宮寺行きのバスに乗り換えてという事になるが、その間に電話がたとえ着信してもバスや列車では通話は禁止であり、商店街や繁華街でも通話禁止の施設も少なくない。こうであれば余地のある時にかけ直すしかなく、そのために着信履歴が残るようになってるというものだ。

最も難航するのはドアヒンジの交換作業であり、これはかなり難儀であり時間を要するとのことだ。該当車両は三菱分のみならず、日産分もかなり大きく、私の車も日産ブランドのほうが3倍強タマ数が多いという事で、該当台数が非常に多いことがリコール届出から部品調達が非常に遅れた原因でもあることは疑いようがなく、これは理解しないとならないであろう。

なお、頼成の森の写真等は後日公開します。

2017年4月10日 (月)

サラウンドスピーカーとメインPCスピーカーをトレード

昨日は久々の本格的なデジタル一眼の駆使という事で余地がなかったが、自室のオーディオ、サラウンドリアスピーカーを今までPC用に使っていたものと相互トレードを先日行った。その理由だが、定格入力は同じ30W、周波数帯域も120~20000HZと全く同じだが、今までPCに使っていたのは8センチのシングルコーンフルレンジ、サラウンド用には5.7センチウーファーと2.5センチバランスドームツイーターの2ウエイであり、オーディオ用には2ウエイのほうが好ましいと思っていた。しかし、サラウンド時やFMラジオを聴くときに多いマルチCHステレオ(フロントとサラウンドリアスピーカーから同一のステレオ音響を流すモード)にて、リアスピーカーからの中高音域がうるさく感じたことで、何とか整合性を取りたく考えたことからそうしたのである。

P4100150サラウンドリアスピーカーには今までPCに使っていた8センチフルレンジに。

P4100151PCスピーカーは今までサラウンドリアに使っていたものと交換。

実際、許容入力や再生帯域が同じスペックであっても、実際にレコードをかけたり、映画などを見ていると、異なるスピーカーではふざけるな!と喚きたくなるほど音質に大きなかい離があるのは疑いようがない。8センチシングルコーンのフルレンジのほうは比較的自然な音質であるが、5.7センチ2ウエイのほうは高音域が強調されており、それが中高音域がうるさく感じ不自然に感じる原因だった。

本日、昨日深夜のアイドル番組と、帰宅時にやっているアニメ(ともにBS)の録画を見ていたが、やはり今までに比べドルビーサラウンドやDTS-X使用時、サラウンドスピーカーからの中高音がうるさく感じることはなくなり、より自然な臨場感が得られた。今後、旅行などのレジャーも家庭事情的に行動範囲を大きく狭められてる現状では、ホームオーディオの活躍も多くなり、より快適に映画やラジオ・レコードなどを楽しめる環境づくりというものは一層重要に感じる。ということで今回、平日にもかかわらず急遽追記という事となった。写真はオリンパスXZ-1によるものだが、このカメラも今や芸術性を問われない記録とか、補足説明などで写真が必要な場合のみの活躍となっている。

より以前の記事一覧