最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ファッション・アクセサリ

2018年4月29日 (日)

間もなく終わる四十九日と車検予約、新ビエラ

親父の月命日も過ぎ、間もなく四十九日も終わろうとしている。四十九日の法要は来週日曜午後から自宅にて、納骨は来週土曜朝早くからという段取りは決まった。それ以降、レジャー等の自粛もようやく解けるわけだが、やはり生活費をすべて私が負担するとなると今までのようにはいかず、交換レンズなどの拡充も不可能である。

こうした中、自室のテレビの老朽化を理由に、3月に予定していた新型ビエラに先週、置き換えを行った。32Vのエントリー機ではあるが、4月末にモデルチェンジ寸前とのことで展示品限りのを買い取った形だ。
P4290209
新型はエッジ式LEDによる32V、IPS液晶搭載だ。法律でHDMI以外の入出力が禁止されて以降の機種なので、HDMIしか入出力端子はなく、USBポートが取り付けられている。ARC対応なので光音響出力はなく、ARC対応のアンプであればHDMI一本で外部オーディオでの音声は出せる。

以前、光出力の場合は報道番組などのように、音響を重視しない番組の場合でもAVアンプから勝手に出力されたり、それを切るとテレビ側での操作が必要だったが、今回のはAVアンプを切ると自動的にテレビから音は出され、必要であればそこから切り替えも可能であり利便性も高い。テレビでAVアンプなどから良質の音響効果を要求される場合というのは、スポーツ・映画・音楽・アニメなどというジャンルに限られることからも、テレビ本体からの音声との切り替えが楽なのは有難い。

あと、車検の段取りも行った。来週は法要とか納骨があるために三菱に来店が出来ない、と伝えておいたら6月5日の夕方に神宮寺に預け、6月7日の夕方に仕上がる予定ということになった。その折に、今年の雪害で後方バンパーの止めネジの補修も行うようにした。例年ない大雪のため車両の破損もかなり多発したほどゆえに、今なお朝晩はストーブが必要なぐらい寒い日が続いてはいる。しかし下着類の夏物はそろそろ出し、冬物は撤去しようかと思う。ストーブの撤去と冬服のクリーニングは納骨が終わってからにしようかと思う。

2018年3月 3日 (土)

晩冬雑感

3月に突入し、社会の常識では冬ではなく、春になった。しかし、まだ最低が氷点下とか、来週いっぱいは寒波が来る可能性も多分にあり、3月も上旬であることから、春というよりは「晩冬」であることは疑いようがなく、そう表現したほうが実情にも合っており的確だ。

道路交通もようやく通常の速度で走っても問題ないほどになり、2月のドカ雪がウソのように感じられるが、まだ少なくとも来週いっぱいは冬の用心は怠れないことを肝に銘じるべきだ。

車の燃費、ようやく13.5km/Lというデータが出た。やはり7.5km/Lなどという軽自動車にしてはひどすぎる数値が出たのはドカ雪による交通障害などで距離の割に大幅な時間がかかっていたことが原因のようだ。

車の燃費、届け出時にはJC08モードなどで測定し、国土交通省に届けることが自動車会社に対して義務付けられており、そうしないと市場への販売も禁じられている。しかし、これは公道を走行してでの測定ではなく、法律で定める方法にて、テストコースや測定機器上にて運転し測ったものであり、最善の状態でこれだけ走るというものではない。カタログ上にも、この数値は法で定める方法にて試験したものであり、実際の走行時には使用条件によって異なります、との注意書きがある。これを知らないで数値を信頼し、真っ赤な嘘だとかいう輩は知能が低いとしか言いようがないというのが私の正直な感想である。

実際、私のディーラーである三菱の話でも、これはその車の燃費性能の良し悪しの目安にはなるが、実際の走行時においては平均的に概ねその3分の2程度であるという。しかしこれは概ね的を得ていることは疑いようがない。

私の無様な軽自動車では燃費のチョンボがあったが、その後出された訂正値では20.6km/Lである。平均燃費は約3年間の平均をエクセルではじいたところ、12.2km/Lである。これはカタログ値の概ね60パーセント値になるが、この程度であれば通勤時に距離の割に時間がかかっている現状を考えてもほぼ正常の範疇といえよう。

私の今の部署は糸田新町の線路沿いになるが、自宅からの通勤ルートの距離はゴーグルマップでは11.5km、自家用車のオドメーターでは12.2kmである。来週いっぱいまでは冬場体制として朝6時15分ごろに家を出る参与なので、この時間であれば30分前後で行く。再来週からは夏時間という事で朝6時45分ごろに出る考えであるが、この場合でも35分前後はかかる。気象状況からももう夏場の時間に戻しても問題はないかと思うが、来週は高校入試があり、通勤時間帯はそのための送り迎えが目的の親御の車で混雑することから、来週いっぱいは冬時間という事にしている。以前、高校入試の当日、混雑で1時間10分ほどかかったことがあり、こんなアイタタ~~~~はもう御免だからだ!!!!!!!

しかし問題は帰路である。帰路は夜5時から7時の通勤通学ラッシュに当たり、糸田新町という事となると必然的に都心部をまたがざるを得ず、30~35分で行くところ概ねその1.5倍以上はかかり、早くても45~50分、遅い時は1時間以上かかることも少なくない。

そもそも、内灘というところは金沢方向にアクセスする折、車で行くには非常に割が悪いことも事実である。その背景には、北陸鉄道浅野川線が通っていること、金沢市の粟崎が直に隣接していることなどから、金沢との関連性が他のかほく市町に比べ非常に高く、通勤・通学などに係る現役世代人口のほぼ全員ともいえる8割以上が平日日中は金沢に流れているという事情がある。さらに河北潟放水路と大野川によって、新潟の古町地区と同様、隣接する金沢市粟崎地区とともに実質孤島状態のため橋に頼らざるを得ず、金沢方向への道が限られているという事が問題だ。これが通勤通学時に渋滞や混雑を引き起こし、車で行くには距離の割に時間がかかるという問題を起こしているのだ。そのためにそれが思うほど燃費が伸びない大きな原因なのである。

以前、内灘の議員が河北潟防潮水門に道路を作り、そこに橋をかけて金沢へのルートを作り、大根布・医科大方面の車はそこに流すように仕向けるという構想があった。地理的にもそれは難しくないかと思われ、そうすれば私共の通勤も10分以上早くなることは明らかであることは疑いようがなく、なぜそれをやらないのかが不思議でならないというのが正直な私の感想である。

そうであれば私が姉御と母を置いて金沢に出れば解決するかと思うが、そうしたら他に大きな問題が出るのも疑いようがない。まず、マンションなどの家賃で生活が苦しくなるという事だ。それに母御も体が悪くこっちが介護してほしいぐらいだと親父を自宅介護していた時に嘆き散らしていたほど体がひどくやっと炊事とか掃除もこなしているのが現状であり、何かあれば男である私の力を貸してほしいことも多く、これを考えればいくら通勤に距離の割に時間がかかりガソリン代もかかるなどという理由ごときでそんなことなんか絶対に出来ないというのが正直なところだ!!!!!!!!!!!

ここはそういう割の悪い地域に住んでいるからという事でこれはあきらめて風雪に耐え、何としてでも家を守っていかないとならないのは私の義務なのだ!!!!!!!!!


まもなく車検も控えており、走行距離は4万キロ近くなってきている。スノータイヤは来シーズンまで持たないようなので前半は穿きつぶす考えでいるが、車検はその状態で出してもいいとディーラーから指示があったのでそうする考えだが、後半の時期にスノータイヤを注文し、その間夏タイヤも残溝が1/3ほどなのでこれも穿きつぶし、来年2月後半に夏タイヤも発注し、次のシーズンには冬・夏とも新タイヤということになろう。

とかく、通勤通学のラッシュ時というものは、旅行ガイドとかカーナビなどで30分ほどというところであっても、その2倍から3倍の時間がかかるというのは車では当たり前だ、そう考えるべきだ。

2017年12月10日 (日)

常用メガネのレンズ交換となおさら狭められる行動範囲

今年など12月の平均気温はかなり低く、1か月ほど季節の進行が早い感じだ。スノータイヤは先週初めに無様なスチールホイールとともに履き替えているが、今週あたりから出勤時間を20分ほど早める考えだ。冬道は何があるかわからず、4駆とは言え軽自動車で馬力がない為、雪道で発進できないとかの可能性も高く、また礼儀作法のないドライバーによる凍結などに起因する貰い事故などの可能性も高くなる。

こうした中、昨日は常用のメガネのレンズを交換した。やはり老眼の度が進み、左目の近視の度を落とすこととなった。遠近両用の場合、老眼が進んだら近視の度を落とした方が好ましい側面もある。それは側方の揺れやゆがみ・ぼやけが増大して視野が狭くなり、歩行中の躓きとか階段や段差での踏み外し、繁華街などで対向するほかの歩行者への接触や衝突も多くなるからだ。さらに運転時の危険も増大する。そこで加入度数は近用が少々つらくても入れ過ぎず、近視の度を落とす、あるいは近用重視の中近・近々などのメガネを使い分けたほうが好ましい。

それはさておき、親父を医科大の高齢医学科の医者が推奨したように、施設入所をほぼ決めたが、今なお施設が空かない状態であり、金沢市北部の介護・リハビリ施設のある病院に一時入院という形であるが、この状況では家には戻らない見込みだ。そこで、介護ベッドと車椅子を撤去した。建坪が25坪と一軒家にしては狭苦しく、世間並みの水準から大幅に見劣りする家なので少しでも広く使いたいこともありそうしたのであるが、これにより母御の負担も大きく軽減されたはいいものの、介護保険があるとはいえ自己負担分もあり、私共家族もなおさら著しく行動範囲を狭められ、余暇なども本格レジャーは難しいうえ、職場などの放課後の食事会なども断らないとならない状態は自宅で老々介護であろうと施設預けであろうと同じだ。

そこで、高校時代に多用したホームステレオの出番もこの頃多くなってきた。現在、軽自動車なので距離を走らないからといって損をすることもほとんどなく、距離を走れば走ったなりになるからだ。そのため車は通勤とか近辺への買い物とかゲームなどの気軽なレジャーでしか出番がない。ちょっと遠征なら鉄道や急行バスもあるのですし、家がこのような状態であれば宿泊を伴うような遠方などへのレジャーは不可能なので、ホームステレオを大いに活用するのはある意味正しい方向性だ。

通常ならオオハクチョウの飛来時期であり、それらの観察なども行っていたのだが、今の家の状況ではこれも難しく、引きこもりに近い生活を余儀なくされるのは当然の事であろうし、そうやって年老いた親の面倒を見ていくのはある意味社会常識上当たり前のことだ。ということで、年賀状もぎりぎりまで待とうかと思う。万一、親父が死んだとなるとそれも出来ないからだ。

2017年12月 3日 (日)

真冬の到来と親父入院から3週間

12月に入り、暦の上でも「真冬」になった。今週などは例年ない寒波が来る見込みであり、平地でも雪になる可能性がある。私は先週の今日にスノータイヤに履き替えているが、先週の強制有給消化日は親父の退院と転院手続きがあり、それにより丸1日が潰れたことや、昨日などもメガネの度が合わなくなったことで相談に行ったこともあり、先週の今日に履き替えて正解だった。この様子では昨日履き替えでもよかったのだが、師走の多忙もあることを考えるとこれで的確であったのは疑いようがない。

スノータイヤ、一昨年の秋にスチールホイールで新規に買ったものだが、これで3シーズン目になる。残溝は概ね7割程度であるが、来シーズンには買い替えということになろう。夏用タイヤもシーズン途中で履き替えとなる可能性も高い。走行距離は親父がああいう状態のためレジャー目的の行動は大きく自粛しないとならない状況にあることから以前から見れば著しく減ったものの、それでも月に1000キロは通勤が比較的遠いこともあり行く状態だ。

それはさておき、親父が特養入所までのつなぎとして金沢市北部のリハビリ介護施設のある病院に転院したが、その手続きなどのため姉御は土日とも忙しい状態であった。これもいつまで続くかわからないが、医科大の高齢医学科ということもあり、医師からは施設入所を強く勧められ、姉御はその方向で行くようにしたという。嚥下性肺炎ということもあってもう普通の食事は不可能との診断もあり、このまま意固地に老々介護を続けるとなると母御も要支援状態に相当することからこれ以上それを続けることにも問題があり、最悪私と姉御が職場を棒に振らないとならなくなることもあり、多額の金がかかっても施設に入れる方が好ましいからだ。そもそも重度の要介護者がいる状況では私や姉御の給与もすべてそちらに流れてしまってもおかしくない状況であり、介護の心労軽減だけでもメリットは大きい。しかしながら多額の出費が出るようになり、私共もレジャー目的の行動や消費は大きく制限されることからも自粛せざるを得ず、放課後の懇親会などもすべて断らざるを得ず、宿泊を伴うレジャー目的の行動も一切不可能だ。ビジネス的な出張などは仕方ないが、レジャー目的のであればこういう状況では厳に慎まないとならない。アパレル関連もつぎはぎのような状態になっても着続けていかないとならず、たとえ無様であってもヨレヨレの服装で繁華街などを歩いたり、新幹線とか高速バスなどに乗車しないとならない状態であっても当然と言える状態だ。

ところでメガネの度数だが、遠近使用時、揺れやゆがみが多く感じられるようになり、遠近両用ではもうスマホやPC、書類の解読なども困難になっており、時々段差でのつまづきとかドアなどにぶつかるという事態も多くなってきた。私はもう大型免許を返上して、深視力の義務がない現制度下の普通免許にしたのだから元の近視の度を落としてほしいと告げたが、結局左だけの度を落とし、右はいじらないこととした。乱視の度数の変動も見込まれたのでそれも言ったが、検眼の結果ではそれほど度数の変化はなく、老眼の進行によるものだと言われた始末で、結局眼鏡市場のいいなりということとなった。今週末には普段用と仕事用の遠近両用レンズを入れ替えることとなるが、これでつまづきとか揺れ・ゆがみが解決されればと思うのだが、遠近両用はその特性上、どうしても揺れ・ゆがみとか足元のふわふわ感はついて回るらしいというのだから仕方ないか、そう思う面もある。

こうした事情からも普通車をやめて軽自動車にしたことは非常に正解だった。行動範囲を大きく狭められる、非力であり音がうるさく乗り心地が悪い、大きな荷物などが不便であっても、小さいことによる感覚の分かりやすさや扱いやすさ、維持費の安さ、燃費の良さなどは老眼や難聴が進行し、親二人とも近い将来危ない状態にある身にとってはそれに替えられないといっても当然だ。

2017年9月11日 (月)

親父の処遇、デイサービスとショートステイ混在で

本日最後の夏季休暇となり、朝10時ごろ、町の福祉からケアマネージャーが来宅し、親父の容体とか家庭の状況などを配慮し、最適な方法を提案し、最終的にはその指示に従い、医科大病院向かいの施設にてデイサービスを週2回程度、1泊2日のショートステイも所々加えることとした。さらに特養入所についても2年ほどの待機状態であるが、一応入所待機の方向で大筋を固めることとなった。

先日の記事のように、親父は要介護3の要介護指数が与えられ、これで公的にも要介護者になったわけであるが、これにより大きな負担なく介護サービスが使えるばかりか、役所でも看護休暇も不正なく取得出来るばかりか、扶養控除に関しても何らかの控除を受けられる可能性もある。

これでどうにか私共も枕を高くして寝られる状態になってきたが、老々介護で基本的に家で面倒を見るというのも将来的に母御が先に倒れたりした場合、このままでは私や姉御は介護理由に会社や役所を棒に振って辞めないとならないこととなり、これをなるべく回避したい目的もある。介護理由で役所や会社を辞めた場合、社会保険からもかなり手厚い処遇を受けることも可能だが、これも永久的ではなく、そうなると私や姉御の将来にも響いてくる。私どもも生活がかかっており、姉御など新車の借金もあり、介護理由に離職というわけにもいかない。こうなると介護保険を利用し、施設入所とか通所などの手段を講じないと私ども同居人の負担も大きくなってくる。

現在、私や姉御は仕事があり、帰宅も夜6時から7時過ぎと遅く、介護などに携わっていられない所だが、そのため母御が介護に当たっており、姉御は変わって家事などを行っており、私なども時折家事や介護に携わることもあるほどだ。

とにかく通所のめどがついただけでも私どもの心身上の負担が軽減されることは確かだが、やはり昨年のように旅行券などを頂いても宿泊を伴うレジャーなどは非常に困難で難しいことは疑いようがない。せいぜい日帰りぐらいしか困難であり、何かあったらタクシーでも呼んで帰れるぐらいの距離(一般的に法人タクシーは片道300キロほどの制限があるらしい)でないと困難だ。

昼から所用があり家を出たが、途中で眼鏡市場からハンズフリーの電話がかかり、ようやく先々週に誤って踏んで壊したメガネが直ってきたという事で、取りに行った。やはり常時用のメガネでないと見えにくい。作業用はごみ収集作業用という事でレンズが傷だらけであり、これは仕事の性格上レンズに傷がつくのは致し方ない。すでに大型免許は返納したので、片目0.3、両眼で0.7以上の視力があれば引っかかることもなく、奥行き知覚の検査もない。今春からの準中型免許も高校3年生から取得可能であるが、大型・2種・けん引などと同様、奥行き知覚の検査があり、これが通らないと自動車学校の入学もできず、免許も取れない。また取得後も更新時にこれが通らないと、2種免許や準中型以上の4輪車免許・けん引免許は剥奪され、容赦なく普通免許に格下げされる。そのため、高校の教員などは視力に問題があったり、そうでなくとも体育の成績が悪い生徒に対しては準中型免許の取得を推奨しない指導を行っているようである。

奥行き知覚、正しくは深視力と呼ばれ、奥行き知覚検査機にて、3本の細く黒い棒の中央だけがかなりの速度(基準点から概ね前後15~20センチほどの距離を3秒程度)で往復しており、それを2.5メートル離れて長方形の隠し窓内にてその動向を見極めて、合ったと思うところでゲーム機のようなボタンを押すという検査で、距離感や敏捷さが正しくかつ素早く反応するかを試すのである。その基準は3回測って平均誤差が2センチ以内というのだから、かなり厳しい基準だ。視力が弱い、乱視がある、あるいは不同視(裸眼での度数差が大きい、あるいは斜視などがある)がある場合とか、そうでなくても運動能力が劣る(特に敏捷性や器用さ)場合、この検査にほとんど通らない。私もそれが理由で大型免許を返上し、普通免許としたのであるが、2トントラックはもう乗れず、1.5トントラックでも車種やグレードによっては、総重量が3.5トン以上になるものもあり、この場合は乗れない。但し乗用車であれば総重量が3.5トン未満であれば乗車定員10人以下は乗れる。

今日などもう秋になったと思って喜んでいりゃ、真夏並みの猛暑。30度越えでありしかも曇りで時々晴れ、夕方から大雨という始末だ。9月も半ばが近いのに・・・。

2017年4月29日 (土)

ストーブと冬用肌着類撤去

今年の4月、月平均ではほぼ平年並みの気温でありながら、寒暖差が大きく真冬のような肌寒さも少なくない気候だった。しかしながら来週以降、平年並みかやや高い予想が出されていることもあり、1階奥の間を除く茶の間・私の自室・姉御の自室の3台のストーブを撤去し、同時に私の冬用の肌着類を撤去した。
P4290153
P4290152
ストーブは灯油をすべて抜いて空焚きを行い、ストーブ内部の灯油をスポイドで抜き取り、ぼろでその部分を拭き、カーポート内にて半日風を通して乾かし、夕方に格納しておいた。

冬用の長袖やズボン下・グンゼブリーフは夏物のトランクスパンツやTシャツ・ランニングと入れ替えて片付ける形をとった。この後、冬用上着類のクリーニングや抜いた灯油の処分などのほか、押し入れ内の不要な食器類をリサイクルショップに持ち出すことも考えている。

平年並みの気温であればストーブ撤去は4月末前後、冬用肌着の撤去と夏用肌着の用意は4月末か5月初めに行っているが、この時期の平均気温が高い見込みであれば概ねそれより1~2週間早く、それが低い見込みであれば同様に1~2週間遅く行ってきた。5月に気温が低めの年は5月半ばになってようやく冬用肌着を撤去という年もあり、また4月の気温が高めの年なら4月20日ごろにもう夏用肌着を出すという年もあったが、今年は平均気温がほぼ平年並みという事で本日行うこととしたのである。今年の夏の気候は全体に気温は高めでありながら、寒暖差はかなり大きい見込みであり、また梅雨時は高温多雨の予想が出されてはいるが、寒暖差が大きいことから梅雨の初めに梅雨寒の出現も十分起こりうる状態だ。90過ぎで介護状態の親父は梅雨時でもストーブを焚いており、こうしたことからも1階奥の間のストーブは梅雨明け後に撤去する考えだ。

ストーブは10月下旬に、冬用肌着は10月末か11月初めに再び復活する見込みだ。但し平均気温の見込みによっては2週間前後早い(気温が低めの見込みの場合)か遅い(気温が高めの見込みの場合)場合もありうるのですが・・・・・。

2017年3月26日 (日)

迫る年度末と予断を許さない現状

3月も終わりになり、週末から4月に突入する。しかしながら、今年は冬の名残を引き春の訪れは遅い。こうした中、各官公署では人事異動が発表されており、昨日の朝刊にも教職員の異動の内示が載っていた。

こうなると、私どもの部署では明日あたりが人事異動の発表という線が有力だ。私の場合も定年まであと8年余地があり、視力の低下などを理由に今年の免許更新時には自衛隊時代の普免なしからのいきなり大型、奥行き知覚(三稈法による深視力検査)が非常に危なく、今度こそ普通免許への降格も多分に見込まれることからも運転の職変を受けないでいたが、そのために処理部門への島流しになる見込みも多分にある状態であり、予断を許さない状況だ。

現実に、前回、観音堂にて免許更新の際、奥行き知覚に引っかかり、別室に呼び出され再検査を行う始末になっている。この折にどうしても通らないなら普通免許に降格してもかまわない、と伝えておいたが、更新時に関しては試験官もなるべく下位免許への降格はさせたくない模様だ。やはり生活がかかっているとか、難易度の高い免許という事で配慮しているかと思われるが、別室では20分ほどかかり、やはり何回やっても通らない状況であったが、3回合ったら通します、とのことで飲み込んで降格は免れたが、今度こそは容赦なく降格の可能性も高い。

予断を許さないといえば親父の状況。一昨年初夏から立って歩けない状態が続いており、実質要介護3か4相当の状態にある。しかしながら家計が貧困であることや、要介護申請が面倒であることなどの理由からその申請も行っておらず、私や姉御が仕事ありという事由から老々介護という方法しかないのが現状だ。さらに施設入居となると別の問題も多く、週2回ぐらいは面会も必要であり、免許を持たない両親はそれもできず、平日なら私や姉御の車も頼れず、夜8時以降にならないと車が空かない状態だ。そうであれば介護施設の面会時間は終わっており、これも難しい。さらに要介護申請をしても施設入居を長年待たされるという事も少なくなく、もう余命も長くないことから引き続き老々介護で行くという考えだ。

こうなると最悪の場合、私か姉御のどちらかが早期退職しないとならない事態も多分にあるうえ、宿泊を伴うレジャーなども当然困難である。本日、姉御は仕事のため泊りがけであり、今日深夜でないと帰ってこないようであるが、これも要介護の家族がいれば困難にもかかわらず、仕事という事でやむなく出ているのであるが、レジャー目的の外泊は今の家の状態では非常に困難と言える。

現実に、こうした事由で早期退職というのが昨年春にあった。清掃部門から処理部門への異動であったが、異動の内示が出た直後に親が逝去(これも以前から具合が悪く、要介護状態であったらしい)し、その後の親族会議で遺産相続でもめた挙句、片親が体調不良になり要介護状態になり、そのために新転地に顔を出すことなく退職という事になっている例だ。これも親の逝去がなければ今も新転地で活躍しているであろうと思われる。母御の話でも介護事情が全国的に悪いことから、40歳代後半から60代前半までの社員等が親の介護を理由に早期退職というのが全国的に多発しているのも疑いようのない事実である。また、この世代から徴収される介護保険料が従前の約3倍に値上げされることも確定している。こうした事からもいずれにせよ予断を許さない状態に迫られているのも疑いようのない真実だ。

こうした事から、今の部門に残れるか、処理部門に島流しされるかいずれであっても、レジャー関連や耐久消費財などを大きく削っていかないとならなくなっている。そのため、今年からチューリップフェアなどの行事があっても午前半日で引き上げる、金沢市祭の観覧も昼間のパレードのみとし、踊り流しの観覧は取りやめる考えでいる。花火大会も今年からもう取りやめとし、高岡七夕だけに絞ろうかと考えている。とにかくレジャー関連を大きく削り、レコードや映画などを借りて見るとか、近間の施設でゲームなどを少々というぐらいしか困難なのも疑いようがなく、親が要介護状態であればたとえお金と時間が腐るほど余っていてもレジャー関連などに全くそれらは使えないのも疑いようがない。保険も大きく削ったのもそのためだ。最悪の場合、早期退職という事も余儀なくせざるを得ない状況ですから。

2017年3月22日 (水)

「春到来」でも冬の用心はまだしばらくは・・・。

年度末を迎え、間もなく人事異動も出されようとしている。しかしながら、今週に入ってノロウイルスとかインフルエンザによる休暇者が私の部署で多くなり、正規の乗務を外されたり、3人乗務のところが何台も2人乗務が出るなど、もうひいひいしてるも程度が過ぎた状態になっている。3月も終わりになって冬期の悪性風邪が蔓延、いったいどうなってるのだろうか。

今年など平均気温では暖冬だったとはいえ、寒暖差も大きく、平年より気温の低い日もかなりあった。ここは昨年の猛暑のツケであることは間違いないかと思うが、3月末でも寒暖差が大きく、今朝など寒さとションベンで目が覚めたほどだ。

社会常識での冬は終わったとはいえ、実際にはまだまだ冬の用心は怠れないのも疑いようがない。そもそも、汗をかきやすい屋外労働にもかかわらず、こまめに着替えない、手洗いやうがいもろくに行わない、上は冬物であっても肌着類は夏場と同じもの、という事自体が冬季性の悪性風邪を引き呼んでいるようなものだ。少なくとも上は半袖のTシャツではなく、グンゼの長袖とか、下はスカスカのトランクスではなく、グンゼのブリーフとかズボン下などを着用して防寒対策をするなども必要に感じる。女性の場合であっても高校生から40歳前ぐらいまでの大半は下は浅めのカジュアルショーツというのが多いが、ここは若年であっても冬場ぐらいはグンゼの丈長のデカパンショーツに準ずるようなものにするなどの配慮も必要だ。とにかく上ばかりでなく、下も防寒対策を十分にすることが冬場の健康管理には必要欠くべからざるものだ。4月に入っても日中はそこそこ温いものの、朝晩は冬の名残が感じられることも多く、上は春物でも下は冬物を貫くことが好ましいというものだ!
P3220144ということで、4月一杯は上下とも冬物を片付けない方が好ましく、5月の連休を過ぎてから片付けるようにしたいものだ。下の夏物(半袖Tとかスカスカトランクス、女性の場合は浅めのショーツパンティーなど)も4月終わりぐらいか5月初めぐらいから切り替え、10月末か11月頭には冬用にすることも重要であり、これが健康管理の基本であることは言うまでもない事項なのだ。また風呂には春夏より1~1.5度ほど熱めにする、そうでなければ浴槽に浸かる時間を大幅に長くするとかして、十分温もってから上がるようにすることも冬場は必要だ。

当然、冬場のレジャーで屋外に長くいる場合はカイロの複数使用も必要だ。こうした事を行うことで冬場の悪性風邪をかなりの確率で防止することが可能なのも私の経験から言わせていただきます。また口うがいばかりでなく、鼻うがいもお勧めしたいものだ。花粉症も蔓延していますから。スノータイヤも半数ぐらいの者が外して夏タイヤに移行しているようであるが、私は3月一杯スノータイヤで行く。4月1日に夏タイヤに移行する考えだ。

2016年10月30日 (日)

冬の準備と年末に向けて

今週から11月に突入し、朝晩は寒さも感じられるようになってきた。先々週末、灯油を7缶分購入し、朝晩は茶の間では先週はじめからストーブを焚いている。自室でも先週末から夕方や朝起きたときはストーブを焚いているが、11月中であれば晴天なら日中はいらないことも多いが、12月から3月いっぱいはそうもいかない。

今年など、夏は猛暑であり秋が遅く、10月に入っても寒暖差が大きく、ちょうどよい時期がなかったように感じ、時期の割に暑い日が多いかと思っていたら急に寒くなる、そんな感じだ。また、夏から中秋にかけて朝晩やその日によっての寒暖差も大きく、そのため悪性の風邪も流行っているようだ。

こうした中、昨日、夏物を完全に片づけ、肌着類は冬用に移行した。まだ11月にはならないものの、今年の年回りは今週初めにも11月になるということや、今年は11月後半以降は寒い予想もあり、早めに出したということだ。12月以降、今夏の猛暑のあおりを受け厳冬になる見込みのようであり、特に関西から西の広島・博多などで平年より大幅に気温が低い予想を出している。一方、東北や北海道では平年よりやや高めという予想が出ており、気流が地球温暖化で変わってきているのが伺える。

こうであれば、11月中頃にも年末の大掃除は行いたいところだ。12月に入ると寒くなり、大掃除となると家の窓を全館開けないとならないこともあり、これもあまり寒くならないうちにやったほうが好ましいからだ。さらにスノータイヤへの履き替えも11月最終の週末あたりに行ったほうが好ましそうだ。これも12月最初の週末ぐらいが妥当ではあるが、今年の冬は厳しい予想であれば、11月末に履き替えたほうが好ましい、そう感じるからだ。来年は4月1日が土曜になるので、3月いっぱいはスノータイヤを外さず、4月1日に履き替えればちょうどいい線である。これも3月最終の週末に行うのが妥当ではあるが、年回り的にこうなれば4月1日というのはある意味理想的な夏タイヤ移行日でもあるわけだ。ということで、今年はスノータイヤ履き替えを11月26日、夏タイヤへの履き戻しは来年4月1日に決定した。

とにかく年末になると切羽詰まるので、できれば来月中に片付け、年末はゆっくりしたいというのが私の考えであり、今の時勢、その考え方のほうがマッチしているようにも思う。昔の人であれば年末とか大みそかになって大わらわする、そういうのが多いのだが・・・。

2016年5月15日 (日)

冬物完全撤去と夏準備と日曜大工

昨日、取りに行こうと思って忘れていた私の冬物のクリーニングを取りに行ったついで、台所の戸棚の扉の補修や写真パネルの自作などのため、ホームセンター巡りを行っていたが、本日、朝からそうした家事に追われていた。まず、台所の戸棚のガラス戸のレールが破損し、開きづらくなって戸棚を買い替えようかと、母御と姉御は相談中であり、今日の朝もそれを見に家具屋に走っていた模様だが、気に召したものがなかった。そこで、ホームセンターで見つけてきたガラスレールを加工して、古いそれを取り除き、新しいレールを強力両面テープで補修し、修繕を完了した。戸棚といってもやはりウン万円はするものであり、親父の介護のため家計が苦しい我が家にとってたかが軽微な家財の不調ごときで買い替えなど非常にムダ金だというのが私の考えだ。そうであれば日曜大工センターで建材をよく探して補修、というほうがよほどスマートで賢明だ。

P5150236

P5150237これがレール換装後の模様だ。古いレールは埋め込み状態でありカッターナイフを何往復もして切除したが、その後その跡部分をマニキュア用除光液で清掃し、両面テープで張り付けての補修完了だ。古い家屋や家具は買い替えや建て替え・業者にリフォーム依頼を簡単に考えず、DIYで補修するというのも賢い選択肢だ。

あと写真用パネルの自作、これは特大の等身大ポスターのために考えたことだ。まず、画材店でA1のPOP用パネルを2枚用意し、これに透明な塩ビ製の薄いテーブルクロスを被せ、天井板用の継ぎ具を縁に噛まして製作というものだ。塩ビ部分の多少のたるみは致し方ないが、それでも日曜大工としては上出来のものとなった。
P5150235これはかなり特大のものであるが、見栄えとしては自作にしては上出来だ。これは特注で依頼すると数万円にもなるものだ(著作権に係る画像のため、モザイクを施してあります)。

そのほか、台所に扇風機も設置した。これは壁掛け式で施工は簡単であるが、年老いた母御はこれができないということでこれも私の家事だ。
P5150238今日などはさながら真夏日であり、車などエアコンなしでは走れない状態だ。こうであれば扇風機が必要なのは当然のことだ。暦の上では夏であり、日の長さも8月並みであるのは疑いようがない。

今週は結構、家事に追われたが、今週末は金曜深夜から仙台行きが待ち構えており、可能な家事は今日中に終わらせないとならない。今回の写真はXZ-1によるものだ。XZ-1、バスや電車での行動や撮影目的でないお散歩用にと5年前、オリンパスオンラインから購入したものであるが、今では芸術性を問われない資料などとしての記録や、当BLOGにアップ用の写真専用になっている。E-M5MarkIIがコンパクトカメラ並みに小型軽量であり、しかも小型軽量の高性能な10倍ズームがあり、しかも防塵防滴ということで電車利用時にも大きさや重さで苦にならないこともあり、今ではE-M5IIが主力であり、仙台行きもこの組み合わせと決めている。週間予報では北陸・東北とも晴れ時々曇りのようであるが、カンカン照りと大雨だけは勘弁してほしい。カンカン照りであれば市街地散策中は暑く、雨天であればペデストリアンデッキでの開放感あふれる歩行ができないからだ。まあ、そうであればアミューズメントにてゲーム、という手段もあるのですが・・・・。6月4日の百万石まつり非来場を決断したのも仙台行きが決まっていることもその大きな理由だが、当日、私の無様な軽自動車を1年点検に出そうか、そう考えている。別に代車なしでも土・日は大きな不自由はないですから。