最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 要介護者とケータイ故障 | トップページ | 運転免許更新と年末に向けて »

2017年10月 1日 (日)

本格的な秋の到来と要介護者との紆余曲折

10月に突入し、本格的な秋の到来となった。気温的には今時分、平年では6月頭のそれとほぼ同じであるが、暑さ慣れのせいか寒さも感じる。この後、平年では5月下旬の気温へと移り変わり、今月末にはもう4月下旬の気温にまで戻る。こうなると冬用肌着類や冬服、灯油の準備も必要になってくる。

先々週から週2回程度のデイサービスに通い出したが、先週は1回だけしか行っていない。親父はバスの中でうんこが出るからとか、そういって行かないことも多かったが、体がかゆいとか言い出し、金曜日にようやく通ったという始末だ。昨日も物が落ちたとか、ラジオが聞こえんとか言って夜中に暴れ、常時監視が必要という始末だ。

こうなると毎日でも通わせるしか方法がなく、ケアマネともそのように調整し、空きが出来次第特養入所の段取りもできている。この状態ではボーリング大会は声をかけられても強固に断らざるを得ず、組合動員もちょっと相談して見合わせていただこうかと思う。部署行事なども親の介護を理由に断らないとならない事態も濃厚だ。

それにこうなると、レジャー以外の買い物なども満足にできない状態になってくる。当然、宿泊旅行とかも困難であり、せいぜい富山か福井、その近辺ぐらいで日帰りぐらいしかレジャーは不可能だ。予約制の列車やバスが使えるところであっても純粋な日帰りが可能なのは高山ぐらいしかなく、同居家族もレジャー等に大きく制限がかかっているのがわが家の現状だ。東京・大阪等はこの状態ではほとんど不可能だ。そのため、近辺での買い物以外では貸しレコードか、少々ゲームをというぐらいしかレジャーの選択肢がない状態だ。

今週には砺波でコスモス祭りが開会されるが、これも早朝に出て午前中に何とか帰らないとならないし、高速バスの予約でも純粋な日帰りが可能な高山あたり(金沢08:10発、高山16:30発があるので、日帰りは確実に可能だが、今の状態ではこれがせいぜい限界だ)しか不可能であり、いつまでこのような制約が付きまとうのかと思うと非常に窮困だ。母御も夜中に起こされて寝られない状態であり、最悪は私共が離職しないとならないこともありうる状態だ。

さらに運転免許の更新も来ており、これも来週の今日に何とかやりたい。深視力がもういくらやっても合わないことが判明したので、5月の第5水曜の有給休暇強制取得日に大型免許を自主返納したのだから、適性でまごつくことはなくなったのはなによりだ。役所から中型免許を取るように諮問されても、深視力不良では入校も受験も不可能である。これは中型のみならず、準中型や大型・けん引免許や第2種免許でも同様であり、私の場合は深視力がいくらやっても通らないことが明確なのでこれらの免許はもう取得は不可能である。

あと何年このような状態が続くかわからないが、介護というものは心労も大きく、並大抵のものではない。

« 要介護者とケータイ故障 | トップページ | 運転免許更新と年末に向けて »

オーディオ・映像機器・ラジオ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

レジャー」カテゴリの記事

公共施設」カテゴリの記事

季節・気象」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/65859365

この記事へのトラックバック一覧です: 本格的な秋の到来と要介護者との紆余曲折:

« 要介護者とケータイ故障 | トップページ | 運転免許更新と年末に向けて »