最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2015年1月10日 (土)

最後の12ヶ月点検と日本海なべ祭り

本日、現車の最後の12ヶ月点検に出した。今年後半には軽自動車への乗り換えはもう強固に決まっているが、買い替え予定がある事からガタや異音などの原因となる不具合は触らないように指示し、安全上危険な個所があれば対処しろ、と文面で伝えておいた。夕方近くに携帯に伝言が入ったのを確認したら、点検が終了したとのこと。日没してしばらくした時点、神宮寺バス停から下車して三菱に向かうと、「説明があります」との事。これはどうやら危険な個所があったのか、と不安が走ったが、やはりそうだった。

それは、リアブレーキが変だ、という。ドラムブレーキ内部の錆びがひどく、ブレーキシューが戻らない状態だったというのだ。私は発進時、停止から足を離したり、サイドを戻した時にブレーキから一瞬、叩くような異音がするのはどうやらそれだった。しかししばらくするとそれはしなくなり、ほぼ正常のようだ。これは油圧の加減で気付きにくかったものと思われる。

本来なら部品交換となるところだが、間もなく新車への買い替え予定があるという事で部品交換はせず、内部の錆を落としてグリースを給脂しておいたとのことだ。しかし、時期が時期ゆえに、凍結防止剤などの多用や雨雪の影響も否めず、3月末にもう一度ブレーキの点検に来い、と言い渡された。ブレーキ交換は10万円もかかるという事で、これは間もなく買い替えという身には非常に不合理な話であり、ここは難しい判断をディーラーは迫られたらしい。まあ、丸10年15万キロという事もあり、ここまで持ったのも不思議なぐらいと言えばそうである。ということで、応急的な処置は正しい判断ではあったわけだ。次回軽自動車は、当初7月から9月の夏休み期間中の最初の平日の休暇日に商談を予定していたが、両親の状況もどうやらここ数年危ない兆しも体の動きとかの状態からも見られていることから、1日でも早く軽自動車にする必要性が非常に強まったこと、夏休み期間中にはに支払いや銀行・保険会社への手続きも親を頼らずに行えるという事もあって、来る6月13日にでも商談を行うことを固く決めた。これであっても納車は7月後半以降になろうかと思われるが、時期としては理想に近い事も疑いようがない。しかし、それ以前に致命的な不調が出た場合などは、それより早く、今の車と同様に前倒しで、という覚悟も決めている、とディーラースタッフにも話しておいたのだ。

それはさておき、車を点検に預けてから、神宮寺から久々の都市型バスで金沢駅に向かい、国鉄で日本海なべ祭りの会場に向かった。やはりどこのブースも引っ張り凧であり、人気メニューはほとんど絶望的だ。そこで、うどんと牛筋スープだけ頂いて、あとはスナップ写真をE-M1で狙う事とした。帰路は中距離高速バス、2011年式の安全・安心・信頼のメーカーである三菱ふそうの「エアロエース」であった。ダイムラーグループ共同開発の新型直6ターボエンジンで静粛性もよく、夜間走行にも最適であることが感じられた。

P1101344b

P1101356b

P1101358b

P1101362b

P1101364b

P1101367b

P1101373b

P1101375b

P1101379b

P1101388b

P1101405b

P1101407b
写真はすべてオリンパスOM-D E-M1 M.ZUIKO PRO12~40mmF2.8 屋外ISO-400/800 WB5300K クルン高岡地下街ISO-1600 WBオート。