最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« デイサービスから帰宅後、問題行動 | トップページ | 本格的な秋の到来と要介護者との紆余曲折 »

2017年9月24日 (日)

要介護者とケータイ故障

親父の状態、ケアマネと同居家族全員で面談・相談の結果、週1回のデイサービスという事であったが、今後平日中、余地があればほぼ毎日通わせることで同意した。しかし、満杯の事もあるので、必ず毎日という事ではないが、週3回程度は少なくとも通う事になるようだ。金曜にはその出発の様子を見守ってはいたが、10人乗り程度のリフト付きマイクロバスで来る。介助者は男性1人、女性2人でうち一人は医科大の看護学生であった。部屋から車椅子に載せ、後方のドアからリフトでマイクロバスに乗せる。ハイエースとかキャラバンぐらいの大きさで、ギリギリ普通免許で乗れる範囲だ。

一昨日は予定外のデイサービスを入れたが、それ以来親父は施設の対応が気に入ったらしく、出来れば入所させてくれとか言って暴れる。入所待機は一応やってあるが、先着順かつ、要介護指数の上位の者が優先であり、要介護3であれば入所資格は満たしているもの、先着をさしおいて優先することも難しい。要介護4とか5などの上位の指数ではそうした場合もありうるようだ。

金曜にはデイサービスの人に状況を伝えておき、水曜日にはおむつを脱いだり、トイレットペーパーを食って自殺するなどとか言って大暴れして、しかも深夜に大暴れということで隣や裏隣りの旦那や主婦が玄関を介さず、ブロックをまたいで裏の長窓から見に来た始末であったことも介護の人に言ったらしい。

あれ以来大暴れはないが、いつまた暴れるかわからない状態であり、ケアマネと老人施設の人の話では、頻繁にそうした行動があるようなら高松病院に痴呆症の診察を行った方がいいとのことであり、施設内でもそういうことがあったらそう対応する考えだ。

このような状態では常時監視が必要と言っても過言ではなく、要介護3どころか4でもおかしくないというのが正直なところだ。とにかく要介護者を抱えている場合、在宅介護であろうと、デイサービスやショートステイ、あるいは入所などの方法を取っていても、同居家族は行動範囲を大きく狭められ、旅行・スポーツなどのレジャーも難しく、特に1泊2日まるごと以上となるとほとんど不可能である。私の場合でもまだ昨年は今ほど重度ではなかったので夜行日帰りぐらいは可能であったが、今回はそれも難しく、出来ても富山とか福井程度のところが限界だ。

それはさておき、ケータイが不調に襲われた。画面がちらつくようになり、再起動後に画面がストップし、ボタンを押すと画面が出るが、ボタンの反応も遅く、ネットも遅いなどの不具合が多くなっておりもう末期症状であった。普段はほとんどかかってこない電話であるものの、要介護者を抱えている状態こそ最も携帯電話が必要なのは疑いようがない。容体によっては何時電話が自宅や介護の人からかかってくるかもわからず、状況によってはそれによって帰宅しないとならないことなどもありうる。富山・福井当たりとか、映画・展覧会・ゲームなど近間の短時間レジャーであっても何かあったら途中で抜けて帰宅ということも考えられる状態であり、親父が死ぬまで続くかと思うと非常にうんざりだというのも正直なところだ。しかし要介護者本人が最もつらいことを考えればそうも言ってられない。

ケータイ、結局機種変更も考えたが、2年前の機種ということで保守部品もあと3年あるということからもセルラーショップのスタッフは修理を勧め、結局同一機種と交換、故障品をゆうメールで送付ということで妥結し、代替機を1日借り、今日午後にセルラーショップに取りに行った。現在その環境復旧中でもある。

ケータイ、いいところよく持っても3年、一般的には2年ほどで故障が来ることも多いらしい。常時電源を入れた状態が多いのですから。しかし要介護者を抱えている状態ではその家族もケータイはたとえ掛けたり掛ってこなかったとしても絶対に必要なのは疑いようがない。母御からはもとより、介護の人からいつ掛かってきてもおかしくないですから。

明日もデイサービス行きがあるが、明日は頭の体操ということでラジオを聴く時間がるということでヘッドホンを持参するように、とのことだ、老人施設から。そのための買い足しなども急きょ休暇中にやっており、しかも夜の8時過ぎに行っているという始末だ。日中は要介護者の監視必要ということですから。

« デイサービスから帰宅後、問題行動 | トップページ | 本格的な秋の到来と要介護者との紆余曲折 »

オーディオ・映像機器・ラジオ」カテゴリの記事

公共施設」カテゴリの記事

季節・気象」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/65832370

この記事へのトラックバック一覧です: 要介護者とケータイ故障:

« デイサービスから帰宅後、問題行動 | トップページ | 本格的な秋の到来と要介護者との紆余曲折 »