最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 親父が入院、嚥下性肺炎の可能性 | トップページ | 早い冬の訪れとスノータイヤ、親父の今後の介護方針 »

2017年11月19日 (日)

「真冬日」と親父入院中

今週初めにはさながら12月か3月並みの気温になり、さながら「真冬日」である。毎年、11月中頃に季節外れの寒さが来ることも少なくないが、今回のはちょっと異常である。10月にも台風が多発し、梅雨明け後から今まで1日の気温差や季節間の寒暖差なども大きくなっているなど、異常気象ぶりが目立っていた。

この背景には、赤道付近の海水温が異常に高いことが原因と思われるが、火曜ごろからいったん冬型は収まるが、週末にまた冬型というらしい。先週あたり、週間予報では金沢も雪の予報が出ていたが、最新の予報ではこれは富山あたりまで何とか免れて入るが、新潟中越以北は雪の予報となっている。こうなると、12月頭のタイヤ履き替えを前倒ししようかとも考えたが、ここは12月初めまでギリギリ待つこととしよう。

親父の入院から明日で1週間になろうとしているが、嚥下性肺炎の予後は比較的順調のようであり、要介護ということで一般病棟と区別されているためか、歩行器を使ったリハビリも行っているらしい。何とか立って歩けるようにと仕向けているものと思われるが、もう90過ぎで神経がいかれていることも立って歩けない原因のようなので、完全にというのは難しいかと思われる。

こうした中、紅葉が真っ盛りであり、オオハクチョウの飛来の話も聞くが、この状態ではこうしたレジャーも困難であり、オリンパスからの新規高性能レンズなどの購入も不可能な状態だ。週末には私の車が安心点検ということで丸1日使えず、こうした機会に繁華街などへの所用を考えてはいる。車が使えないとなると郊外型の商店街とかレジャー施設は困難であり、交通の便のいい場所以外での私用は難しいからだ。次回ボーナス時にはメガネのレンズを変えることも考えている。老眼の進行もかなり来ており、乱視の度数が大きく変わった可能性もあるからだ。

« 親父が入院、嚥下性肺炎の可能性 | トップページ | 早い冬の訪れとスノータイヤ、親父の今後の介護方針 »

レジャー」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/66060820

この記事へのトラックバック一覧です: 「真冬日」と親父入院中:

« 親父が入院、嚥下性肺炎の可能性 | トップページ | 早い冬の訪れとスノータイヤ、親父の今後の介護方針 »