最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 要介護者を抱えてるにもかかわらずご無体な職場の処遇 | トップページ | 台風到来とWindowsのアップグレード »

2017年10月22日 (日)

時々の日帰りレジャーと母御の断捨離

10月も後半に入り、秋の深まりと同時に肌寒さも感じる。秋といえばレジャー真っ只中のシーズンでもあるが、私の今の状態ではレジャーも思うようにゆっくりできない。午前中に何とか終わらすか、せいぜい近辺の日帰りぐらいしか本格的なレジャーは難しい。

こうした中、午前中の近辺レジャーとご近所での予約制高速バスでの写真を数枚アップする。

万葉線と放生津潟

P9230002

P9230008

P9230018

P9230038

P9230053

P92300669月週末、自家用車で高岡駅西の青空駐車に車をとめ、万葉線全線を乗車、放生津潟へ。越の潟フェリーも初めて乗船。その後、21世紀の絶景である新湊大橋の歩道部分を散歩する。これにより放生津潟の開口部が長らく寸断され、車は迂回せざるを得ないという大きな悩みも消滅した。万葉線はかつて加越能鉄道が運行していたが、第3セクターの万葉線株式会社に譲渡され、今も健在であるが、新型のLRTも導入されているが、遠い将来、廃線されBRT(バス高速大量輸送システム)に置き換えられる脅威も否めない。これも午前中に引き上げということとなった。
E-M5MarkII 14~150mmF4~5.6。


夢の平コスモスウォッチング 30周年記念

Pa072963

Pa072974

Pa072980

Pa072986

Pa073017

Pa073021

Pa073030

Pa073033今年で30回を迎えるコスモスウォッチングだが、やはり要介護者がいることで早朝から朝飯なしで自家用車で向かい、朝飯はぷらっとパークにて高速のレストランでということに。開場前であったが、E-M1の電池がほとんどなく、なるべく乱写は避けたがそれでも85枚が撮れた。しかし開会式は何とか収められ、園児による風船飛ばしなども捉えることが出来た。30周年記念としてコスモス迷路も設けられた。結局は早めに手打ちそばを頂いて午前中に引き上げることに。
E-M1 12~40mmPROF2.8 60mmMACROF2.8 40~150mmPROF2.8 FISHEYE8mmF3.5(フォーサーズレンズでMMF-3マウントアダプター使用)。


ご近所でありながら高速バス予約制~白川郷

Pa210081

Pa210095

Pa210099

Pa210146

Pa210158

Pa210181

Pa210191

Pa210223

Pa210241

Pa210259

Pa21027810月第3週末、時には高速バスでということもあり、また11月には大掃除とか車の安心点検・冬物衣服の準備などで忙しく行楽系レジャーは一切不可能との考えで一足早く高地の紅葉でも、と思って座席予約を行ったが、紅葉はようやく始まったばかりということで1週間ほど早かったようであったこと、昼から一時結構な雨に祟られるなど意図しない事態もあったが、外国人観光客が多く高速バスもほぼ満席で国際色でにぎわっている。急行・高速バスであっても比較的ご近所のところは非予約制で都市路線バスと同じように整理券方式で運賃は実費もしくは当日切符を降車時に運賃箱にというのが普通だが、この路線は比較的近所なのに予約制というのが謎だが、これはやはり観光レジャーが多いことからそうなっているのかも知れない。白川郷も石川県から白山麓からマイカーでということも可能だが、落石が多く危険であることから高速バスでという手法を選んだが、今の時勢であればこれは正しい選択だ。しかし奥手のほうが繁華街のようになっており、世界遺産の合掌造りは飲食店や特産品の商店、見学型施設などとなっておりそれらが林立し、大規模な観光型レジャー施設を形成していることは想像がつかなかったというのが正直なところだ。昼からの雨にもかかわらず外国人観光客や子供連れなどが多数訪れていたことにも驚かされた。大規模な観光レジャー施設が続くのであれば満席になるのもわかるような気がする。この高速路線はこうしたことからほとんどレジャー客で占められているというのもほかの高速バス路線とは異なる異色さだ。しかし雨の中、見学型観光施設の囲炉裏の暖かさはありがたい。山頂の霧などは今回初めて遭遇した被写体であり、また9枚目の写真の観光施設内の階段は運動音痴の私にはちょっと難所でもあった。
E-M5MarkII 12~40mmPROF2.8 14~150mmF4~5.6。

新幹線や高速バス、ipodなどのヘッドホンステレオや携帯ゲーム機はぜひとも持ち歩きたいものだ。バス・列車待ちとかその道中などでは重宝しましから。但し、車内の音が聞こえる範囲に音量は控えることをお忘れなく・・・。


それよりも母御が家の断捨離をやると急に言い出し、午後から大規模なそれを行った。洋裁の内職をやっていた頃の生地も大方捨てることとし名残惜しそうだったが、体ももう動くか動かないぐらいの瀬戸際にまでなっているにもかかわらず親父の老々介護を余儀なくされており、もう裏庭の花の世話や洋裁なども出来ないことで泣く泣く大量の生地を捨てることとなり、使わない食器などもリサイクルショップに送ったり、捨てることとなった。そうしないと母御も肩や腰の痛みもひどく出し入れが出来ないからそう思いついたのである。私も来月は大掃除などもあるほか、車の安心点検などもあり、行楽レジャーは一切不可能である。私や姉御は仕事があるゆえに、週一回は施設通いとはいえ、母御の老々介護を体が悪いにもかかわらず余儀なくされている状態であれば、私共も行楽レジャーは遠方とか宿泊は非常に難しく、アップした写真のような比較的近所以外は不可能な状態だ。最悪、介護退職という事態もありうる状態ですから。来月末の土曜には車の安心点検を予約しておいたので、車の使用は当日は不可能だ。

« 要介護者を抱えてるにもかかわらずご無体な職場の処遇 | トップページ | 台風到来とWindowsのアップグレード »

オーディオ・映像機器・ラジオ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

レジャー」カテゴリの記事

世代」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

季節・気象」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/65950120

この記事へのトラックバック一覧です: 時々の日帰りレジャーと母御の断捨離:

« 要介護者を抱えてるにもかかわらずご無体な職場の処遇 | トップページ | 台風到来とWindowsのアップグレード »