最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

住まい・インテリア

2018年4月18日 (水)

親父の口座ロック解除、丸1日潰れ

本日、相続に係る重大事項という事で、有給取得など本当は難しいところであるものの、やむなく取得し、相続に係る親父の口座のロック解除とその削除手続きを行った。

朝1に銀行に行くも、親父の出生からそれ以前にさかのぼる戸籍謄本が必要と言い渡され、内灘町役場に行ったものの取り扱いできず、金沢市庁に行くよう指示され、駅前の駐車場に車を預け、路線バスで金沢市庁に向かい、それを受け取ったはいいが、それ以前のものは松任市に行ってくれ、との指示があり、路線バスで金沢駅に向かい、そこで昼飯の後、松任の白山市庁に向かった。そこで金沢市庁から頂いた昔の戸籍謄本を提出し、事情を話したところ、同じように受領できたが、これ以上過去のデータはなく、北海道の生まれであってもそこには戸籍はないとみられる、との話があり、おそらくこれで銀行に相談してみればよい、との指示があり、万一通らないようであれば、銀行の窓口からでもいいので電話で相談してください、と再度指示があった。

午後1時半ごろ、再び銀行に行き、こうした事でという事でその書類を提出したら受理されたが、手続き完了まで1時間半かかり、親父の口座全ての削除と、母御には半分、私と姉御にはその残り半分を振り込み手続きし、午後3時10分ごろ手続き完了の確認を行ったが、営業時間を過ぎているので裏口からお帰りください、との指示があった。

手続き自体はやはり係員が指示してくれるので、それに従い書類を書くだけなので小学校卒業程度の知能さえあれば誰でも出来ることであるのは疑いようがないが、提出する証明書類の取得が多少面倒である。私の場合、まだ高額な生命保険に入っておらず、また遺言などが絡んでいないことから、まだ円滑に行った方であるが、これが相続人同士の思惑が絡んだり、遺言などがあったり、高額な生命保険に入っていたりなどあると法律事務所などに行かないとならなくなるなど、かなりこじれることとなろう。

私なども今回の手続きなどを通じて、半世紀も学生生活を送っていたことを強く実感している。本来ならば高校卒業と同時にそうしたスキルは身についていないといけないものであり、社会通念上もそれが当然だ。しかし私は長年独身であり、親父が長年世帯主であったことなどからも、私は単に独立した生計があるだけで生活そのものは高校生と全く同じであったことを強く思い知らされ、ようやく真の高校卒業なのだ、と実感してしまう。本来なら社会人卒業も間近なのに、同世代に大きく遅れを取っていたことを強く感じる。

ある意味、現業の外仕事のほうがよほど楽だと感じたのが正直なところだ。事務系の仕事についていればこういう事もお茶の子さいさいだった、そう感じる。今だ未婚ではあるものの、親父が亡くなったことで立場も大きく変わり、多少余暇も不自由になるが、致し方ないであろう。まあ、軽自動車にしたことですし、それにより行動範囲が狭くなってなおよかった、そう思う。乗れば乗ったになるし、乗らないからといって損もしないのも軽自動車ならではですから。とにかく優先されるべきことのほかに余力があればレジャーなどを、その意味が今になってようやく判ってきた。学生時代、勉強優先、というのも今になってよくわかってきた、そんな次第だ。

2018年4月 8日 (日)

人生、終わりまで「勉強」

親父の逝去から早くも2週間が経った。世帯主の座を親父から引き継ぎ、電気・ガス・水道・新聞・固定電話・固定資産税・NHK受信料などはすべて私が担うよう、忌引き中にその手続きを終わらせたが、親父の年金の停止と遺族年金の手続きが残っており、これは戸籍謄本や住民票の除票が、電子計算機システムの都合上、死亡届から1週間ほどかかり、先週半ばにようやくその処理が終わり、委任状をはじめ必要書類がそろったことで先週末、やむなく有給取得を行い、昼から浅野川電車で社会保険事務所に向かった。去る6日の午後3時に予約を入れておいたが、電車を降りて徒歩概ね15分ほど、予約時間まで40分ほど社会保険事務所のロビーで待ち、3時20分ごろ呼び出しがかかり、その手続きと相談に約1時間強を要した。その後、金沢駅で夕飯を食って、宇ノ気行きの路線バスで帰路につく。

親父は厚生年金のほかに市役所の共済からの年金もあり、厚生年金のうち、老齢年金は遺族年金への切り替えがなくこれで最後となり、基礎年金だけがその対象となる。また共済年金に関しても役所の共済のほうに社会保険事務所から連絡がいくという事で、戸籍謄本や住民票・母御の通帳のコピーなども2通取らされていた。はっきりとした月当たりの支給額は判らないが、親父が貰っていた額の概ね3分の2ほどであろう、との説明があった。

さらに、親父の口座がロックされたことで、今週13日が年金支給日であるが、これは払えないことで社会保険事務所に返金されることになるが、その前に手続きを済ませているので、その虞はないものの、3月23日死去までの合算分は3か月遅れで母御の口座に振り込まれる見込みであるとの説明があり、役所の共済からも書類等が届き、それによりその手続きがすべて完了することになる。

さらに新聞代が口座ロックで回収できず、私の口座から2か月分纏めて卸されることとなり、また電気代も同様の対応で、請求書が来たことでコンビニに支払いも行った。さらに固定電話についても継承という事で、戸籍謄本のコピー・死亡診断書・除票・免許証の写しを添付し、所定の手続き用紙を同封して郵送で手続きを行った。

公的な手続き、書類関係は必要事項を記載し、窓口の係員の指示に従って記載するだけなので、小学校卒業程度の知能があれば誰でも出来ることであるのは疑いようがないが、その書類関係の取得が面倒な場合も多いものであり、ここはいろいろと勉強しないとならないことだらけであり、ある意味配偶者のいる世帯主以上に大変であることも実感している。

さらに松任の宮永町、アサヒ装設と同じ所番地にある墓の整理の問題も残っている。ここは民営墓地のため、その連絡先等の表示もない為、それが出来ず母御は困っているようである。ちなみに、私のいとこが持っている墓が内灘の向粟崎にあるが、そこの墓地に確認に行ったところ、墓地内の地図の下に石材業者向けの連絡先があったが、これは向粟崎公民館のものであることが判明したが、松任の宮永にその確認に行ったところ、墓地内の地図は新しいものになってはいたが、連絡先がどこにも表示してないのである。おそらく、小規模な民営墓地の場合、石材店もしくは冠婚葬祭業者を経由して墓の整理などを行っているものと思われるが、そのために連絡先や管理人の名義を出さず、地図だけ表示しているという事なのかも知れない。

さらに葬儀社から四十九日法要の会席の案内が来ていたが、私の場合は家族葬であり、完全な内輪だけでの式であったため、僧侶だけ呼びその法要を行い、会席などの利用は一切しない方向でいるが、それでも腑に落ちないのであれば、私の部署の業務が15時ごろにすべて上がり次第時間引きを行い、広岡の葬儀社にで向かって聞いてみようかと思う。おそらく、葬儀スタッフは四十九日が終わったら自宅の祭壇を撤去する考えでいるので、その段取りに関しても考えているかと思うのですが・・・・。

香典を断ったにもかかわらず、近所からも数件、姉御の会社からも1件出ているが、私の方は事務所にもその旨を伝えたことで一切受け取ってはいない。新聞にも出さなかったという事は香典などは一切受け付けない方向というものと考えるべきであるが、一般には香典は必ず必要とか、新聞には載るものであるとかいう概念が非常に根強いことも事実であり、誤った情報が満ち溢れていることも疑いようがない。口座のロックに関しても、一般には銀行や信用金庫などにそれは永遠に没収され銀行のものにされてしまう、などと解釈されているのも現実のようであり、そのために高額な生命保険に入っているのでは、という考えもあり得るのは事実である。しかし実際には保護措置であり、所定の書類を提出すれば基本的には解除可能であり、私の場合は遺言等もなく、生命保険にも一切入っていないことも判っているので、法律事務所などへの出頭はないと思われる。それが遺言が絡んだり、相続人が多くその思惑が絡んでいたり、多額な生命保険金があったりするとこじれたり厄介なこととなり、法律事務所への手続きも必要になるであろう。

2018年3月29日 (木)

忌引きも今日限り、しかし課題も・・・。

先週23日からの忌引き、今日が最終日だ。水道・ガス・NHK受信料・電力・火災保険・新聞など生活に必要なものすべては私の名義に変更し、当然、すべて私が担う事となった。世帯主の座を引き継いだのだから、当然といえよう。

しかし、親父の年金の停止と母御への遺族年金への切り替え手続き、その概要は判ったが、戸籍謄本および世帯内の住民票などが必要であり、死亡届の通知後、その反映処理にシステムの都合上、1週間前後はかかるという事で、その手続き完了待ちである。必要な書類が出揃わないと、それが出来ないですから。

さらにもう一つ問題も生じた。やはり親父の口座がすべて凍結されたという事だ。母御はこうなると永遠に没収されると考えており、新米世帯主としても重く責任を感じる。そのあたりの相談も行っており、結局忌引き1週間ではすべての解決が難しいことがわかった。そこで、こうした手続き関係の勉強も必要となり、関連のサイトなどで調べてみるなどで丸丸つぶれ、余暇などほとんどないに等しく、仕事以上に苦痛なものであることを強く実感した次第だ。ある意味、配偶者がいる世帯主以上に大変であることも強く痛感している。

その口座凍結の話だが、信金にて相談が必要という事で、本来関係者以外立ち入り禁止となっている別室に呼び出され、その場合の手続きの案内と指示を受けていたのである。まず、戸籍謄本、除籍の証明書類、相続者全員の印鑑証明、別途書類にその著名と印鑑証明で使われている実印の捺印、親父の通帳や証書、キャッシュカードなどが必要となり、これによって凍結を解除し、相続者に預金を移管された後、親父の口座を削除する、という事であった。したがって、口座凍結は永遠に金融機関側が施錠して事実上没収という事はなく(そうであれば当該金融機関は横領罪となります)、すでに口座の持ち主がいないという事で現在持ち主がいないことや、その相続すべき遺族への継承に係る重要な物件という観点から、第3者による悪用を強固に防止するために法的にも措置が義務付けられているものである、との事であったことを私は確認している。また、これは期限がなく、正当な相続者がいることが先述の書類において確認されれば解除可能という事であり、いつまでという期限はない。

また、わが家の場合は相続でもめるようなことはなく、また生命保険にも一切入っていないことも確認できたことで、他にも法律事務所・裁判所などによる手続きやそれから出される書類は必要ないようであるが、遺言等があったり、遺産相続の件で法的な処理が必要であったり、高額な生命保険金が絡んだりした場合、そうした関連の書類も必要になってくる場合があるが、わが家の場合まだこれでもいい方である。

そこで問題である。私と母御は印鑑証明の登録を済ませているのだが、姉御のそれがはっきりしていないとの事であった。そこで私が住民課に行ってその確認を申し出たところ、同じ居所であり、血縁関係があっても、世帯が別扱いで登録されているという事となると、私はそれが出来ないのである。私の世帯は私と母御だけであり、親父がすでに亡いので、私が世帯主の座を引き継いだので母御の場合でしかその確認が出来ないのである。こうなると姉御自身でその確認をし、登録をしてこないとならない。私が代理ですることも可能だが、その場合、委任状などが必要となり、私も数回住民課に顔を出す必要があり、処理が数日かかり、姉御のほうに電話あるいは手紙による意思確認も必要という事になる。あと、登録する印鑑も現品を持参のうえ、住民課で確認をしたところ、他に登録されていないのであれば支障はないとの確認も行ってきている。

そこで、印鑑証明を要しない年金の手続きから私は行う事となるが、これは書類の準備が整い次第、速やかに社会保険事務所に行ってこないとならないこととなり、無理してでも有給取得しないとならなくなる。さらに口座の件については姉御の印鑑登録の問題もあり、これは今月中にも難しいかと思われるので、しばらく間をおいてからになろうかと思う。

とにかく、四十九日が過ぎるまでは、ゲームとかレコードなどのプレイは控え、当然ゲームセンターはもちろんの事、自宅のゲーム機やスマホでのゲームも厳粛しないとならないし、ラジオかテレビ・ネットどまりで抑えようかと思う。レコードをどうしても掛けたいというならば、アイドル系とかの華美なものは避け、クラッシック系またはそれに近いようなものを静かに流すなどしないとならず、当然会合などがあっても断らないとならない。当然、車のipodも四十九日が終わるまで取り外し車でもラジオのみとし、今日金沢でサクラ開花の発表があったが、そのためのレジャー目的の行動も厳に控え、チューリップフェアも開催されるが、これも今年は無条件で厳禁としないとならなくなっており、レジャー等は光熱・衣食住などの経費を優先する必要があり、その余力がないと困難であり、当然、遠方へのレジャー目的の旅行などはもう生涯不可能と言っても当然だ。

とうとう来るべき時が来たという事で、私がこれまでいかに学生のような過ごし方をしていたかが強く思い知らされた次第だ。やはり生きていくために必要なことを優先し、レジャー関係は後回しとして、場合によってはそれを断念しないとならないであろう。

2018年3月18日 (日)

要介護者を抱えているにもかかわらずご無体な境遇

3月も半ばを過ぎ、ようやく冬の名残も薄らぎつつある。こうした中、週末には姉御が3か月ぶりに遠方に出張であり、明日深夜にならないと帰ってこない。さらに私は親父が要介護であるにもかかわらず、組合の定期大会に出ろと指示された故にやむなく昨日、午前中を母御だけ残して出る羽目となった。

姉御もいくら施設預けとはいえ、家族に要介護者がいることを理由に月1回以上の夜勤や出張・放課後の懇親会などは強固に断っては来たが、今回どうしてもという義務付けでやむなくという事となった。私なども本来なら要介護者がいるために委任状という事も強く考えたが、これ以上そうなると大会が成り立たないと言われやむなくという事となった。

母御も今や歩くのも非常につらく、それをやせ我慢して買い物とか炊事洗濯をセッセとこなしており、母御もいつ息絶えるか、親父のように要介護化するかはかない状態であり、こうであれば会合などを強固に断ることとなっても社会通念上当然ともいえる状態だ。

まあ、仕事で出張というのであればやむを得ないという同情の余地はあるが、これがレジャー目的に遠方や海外などに宿泊を伴う旅行という事であれば言語道断というのも、要介護者を家族に抱えている状況であれば社会通念上それは当然真っ当の事であることは理解できよう。

こうした中、定期大会から帰宅してすぐ、介護施設に行かないとならないこととなり、そこの料金の支払いを行ってきた。当該施設は内灘大橋を渡って、今春開校する白帆台小学校の近所であるが、自宅からは車で約15分だ。定期大会は糸田町部署で行われたが、やはり昼に終わって家まで車で1時間弱はかかる。往路は比較的朝早いので30分強で行くが、やはり休日の昼間という事で人が騒いでおり、やはり片道12キロを車で1時間前後はかかってしまう。平日であっても朝は比較的早いので30分から35分ぐらいで行くことはできるが、夕方は通勤通学ラッシュに当たり、どうしても1時間前後はかかってしまい、午後5時半帰庁であっても帰宅はどうしても夜7時近い毎日である。

それよりも自室のテレビも10年以上経過し、そろそろ電気火災などのリスクも高くなってきた。しかし現在使用中の26V型と現行の32V型を比べても、横幅はそう大きく変わらなくなってきている。こうであれば32V型にした方が得ではないか、そう思えてくる。

2018年3月 3日 (土)

晩冬雑感

3月に突入し、社会の常識では冬ではなく、春になった。しかし、まだ最低が氷点下とか、来週いっぱいは寒波が来る可能性も多分にあり、3月も上旬であることから、春というよりは「晩冬」であることは疑いようがなく、そう表現したほうが実情にも合っており的確だ。

道路交通もようやく通常の速度で走っても問題ないほどになり、2月のドカ雪がウソのように感じられるが、まだ少なくとも来週いっぱいは冬の用心は怠れないことを肝に銘じるべきだ。

車の燃費、ようやく13.5km/Lというデータが出た。やはり7.5km/Lなどという軽自動車にしてはひどすぎる数値が出たのはドカ雪による交通障害などで距離の割に大幅な時間がかかっていたことが原因のようだ。

車の燃費、届け出時にはJC08モードなどで測定し、国土交通省に届けることが自動車会社に対して義務付けられており、そうしないと市場への販売も禁じられている。しかし、これは公道を走行してでの測定ではなく、法律で定める方法にて、テストコースや測定機器上にて運転し測ったものであり、最善の状態でこれだけ走るというものではない。カタログ上にも、この数値は法で定める方法にて試験したものであり、実際の走行時には使用条件によって異なります、との注意書きがある。これを知らないで数値を信頼し、真っ赤な嘘だとかいう輩は知能が低いとしか言いようがないというのが私の正直な感想である。

実際、私のディーラーである三菱の話でも、これはその車の燃費性能の良し悪しの目安にはなるが、実際の走行時においては平均的に概ねその3分の2程度であるという。しかしこれは概ね的を得ていることは疑いようがない。

私の無様な軽自動車では燃費のチョンボがあったが、その後出された訂正値では20.6km/Lである。平均燃費は約3年間の平均をエクセルではじいたところ、12.2km/Lである。これはカタログ値の概ね60パーセント値になるが、この程度であれば通勤時に距離の割に時間がかかっている現状を考えてもほぼ正常の範疇といえよう。

私の今の部署は糸田新町の線路沿いになるが、自宅からの通勤ルートの距離はゴーグルマップでは11.5km、自家用車のオドメーターでは12.2kmである。来週いっぱいまでは冬場体制として朝6時15分ごろに家を出る参与なので、この時間であれば30分前後で行く。再来週からは夏時間という事で朝6時45分ごろに出る考えであるが、この場合でも35分前後はかかる。気象状況からももう夏場の時間に戻しても問題はないかと思うが、来週は高校入試があり、通勤時間帯はそのための送り迎えが目的の親御の車で混雑することから、来週いっぱいは冬時間という事にしている。以前、高校入試の当日、混雑で1時間10分ほどかかったことがあり、こんなアイタタ~~~~はもう御免だからだ!!!!!!!

しかし問題は帰路である。帰路は夜5時から7時の通勤通学ラッシュに当たり、糸田新町という事となると必然的に都心部をまたがざるを得ず、30~35分で行くところ概ねその1.5倍以上はかかり、早くても45~50分、遅い時は1時間以上かかることも少なくない。

そもそも、内灘というところは金沢方向にアクセスする折、車で行くには非常に割が悪いことも事実である。その背景には、北陸鉄道浅野川線が通っていること、金沢市の粟崎が直に隣接していることなどから、金沢との関連性が他のかほく市町に比べ非常に高く、通勤・通学などに係る現役世代人口のほぼ全員ともいえる8割以上が平日日中は金沢に流れているという事情がある。さらに河北潟放水路と大野川によって、新潟の古町地区と同様、隣接する金沢市粟崎地区とともに実質孤島状態のため橋に頼らざるを得ず、金沢方向への道が限られているという事が問題だ。これが通勤通学時に渋滞や混雑を引き起こし、車で行くには距離の割に時間がかかるという問題を起こしているのだ。そのためにそれが思うほど燃費が伸びない大きな原因なのである。

以前、内灘の議員が河北潟防潮水門に道路を作り、そこに橋をかけて金沢へのルートを作り、大根布・医科大方面の車はそこに流すように仕向けるという構想があった。地理的にもそれは難しくないかと思われ、そうすれば私共の通勤も10分以上早くなることは明らかであることは疑いようがなく、なぜそれをやらないのかが不思議でならないというのが正直な私の感想である。

そうであれば私が姉御と母を置いて金沢に出れば解決するかと思うが、そうしたら他に大きな問題が出るのも疑いようがない。まず、マンションなどの家賃で生活が苦しくなるという事だ。それに母御も体が悪くこっちが介護してほしいぐらいだと親父を自宅介護していた時に嘆き散らしていたほど体がひどくやっと炊事とか掃除もこなしているのが現状であり、何かあれば男である私の力を貸してほしいことも多く、これを考えればいくら通勤に距離の割に時間がかかりガソリン代もかかるなどという理由ごときでそんなことなんか絶対に出来ないというのが正直なところだ!!!!!!!!!!!

ここはそういう割の悪い地域に住んでいるからという事でこれはあきらめて風雪に耐え、何としてでも家を守っていかないとならないのは私の義務なのだ!!!!!!!!!


まもなく車検も控えており、走行距離は4万キロ近くなってきている。スノータイヤは来シーズンまで持たないようなので前半は穿きつぶす考えでいるが、車検はその状態で出してもいいとディーラーから指示があったのでそうする考えだが、後半の時期にスノータイヤを注文し、その間夏タイヤも残溝が1/3ほどなのでこれも穿きつぶし、来年2月後半に夏タイヤも発注し、次のシーズンには冬・夏とも新タイヤということになろう。

とかく、通勤通学のラッシュ時というものは、旅行ガイドとかカーナビなどで30分ほどというところであっても、その2倍から3倍の時間がかかるというのは車では当たり前だ、そう考えるべきだ。

2018年2月25日 (日)

親父の特別障害者申告と9年ぶりのipod

親父の要介護認定決定から半年近くが経過し、1月末にそれに係る特別障害者控除の申告用書類が届いており、金曜にその申告手続きを私が行ってきた。そのため部署は有給取得をやむなく行ったが、朝から役場に行き半日掛りであった。

まず、このような申告は初めてという事で、最初福祉課に相談し、詳しい方法を教えてもらったが、その後税務課に行き、親父の年金の源泉徴収票が必要とのことであり、再び自宅に戻り、母御がハッチャキになって探し、見つかったのでそれを持参し、再度税務課に行った。そうすると、これでいいのでこちらで手続きします、との事であった。やはり社会的なことに不慣れだと見たのであろう。長年独身を貫いており、それゆえに独立した収入を得ている以外は学生とあまり差がない生活を送っていたことを強く感じ、このままでは親が死んだら途方に暮れるであろう、そう思い知らされた次第だ。

さて、この申告により親父を扶養に入れることは可能か、ということだが、やはり年金が基準額を超えているとのことで、いくら要介護者とはいえそれを面倒見ている家族であってもその対象になることは難しい、とのことであるが、親父の年金から引かれている住民税や所得税などの恩恵は受けられる可能性はあるという事だ。やはり施設に入れていることでいくら介護保険があるとはいえ、自宅での老々介護よりも金が大きくかかることは否めず、少しでも公的な恩恵を受けられた方が母御も楽だからだ。

夕方、9年ぶりにipodを新調し、さっそく私の無様な車で使用している。旧型のnanoは約10年使っており、アナログ出力のヘッドホン端子は問題ないが、デジタル出力が不調であり、カーナビで認識されていてもレコードが鳴らないことが多く再度つなぎ直したりが多く、また充電が時々効かないなどの不具合も起き、バッテリー寿命も著しく縮まっていたことなどから、新調を決断したのである。

現行モデルはiphoneが主力化したため、nanoやshafuleなどの小型機は廃番となり、iphoneと筐体を共通化したtouchのみとなり、それも32GBと128GBのみとなっている。私が新調したのは128GBだ。P2250203私はこれまで貸しレコードなどの取り込みは128Kbpsで取り込んでいたが、2017年12月以降は256Kbpsで取り込んでいる。こうするとデータ量は約倍になるが、音質は128Kbpsに比べると格段に滑らかである。こうなると容量逼迫の恐れもあり、32GBよりは128GBのほうがよかろう、とのことでそうしたのである。

しかし、楽曲をipodに転送する際、一部楽曲がエラーで転送できず、再び原簿のレコード盤を探し、何枚か取り込み直したのである。しかしエンジン始動時に起きやすかったナビでは認識はしているが肝心のレコードが鳴らない、というトラブルはほとんどなくなったようであり、車以外にも高速バスなどで使用することも考えられることからも、考えられるだけの楽曲は転送済みだが、それでも容量は十分ある。800万画素カメラもあるので、いざという時は写真も可能であり、F2.4と明るいレンズであり、35ミリカメラと同等の解像力も備えている。

それはさておき、今月の3か月予報では1月に見込まれた大幅に春の訪れは遅い、というのが撤回されたようだ。3月から5月の気温経過だが、3月・5月は平年並みか高め、4月は平年並みか低めとの見通しである。今週あたりから気温は高めの日が多くなり、前代未聞の大雪もあって山間部ではここ2週間程度、雪崩の危険性は平年に比べ大幅に高いとの見通しのようだ。しかし4月が寒いようなので、サクラの開花が遅れる可能性や、満開後も長く花見が可能になる可能性も否めない。

このドカ雪で私の無様な車もいくつか破損個所があるが、そのうち前バンパーの左フェンダー付近のわずかなひび割れをバンパーパテで埋め、マニキュア式のハゲ隠し塗料を塗っておいた。P2250205バンパーパテを塗布した状態。2時間ほど待ってからサンドペーパーで研磨する。
P2250207研磨後にハゲ隠しを塗装した状態。1週間ほど乾燥させてから、粗目→中目→細目のコンパウンドで磨き、その上からクリアーのハゲ隠しを重ね塗りし、再度同様に極細のコンパウンドで磨かないとならない。

とにかくこのドカ雪は今までの人生の中で前代未聞ともいうべきであろう。もうこのような事態はないかと思うが、それでも3月10日が過ぎるまではこのような事態も起こりうることは肝に銘じておきたいものだ。夏タイヤ穿き替えも3月第2週一杯は絶対にやめておき、どんなに早くても3月第3週以降、出来れば3月第4~5週に穿き替えするのが推奨だ。私はタイヤの摩耗度が冬用も夏用もかなり来ていることからスノータイヤを7月一杯穿きつぶし、8月のお盆過ぎにはカーショップなどでスノータイヤ予約も開始するのでそこで早期予約し、その間11月半ばまで夏タイヤを穿きつぶし、アイスガード6が入荷次第組み換えし、11月半ばに穿き替え、夏用は来年の今頃から予約受付しているようなので、そこでブルーアースの軽自動車ミニバン用サイズがあるので、それを注文して組み替えてもらい、来年春以降はすべてのタイヤを新調という事になろう。

2018年2月 4日 (日)

立春と家の問題で続く紆余曲折

本日から暦の上では春になるという立春になる。しかし、昨日一昨日と寒さはやや和らぎ、初春の陽気もつかの間、今日目が覚めればまた大雪に見舞われている。明日以降も先月のような事態の多発も起こりうる状態であり、やはり気象庁の予報通り、3月半ばごろまでは大雪による交通障害や厳しい寒さが続く見込みのようである。

こうした中、私の無様な軽自動車の右前のホイールが縁石でリム縁が曲がったのである。先週末2日間、制度の大幅な改革で1時間以上早い出勤を義務付け命じられ、定時よりも1時間早く帰れることとなったが、部署のシャワーがこれでは入る余地がなく、1時間早い退庁であることから内灘の白帆台の公営銭湯に行ったときである。慣れない場所なので駐車場に入る際、右からフレームを破損したかのような轟音がしたのである。やや薄暗いので表面上は何ともなかったが、昨日朝見てみたら下の写真のようになっていたのであった。
P2040182
P2040184
そこで、近岡のカーショップに出向いたのであるが、縁だけなので空気が漏れる恐れはそれほどないが、長期的にはそこから徐々に漏れる可能性ありとのことで、ホイールを1本交換することとなり、今週末に再び近岡のカーショップに出向くこととなった。これもまだスチールホイールだからこの程度で済んだものの、これがもしアルミホイールであればホイールの曲がりだけでは済まず欠損やひび割れが起こり、空気漏れも起きその場で走行不能となっていたことであろう。

それよりも親父の介護の事だが、今週水曜にも温泉病院から話があるとのことだ。結局、施設待ちで一時入院中の田中町の病院の話によると、入所する予定だった内灘の医科大向かいの特養老人ホームの関係者も来院し様子を見たり、医師とも協議をした結果、介護だけではなく長期的な老年医学に係る医療が必要な状態であることから、特養入所しても長期的な医療が必要となると医科大に毎日通わせないとならないこととなり、また嚥下性肺炎の治療でも完治が難しく、リハビリにより介護度を下げる治療などを行ってはいるものの、嚥下機能の回復が難しく、また歩行器の使用も試みる訓練も行っては来たが、普通の食事や立って歩けるようになることもほぼ不可能に近く、介護指数は上がっても下がることは期待できず、訓練などを行ってもせいぜい現状維持ぐらいしか不可能であることが判明し、特養老人ホームの入所は難しいとの判定があり、医療型の介護施設以外に選択肢はなく、温泉病院が空き次第、そこに入所させ、最後まで看取るという方向で調整することとなったのである。特別養護老人ホームの入所期間は平均5年程度というデータが出てはいるが、死亡による退所がすべてではなく、入所中に常時重度の医療が必要になってきた場合などに医療型の介護施設に転所させたり、あるいは要介護指数が2以下に改善されたりした場合、グループホームや一般の老人ホームへの転所や、在宅介護やデイサービスへの転換を勧められ退所というケースもかなり多いらしい。特養老人ホームでは日常の訓練のほか、レクリエーション・旅行などもあり、純粋に介護を必要とする人ならば生活も可能だが、これでは常時医療を要する場合は難しいとの判断も当然であろう。

こうした事情から姉御は夜間勤務を断っているようであり、放課後の会合などへの参加も断っている状態であり、私の場合であってもやはり同じような事態であり、宿泊を伴う2日以上の旅行などの大型レジャーはもちろん困難な状態だ。たとえ日帰りであってもレジャー関連は難しい状態であり、そうであってもなるべく早く帰ってくることも必要であることからも、家にてレコードを回すとかラジオ・レンタルビデオなどで映画などというぐらいしか余暇の選択肢がないというのが現状だ。生活のための買い物とかで商店街へというのも姉御と母御が買い物中は極力留守番を余儀なくされ、結局夜に行くしかないというのが現状だ。

とにかく自宅での老々介護からは解放されているとはいえ、施設預けという事となると家族の身体的・精神的負担はなくなるものの、直接被介護者と接していないことから、命の危険や容体などの悪化、施設内で暴れるなどの事態があった場合、早朝・日中・深夜を問わず電話がかかって呼び出される可能性は自宅介護の場合に比べはるかに高くなることも事実であり、施設の使用料なども大きくなり、やはり同居家族は使えるお金や行動範囲を狭められることは自宅介護であろうと施設介護であろうと同じである。

子供の育児などは出生から概ね小学校低学年程度まで、着替えとか大小便の世話などが必要となる以降は概ね自立してくるのでめどは立つが、介護という事となるともう長くはないとはいえ、いつまで続くかわからないのも疑いようがない。高齢要介護者は身体的機能や精神年齢の低下などもあり、大きな赤ん坊を抱えていると同然であり、その家族も非常に負担がかかるものである。

2018年1月27日 (土)

前代未聞の寒波と今年の春やはり遅い

1月も終わりに近づき、大寒の最中となった。先週ほどの深い雪はなく、車がゴボるような事態はないものの、積雪が凍結しせいぜい20~30キロ時速程度しか出せない状態が多発し、やはり通勤・私用などの車は通常30分ほどのところも1~2時間かかるような事態となっている。今日も朝早くから無様なミニバン軽自動車の後部座席をすべて倒して我が家の灯油を6缶、126リッターを近所のスタンドで買い足し、ついで私の無様な軽自動車のガソリンがまだ半分弱であったが、大雪による立ち往生への対処などを考え満タン給油しておいた。その時の燃費だが、現車最悪の8.4km/Lとなってしまったのである。やはり雪道で距離の割に大幅な時間がかかり、立ち往生に近い状態などが多発したのが原因しているかと思われる。エアコンは雪や雨の場合、曇り止めのためONにはしているが、夏場の冷房と異なりそう大きなエアコン能力は要さないかと思われるのでこれが原因とは考えにくい。旧車の1500㏄コンパクトカー時代、冬期の最悪値は7.4km/Lであったことを考えると、やはり旧車との燃費の差は排気量が大幅に小さくなったとはいえ、同条件比較では約1割強程度現車が伸びているに過ぎないことがよく分かった。軽自動車とはいえ、車高の高いミニバンであること、4WDであることなどが意外と燃費が伸びないものと思われるが、海岸地帯では積雪は少ないものの、凍結の可能性は平地などに比べ非常に高く、やはり4WDは必要だ。
P1270175
P1270178
P1270177
P1270179
P1270176本日朝の自宅前。先週ほどの深い雪はないものの、根雪が凍結しており生活道路などはアイスバーン状態である。これではせいぜい20~30km毎時以上出せない状態であり、車庫内も雪が舞い入っている状態だ。フェンダー内部も氷が張り付いており、ホイールの損傷なども起きやすい状態だ。やはりスノータイヤはスチールホイールにしてよかった、改めてそう思う。

今日なども凍結などもひどく、ここ当面前代未聞の寒さが続くようなので、特に重要度の高い要件でもない限り、車で出ることは厳に控えたほうがいい状態だ。また、先日長期予報が発表されたことによると、2月一杯は今回のような寒さが続くようであり、3月前半までは今回のような事態が十分ありうるとの話だ。さらに3月から4月も寒い見通しであり、春の訪れは大幅に遅くなり、サクラの開花も平年よりは数日遅れる可能性もあるそうだ。ソ連では前代未聞の寒波が居座っており、これが日本に前代未聞の寒波がしつこい理由と思われるが、パリでもセーヌ川が氾濫して洪水状態となる、今夏であるオーストラリアなどは日中の最高気温が50度弱に達するなど、世界中で異変が起こっている状況だ。

先ほどの写真は数十分前であるが、姉御の車は老人施設から電話があったため急きょ出て行ったあとであるが、やはり要介護者がいる場合、自宅介護であろうと施設入所であろうと、同居する家族も大幅に使えるお金や行動範囲を大きく狭められるのが事実である。自宅介護では母御の心労が心配であり、施設入所はそれを回避できても、自宅で直接見ていないため何か容体の悪化とかがあれば早朝・深夜問わず施設から電話がかかってくる可能性も自宅介護の場合よりも非常にはるかに大きくなり、さらにその費用も非常にかさみ、なおさら宿泊旅行などの大型レジャーや会社などの懇親会への来場も難しくなるというのが現実だ。こうであれば自宅でレコードでも掛けるなどしか余暇の使い道がないというのが現状であり、趣味の写真はほとんど不可能であり、こうした日常記録というか、資料的なもの以外は不可能だ。

とにかく親父の容体も心配だが、もう90歳過ぎであり立って歩くことも普通の食事も無理という事となるともう長くないのは疑いようのない事実だ。葬式についても火葬のみとし、会社や学校からの香典も受け取らないという方向である。

★12:14緊急追記

先ほど、写真に姉御の車が写っていない件で、金沢市の介護型医療施設から電話があった件ですが、医科大前の特別養護老人ホームへの入所は、多数の疾病があることで継続的な高齢医学に係る医療が必要とのことで、入所不可能という事となり、その近所の医療介護施設である温泉病院への入所を手続き中とのことです。そこにおいては最後まで看取るという事としており、特別養護に比べて非常に格安であり、医療と介護も行い、介護保険も一部使えるそうであることから、その方向で行くという事となった。しかしながら、施設入所の形であるので、家族の負担はほぼないとはいえ、緊急時などには深夜・早朝・日中を問わず自宅や私や姉御のケータイに何時電話がかかってくるかわからない状況であり、宿泊を伴う大型レジャーや放課後の会社の会合などへのエントリーはやはり難しい状況となっております。

2018年1月21日 (日)

明後日以降は再び寒波、今年の春は大幅に遅く

先週などは例年ない大雪に襲われ、電車や高速バスの運休が相次ぐ、落雷で地元の老舗民放テレビ2局が映らなくなる、生活道路では実質的に通行不可能な個所が多発するなど、大パニックに見舞われた。今のところは初春の気候のようであるが、明後日ごろから再び寒波が到来し、また先週の二の前のような事態が起こることも多分に考えられる状態である。

昨日から大寒に入り、日中は日も長くなっては来たが、寒さのピークは平年であると大寒から立春の時期がそうであり、雨水の節気と時期になってようやく寒さも峠を越すというのが事実のようだ。しかし今年の長期予報では春の訪れは平年より大幅に遅いという見通しである。

こうであれば、平年なら3月第3週末か4週初めごろに夏タイヤ戻しといったところ、4週末か5週、あるいは4月頭にそれを伸ばさないとならない事態も十二分にありうる。

そこで、私はスノータイヤを前後入れ替えた。11月末から穿き出して2か月、夏タイヤ戻し穿きの3月末までちょうど半期となったので、摩耗の均一性を保ち、4駆であることからもこのほうが好ましく、そうしたのである。やはり空気圧は0.3ほど2か月間に減っており、これも矯正しておいた。5月後半には初の車検もあり、やや大掛かりな整備も必要であろう。

それよりも先週のドカ雪で前バンパーのジョイントが折れ、その止めねじも外れるという始末に。ジョイントは大工センターに売っている金具を介し、それをジョイントにビス止めをし再び止めねじを前フレームに埋め込み、金具をバンパー裏側で水中ボンドで固め、バンパーとフレームのジョイントをつないだというもので、外見上からはわからないが、下から覗いてもちょっと判らないほどであるが、潜ればビスがあるという事で分かるであろうが、下穿きのパンツと同じように外からは見えないのでこれでいいだろう。バンパーの外見上の破損ではないのでバンパー丸ごと交換というのももったいないから、この措置は正しかったであろう。

とにかく平年であっても3月の10日ごろまでは先週のようなドカ雪とか寒波の恐れも多分にあり、まだまだ予断を許さない状態であることを肝に銘じておきたいものである。まして気象関係からも今年の春の訪れは大きく遅れるという報道があるのだから、なおさらである。

2018年1月 3日 (水)

新年雑感

年明けから早いもので3日が経過した。新年の出足は大雪の予報も出されたが、確かに例年より寒い感じではあるが、思ったほど雪が多いという事はないようである。しかし、新潟以北ではかなりのようになっているらしい。

とりあえず、今年もよろしくお願いします。

今年の正月、親父が介護施設待ちの仮入院という事で、親父の介護からは解放され、母御も身体的な負担はほぼなくなってはいる。しかし施設入所のためその費用が自宅老々介護以上に大きくなる、自宅介護では本人が家にいるので容態の把握も比較的容易だが、施設入所となると早朝・昼間・深夜を問わずいつ何時電話がかかてくるかわからない可能性もかなり大きい。それゆえにやはり同居家族は行動範囲を大きく狭められ、学校や職場などでの会合や宴会なども断らざるを得ない事態がなおさら生じたり、宿泊を伴うような遠方でのレジャーもなおさら難しくなるのが現状だ。

ということで、今年は正月の料理などを大幅に簡素化し、労力と費用の軽減に取り組んでいる。今後、そうしないとわが家の死活問題にも響いてくる。暖房・光熱などは必要経費であるゆえいくら苦しくとも削られないものですから。

明日から再び仕事に入るわけであるが、数日のブランクがあると違和感も予想される。週末には約4か月ぶりにオイル交換を行わないとならないが、ディーラーは明日から営業という事なのでそれは問題ないであろう。とにかく正月も今日で終わり、そんな実感すらあまり感じないのが正直なところだ。

今年の日本海なべ祭り、場合によっては見送らざるを得ない可能性もある。仮に出向いても早めに切り上げるなどの配慮も必要であり、一眼カメラは使用頻度がかなり少なくなり、そのため電池を抜いて保管中だ。使用時には電池を入れることとなろうかと思うのだが・・・。

それゆえに、再び学生の頃のようにホームオーディオの多用が復活している状況だ。長時間の屋外でのレジャーは難しい状況になっているので当然の成り行きかも知れないが、親の介護などの問題を抱えているため、徐々に学生時代の生活に戻っていかないとならないのが現況だ。

今年は初の車検もある。アイドリングストップが効かないようになってきたので、バッテリーの寿命の可能性も考えられる。車検時の整備だけは万全にしておかないと故障や事故の引き金になりますから。

より以前の記事一覧