最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2015年4月26日 (日)

今年のチューリップフェアと選挙の当たり年

今年の4月、例年より寒い事や新車乗り換えの予定があと3か月後にあることもあり、永遠に終わらないように長く感じたのが正直なところであった。しかし先週半ばごろから初夏のような陽気に恵まれ、ようやく今週から5月なのか、そう思えてならない。

こうした中、2015年のチューリップフェア、今年は魚眼レンズは携行しなかったが、昨年は同じE-M1でもアダプター噛ましのフォーサーズレンズだったが、今年は全てマイクロフォーサーズ高性能レンズで勝負という事になった。北陸新幹線開業で例年以上の混雑が見込まれることや駐車場が逼迫して入れない可能性を見込んで朝早くから出たが、今回、車のブレーキの異常を三菱から最後の12点で告げられているので、電車あるいは都市間高速バスにしようか迷ったが、結局、交換レンズも複数ある事もあり車で、という事になった。ブレーキが戻らず引きずる、これは寒い時期には12点終了後も多少感じたが、温かくなるとそのような異常が体感しないので、片道100キロメートルを超えない範囲で高速道路は通行しないのであれば問題ないとの判断で車にしたのである。

私の場合、フェア開始週の土曜とほぼ決めている。毎年この週の土曜に、プリンセスチューリップの表彰式があるからだ。今年は通常の入口である正門が閉鎖され、国道寄りにメインゲートが設置されており、また演出も例年とは異なった趣向が見られたりなど、奥の深い大会となったようだ。新幹線開業もありミニ新幹線も場内を走るなど、これも大きな意味で節目となる大会であったのは疑いようがない。今回、29枚の写真を公開するが、枚数が多いのでリソース逼迫が見込まれることから、画質は最低に抑えて公開することとしたのでご理解願いたい。

P4253169b例年ならここが正面ゲートの筈だが、今回はここが閉鎖されている。会場演出上の都合なのであろう。12~40mmPRO、F8、1/200、ISO-200。

P4253170b今年のゲートは先ほどの場所よりも国道寄りになっていた。12~40mmPRO、F8、1/800、ISO-200。

P4253186bフェアでしか召し上がれないチューリップの花弁を練り込んだソフトクリームだ。12~40mmPRO、F2.8、1/8000、ISO-160。

P4253193b場内にミニ新幹線駅も設置されていた。12~40mmPRO、F8、1/800、ISO-200。

P4253207b今回は全てマイクロフォーサーズの高性能レンズシリーズを使用。フォーサーズレンズに比べて先進的なレンズも増え、フランジバックが短い分、高性能レンズも比較的低コストで作りやすい事が感じられた。12~40mmPRO、F2.8、1/4000、ISO-200。

P4253218bズームレンズでありながら、ヘタな単焦点レンズをはるかに凌ぐ描写性能があり、フォーサーズレンズでこの性能となるとカメラ本体以上の高額になってしまう。やはりミラーレスならではのメリットのようだ。12~40mmPRO、F2.8、1/5000、ISO-200。

P4253225bこの手の被写体、F2.8を超える明るいレンズであれば開放絞りで撮る方が出来栄えがいいのは疑いようのない事実だ。12~40mmPRO、F2.8、1/4000、ISO-200。

P4253250bお待ちかねのプリンセスチューリップ表彰式だ。赤のユニフォームは2014年度のメンバーだ。表彰式の一言では号泣してしまう子もいたほどだ。40~150mmPRO、F8、1/320、ISO200、+0.7EV。

P4253358b最後にミニ撮影会もあった。黄色のユニフォームは2015年度新メンバーだ。ここでは新レンズの40~150mmF2.8PROがその性能を遺憾なく発揮してくれた。F6.3、1/500、ISO-200、+0.7EV。

P4253398b650種の花壇は新マクロレンズ、60mmF2.8PREMIUMマクロの独壇場だ。これはホワイトハートという品種だ。F2.8、1/8000、ISO-160。

P4253402bオレンジエンペラー。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/4000、ISO-200。

P4253425bバラードホワイト。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/8000、ISO-200。

P4253438bバラード。60mmPREMIUMマクロ、F11、1/320、ISO-200。

P4253461bスゥイーティ。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/2500、ISO-200。

P4253470bはちみつミルク。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/2500、ISO-200。

P4253505bアウトブレイク。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/4000、ISO-200。

P4253519bインベーダー。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/2000、ISO-200。

P4253528bチューリップ四季彩館では北陸新幹線開業にまつわる展示もあった。12~40mmPRO、F8、1/60、ISO-800。

P4253545b夢花壇コーナーも力作が目立っていた。中でも新幹線に纏わったこの作品が一番に感じた。12~40mmPRO、F8、1/160、ISO-200。

P4253562b美術館前のデコレーションパネルは誠意で製作中。妖怪ウォッチも子供から大人まで大人気のようだ。12~40mmPRO、F5.6、1/200、ISO-200。

P4253576b今年の会場演出は例年とは異なった趣向が各所で見られた。12~40mmPRO、F8、1/2000、ISO-200、-0.7EV。

P4253579b今回が魚眼レンズを携行しなかったのは少し惜しまれたが、12~40mmPROも35mm判で24mmの超広角もカバーするので全景撮影時も十分間に合うのが有難い。F8、1/500、ISO-200。

P4253581b今年のモニュメントはポップなイメージである。12~40mmPRO、F8、1/640、ISO-200。

P4253583b今年は展望テラスから全景を。魚眼がなかったのは惜しまれるが、今回はE-M1という事ですべてマイクロフォーサーズの高性能レンズシリース専門という選択はある意味正解だ。12~40mmPRO、F8、1/640、ISO-200。

P4253590b今年の地上絵は新幹線をイメージ。北陸新幹線開業は富山・石川がどれだけ首を長くして待ったことだろうか。12~40mmPRO、F8、1/250、ISO-200。

P4253594b今回はチューリップタワーが混雑のため見送ったが、そこのモニュメントを新望遠ズームレンズにて切り取ってみた。40~150mmPRO、F5.6、1/2000、ISO-200。

P4253598b会場内をミニ新幹線が運行中。40~150mmPRO、F5.6、1/1250、ISO-200。

P4253604b超望遠で噴水を1/8000シャッターで。40~150mmPRO、F2.8、ISO-500。

P4253605b今年はチューリップバルコニーも設置され、展望も充実した大会であった。40~150mmPRO、F5.6、1/640、ISO-200。

今回のフェアに関しては、車という事で14~150mmPROと60mmマクロPREMIUMの他に、魚眼レンズを携行しても別に支障はなかったが、魚眼はフォーサーズレンズという事でアダプターが必要な事と、場内はかなり歩き回ることも考えてあえて多数のレンズを持ち出さなかったのもあるが、魚眼はチューリップタワー頂上ぐらいしか効果的な場所がない事からも、今回は展望テラスからの全景という事もあってむしろ24mm程度の超広角で十分だった、ともいえそうだ。マイクロフォーサーズレンズは小型軽量ながら高性能であり、前回、電車にて高岡・富山の際もそれほど重さや大きさで苦痛にはならなかったというのが正直なところだ。今年の百万石まつりも全面、マイクロフォーサーズレンズでと考えている。一般シリーズのマイクロフォーサーズレンズなら性能で今一つだが、PREMIUM、PROシリーズは高性能なので、フォーサーズの高性能レンズと同等以上の性能が安く手に入る点も有難い。フォーサーズレンズはファインダー用ミラーの関係で、フランジバックが短く取れず、標準クラスの焦点距離ですらレトロフォーカスを余儀なくされたり、大口径で高性能なレンズが作りづらかった面もあるが、マイクロフォーサーズではミラーがない分、超広角の領域あたりまでレトロフォーカスの構成を無理にしなくてもいい分、高性能なレンズが安く作りやすい面もあり、今後この方向に向かうのはある意味正しい方向だ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それよりも今年は選挙の当たり年のようだ。前回、私の母御と姉御は今の政治の体制に腹が立ちボイコットした選挙も、今回はガッパの体制で臨んだようだ。私は旅行などの理由を付けて期日前投票を行ってはいるのだが・・・。やはり町議選という事で、どうしても薦めたい候補者がいるとのことで、母御からも義務的にそれに入れるように言い渡され、期日前投票を済ませたのである。選挙、一般に権利だとは言うが、私共の役所の組合も選挙活動にかなり力を入れていたり、またテレビや広報などでも選挙は行け、と強く推奨していたりとか、FMラジオでも昔、デートの前に選挙に行こうとかいうCMを流したり、またアミューズメント施設のキッズデジタルカードゲームのコーナーにも大きなお友達(大人のプレーヤー)はプレイの前に選挙へ、などと貼り出したところもあるほどだ。これでは選挙をほとんど義務化してるように思えてならない。そりゃ、比重の高い行動であることは否定しないが、これも今の世相とかによってボイコットするかしないかは結局、有権者の選択によるもので、一律の解を求めるかのように強要するのはおかしいのではないでしょうか?????

2015年4月15日 (水)

4月異例の「眞冬日」と最近の行政の腹立たしさ

4月も半ばになろうとしている。それなのに、先週末からの「眞冬日」が続き、冷たい雨と肌寒さのため、未だに冬物が脱げない状態が依然と続いている。日中の気温もさながら真冬日そのものであり、ストーブも手放せない。これじゃ来週になっても長ズボン下や長袖の「グンゼ」が脱げない状態だ。

このようすでは、夏物の切り替えは少なくとも5月の連休以降にずれ込む公算も高い。近年、春が寒く秋が暑い、という事態が続いており、明日にでも地球最後の日が来るといっても過言ではない。

ところで最近の行政の在り方、非常に滅茶苦茶だというのが正直なところだ。国などもそうであるが、コンビニやスーパー・ドラッグストアやホームセンターなどで酒類を安売りするなという事を政府は打ち出していたり、また富豪層や一流企業に対して減税や待遇の向上を必要以上に促進している反面、中小企業とか私ども公務員関係、非正規労働者に対しては給与削減とか税金の重課税化などを強行しているなど、庶民に対して貧乏暮らしをしろと暗に言っているようなものだ。たとえば軽自動車の税金の値上げ、これも多くの庶民が納得できないと暴れているのが現状だ。

軽自動車のコアターゲットは年齢問わず女性・性別問わず50~60歳以上のシニア層であるが、これらに対して苦痛を与えているとしか考えられない。税金対策のため軽自動車に乗る、というのは確かにそうであり、概ね軽自動車ユーザーの8割以上がそうかと思われる。残り2割がその他の理由かと思われるが、やはり小型ゆえに感覚も判りやすく、高齢で視力や聴力に障害が出始めたために、普通車は扱いづらく軽自動車にしないと感覚が判らずまともに道路を走れない、というのも少なくない。また昨今は自分の車持ちであっても可能であれば電車・バスなどの極力利用に努めるという人も増えているのも疑いようがなく、こうした事情から長距離が不向きだとか、乗車定員などの点で多少不便である事は欠点にならないとして、維持の面でも安く合理的である軽自動車に移行するのもかなり増えたそうだ。こうした事から軽自動車の比率は年々多くなっているが、こうした売れ筋から大量に税金を取る、という汚い政策を今の自民党はやっているのである。

私共の部署にしてもそうだ。今年など、主力の現業部門から現業職員が本部のほうに兼任で2人配置されているが、旧来からのそれに相当する現業職員を正式にそこの配属に固定してしまう、再任用までもそこに配置して本部の管理部門の現業職員を実質増やしているが、こちらの現業部門でもかなりひーひーしている現状にもかかわらず、このような政策を強行しており、運転でない業務員までも本部や山間部の埋立場に配置換えさせようとしているなど、全く意味が解らず、今の内閣総理大臣のやっていることと全く同じであり、納得できないのが正直なところだ。

そうした事から、今までガッパになって選挙選挙と熱を入れていた私のお袋や姉御が何で選挙を放棄しかのだろう、と思っていたら今の政策に腹が立っている、の一点張りの理由だ。これではそうなるのも無理はない。私は役所からも選挙に行けと強く推奨されているのでやむなく期日前投票を行ったが、こういう現状ならば私もボイコットすべきだった、そう思う。

数年前、仙台地震の復興のため、私共の給与を大幅に削ったりした経緯もあったが、その復興も少しは進んでいることは報道されていても、実際には一向に進展がないのと同様だ。今後、高齢化や少子化に対応した政策のためだ、とか言っていても、実際には不透明な部分も多く、一方的な改悪しか考えられない、これまでの経緯では。

今年は選挙の当たり年であり、来年も国会議員のそれが見込まれているという話も聞く。しかし、どの党が管理権を握っても結局一緒ではないか、そういう気もしてならない。やはり、何か裏があるとしか考えられないというのが正直なところだ。

2013年10月13日 (日)

ネットショッピングやオンラインDVDレンタルの不安と信頼性

近年、ネットショッピングやオンラインDVDレンタルの利用者は年々増加傾向にあり、これが既存店への影響を及ぼしていることは疑いようがない。店頭で取り扱われていないものも多くあるうえ、自宅から発注が可能などの手軽さからそうなってきたものであろうと思われる。

しかし、業者側の不手際により不届きも少なくない。今回も私宛のメール便が迷子になり、金沢に届くはずのものが北海道の千歳に届いていたという事態があり、非常に腹立たしい思いをしているというのが正直なところだ。

幸い、問い合わせ番号が判っていたので早期に気付いたので紛失は免れ、本来2日程度で届くものが数日遅れただけで済んだのであるが、これはおそらく発送側の事業所の従業員のスキル不足か、その従業員の視力障碍などでの見間違いが有力な原因かと思う。

まだ軽雑貨類だからよかったものの、これが万一人命に関わる医療機器とか臓器・薬とかであったり、ミドルクラス以上のデジタル一眼カメラとかオーディオ機器であればどういうことになっていると思っているのだ。その従業員が目の前にいたならば目前で叩き殺していたと思う。こうした重大な理由があるため死刑は免れ、せいぜい無期懲役程度、執行猶予の可能性も高いからだ。

こういう事態があっては配送業者に対する信用が大きくなくなりますし、安心してネットショップやオンラインDVDレンタルが利用できないのは疑いようがない。配送業者は絶対にあってはならない事故を起こしたということを強く認識し、これは公の場で堂々とさらしていただきたいものだ。

運送会社側もこのような気合の入らない社員を雇うという事態は非常におかしく、こういうあってはならない事故を出した輩は容赦なく即クビにするべきだと思う。会社に入ったからには命捧げて体を粉にして働くのが筋であり社会通念じゃないのじゃないのか??????

視力障碍があって仕分けができないのであれば合わない眼鏡をかけているとかであろうし、そうであれば眼鏡をしっかり合わせてから仕事しろというのだ。とにかくこういうのは社会の迷惑なのでとっとと消し去らせるべきだと思う。

とにかくネットショッピングやオンラインDVDレンタル、利用の折は利用者も注意が必要なのか、そう思うと非常に煩わしい。

2013年10月 1日 (火)

消費税率増税、決定

本日、消費税増税が来年4月から実施されることが本決まりとなった。現行の5%が8%に引き上げられるということで、これは約17年ぶりになる。しかしこれも暫定的なものになるらしいが、最終的には再来年秋に10%にまでのし上げられるというのだ。

これによる景気のさらなる悪化や逆効果なども目に見えているといえばそれは否めない面もあるが、法人に対しての減税や低所得者への援助などもあるので景気の低迷はほとんどないとしているが、実際はそうもいかないかと思う。増税の背景としては少子高齢化の進行が原因と思われる社会保障の将来的な充実と維持が上げられているが、仙台などで起きた震災の復興には割り当てないという方針らしい。

この増税により将来の保証や財源が確保できると政府は語ってはいるが、実際の消費者はこれをどう受け止めているのか。まず、やはり何かを削らないとやっていけないことは事実である。この秋から乳製品や小麦粉などの値上げもあり、洋菓子店や大衆食堂などはかなりの打撃を受けており、その上消費税増税となると、さらに客足が鈍ることは目に見えている。しかし家庭生活上、削れないものはいくら増税や値上げがあっても削れないものもあるわけだ。

こうなると、真っ先に削られるのはレジャー関係であるのは疑いようがない。特に旅行、ゴルフやスキーなどのレジャースポーツ、高級なレストラン関係やパチンコ・公営ギャンブル・ゲームセンターなどが大きい打撃を受け、大幅に業績が悪化して倒産も続発するであろう。また小中学生を中心に若者にも人気の高い、データカードダスなどのアーケードゲームの存続さえも危険な状況だ。それに関わるレジャー関連器具、たとえばテレビ・オーディオ・デジタルカメラ・ラジオなどのレジャー情報機器、スポーツ用品などにも大きな悪影響が出かねない状況だ。旅行会社のツアー関連の商品不振も十二分に起こりうる可能性も多分にある。

さらに車・住宅などの建て替えや買い換え・リフォームなども極限の状態が来るまで我慢せざるを得ない、そんな状況も多発しかねない状態だ。情報家電や白物家電なども大きな故障が来ない限りは耐用年数を超えても、今後新Windowsが出ても現在のマシンが動く限りは、OSがサポート終了になっても使い続ける者も増える可能性もあり、現役稼働しているWindowsXPも来年4月のサポート終了後も使い続ける企業や個人もかなり出てくるであろう。

私のほうも来年明けには最後の車検になる見込みだが、次回軽自動車に買い換える2015年9月頃には消費税が8%になっており、駆け込み需要という手法もあるが、今のところ眼鏡に叶ったものが出ていないこと(来年前半にはそれが出る予定はありますが)、まだ新車から10年が経過していないことなどが理由でそれは絶対出来ない状態だ。2015年9月であれば10%前なので、それまでには何とかしたく、また車検の時期としてもよい時期でもあるのだ。次回、3・4月と冬場の車検時期は絶対に避けたく考えている。3・4月は高校卒業と同時に車を買う者が多い時期でもあり、それ故2箇月ほど前に予約をしておかないと代車の関係で有効期限までに車検が受けられない場合があるからであり、冬場は積雪や凍結もあっていくら気をつけていても事故を起こすからこれも避けたいのである。いくら増税前が得とはいえ、車は長く使うものである故、眼鏡に叶わないものであれば意味がないからだ。

しかしE-M1も来年増税前には何とかしたい。とはいえ、従来からのフォーサーズレンズが多数あるので、そちらを使うことが多くなるかと思うが、マイクロフォーサーズ用の高級レンズである12~40mmF2.8PROのキットを何とかしたい考えだ。これも車検の費用次第で可否が決まるといっても過言ではないが、来年3月に高岡駅の新ステーションビルと地下街リニューアルが完成するので、この時期にでもE-M1とM.ZUIKO DIGITAL ED 12~40mmF2.8 PROの試写もそこで行いたく考えているのだが・・・・・・・・・。

2012年2月 2日 (木)

例年ない大雪と道路凍結、そして内蔵GPU併用

今年は例年ない厳冬に見舞われ、過去最高の積雪や最低気温を記録した地域も少なくない。自宅前でも、今現在例年ない大雪に見舞われており、通勤帰路でも田中交差点付近は道路凍結が連続し、せいぜい30Km/Hあたりが限界だ。このような状況ではインフルエンザも流行っており、帰宅後のうがいや手洗い・歯磨きなどは予防の上でも欠かせない。それよりも、歩行中であっても足下が滑るなど、冬期間ならではの大きなリスクも非常に高い状態になっている。このような状況では、車は運転しないほうが好ましい。しかし、実際にはそうも言ってられない場合も少なくなく、通勤通学、生活必需品の買い物、医者通いなど、どうしても出なければならない場合、あるいは業務上どうしても車に乗らないとならない場合もある。このような場合、タイヤチェーンや冬用タイヤの装着はもちろん、車間距離を十分に取り、急な操作は絶対にしない、制限速度は超えないようにし、何かあっても止まれる、対処できる程度の速度に抑え込む、ということも必要だ。それと立ち往生などに備えて早めのガソリン給油、これも絶対に冬場は必要だ。このような凍結や圧雪などの悪条件下、どうしてもと言う場合以外は車に乗らないこと、レジャー目的の車の運転はしない、特に高速道路は絶対に通ってはいけない。スリップによる多重衝突などのリスクも非常に高く、場合によってはそれに伴う車の炎上による火災も多いからだ。交通事故、ほとんどが不注意によるものであり、運転技量の未熟、不足なども原因とはいえないこともないが、実際には運転技量の問題よりも交通上の礼儀作法のなさに原因する事故の誘発が多いと言うことだ。

P2020228自宅前でもこの状況だ。これでは車に乗ること自体が交通事故の原因となる。それを肝に銘じて乗ることが肝心であり、どうしても必要な事態でもない限り車の運転はやめるべきだ。特に行楽目的での車での遠出は絶対に厳禁だ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

それよりも私の自作PC、先月の過去記事にもあったようにマザーボードや電源の換装を行い、それによりi7-2700K&8GB DDR3-PC10500RAMになったが、i7-2700Kの内蔵GPUが今のマザーボードでは使えるので、メインモニターとサブモニターを併用していることから、メインモニターはGefoece9600GT、サブモニターはCPU内蔵のINTEL HD GRAPHIC 3000を適用した。SANDRAでの情報では、やはりGeforce9600GTには性能では遠く及ばず、メイン用にはちょっと躊躇われる。しかし、サブ用には十分な性能があり、Geforceへの負荷軽減と、チップセットやCPUの機能をフルに生かせるというメリットから踏み切った行為である。メインはDVI、1680×1050、リフレッシュレート59HZ、32BITカラーであるが、サブはアナログ、1024×768、リフレッシュレート75HZ、32BITカラーであるのでCPU内蔵GPUでも十分だ。実際の画像でもそうであり、LGA1155CPU適用であっても内蔵GPUが使えないP68、X68チップセットとは異なり、H67やZ68チップセットでマルチモニター使用であれば、メインは高性能なPCI EXPRESSX16対応の高性能サブボード式グラフィックを、サブであればCPU内蔵のオンボードグラフィックを適用する、これもある意味合理的で無理のない構成だと思う。

P2020232

P2020231上はメインモニター、下はサブモニターだ。当然、記述のように別々のGPUで駆動しているが、動作はどちらも安定している。マルチモニターの場合、出来ればGPUからして専用のものを使ったほうが動作的にも安定する、そんな印象だ。メインモニタには高性能なGPU、サブにはそれほど高性能は要求されないので、オンボードGPUでも十分すぎるぐらいだ。

GPU2系統によるマルチモニター、これはマザーボードによっては構成が不可能な場合もある。LGA1155系のi7/i5/i3を使われており、なおかつモニターを2台以上にマルチ構成にしている場合は、メインにはGeforceなどのPCI EXPRESSX16の高性能GPUを、サブモニターにはINTEL HD GRAPHICなどのオンボードCPU内蔵GPUの使用、これは私も強くおすすめしたい次第だ。