最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 梅雨本格化とわが家の重篤な現況 | トップページ | Radikoのエリアフリー »

2017年7月 9日 (日)

予想通りの梅雨と夏場の高燃費

7月に入り、予想通り猛暑の梅雨となっている。九州などは甚大な大雨の打撃を受けてる一方で、東北や北海道で異例の猛暑なども起きている。北陸でも真夏日が出現し、通勤時に燃費が10Km/Lを下回る事態が生じた。通勤でない私用であっても15Km/L行くか行かないかという状態であり、軽自動車はエアコンなしの場合は比較的燃費がいいが、夏場の猛暑時のエアコン使用時には概ね20~30%も燃費が悪化することがこれで分かったようだ。

やはり排気量が小さいことで先天的に燃費が良い反面、非力なためにエアコン使用時にはエンジン出力がこれにかなり取られることで著しく燃費が悪くなる傾向のようであり、高速道路などは不向きのようだ。しかし今では家があのような状態なのでたとえ時間や金があろうとレジャー関連の行動は思うようにできず、特に宿泊を伴うレジャー行動はほとんど不可能な状態であるため、別にそれでなおさら正解だった、そういうようにも思う。やはり総合的に維持費は違いますから。

それはさておき、親父の行動も奇行が多くなってきた。普段、台所で母御が使っている携帯ラジオを食卓に置け、とぼやくようになり、それも非力なアンプで大音量で鳴らしてるのでうるさく、会話はおろかテレビもまともに聞こえない状態だ。それに茶の間の冷房を入れると体があちこち痛い、と言い出すなどもう母御も常人を逸脱したわがままにもうやつれかえっている。

これでは老人施設に入れてもほかの入所者やヘルパーにも多大な迷惑をかけかねないことは私が見てもそう感じるものであり、来月には3か月に一回の病院行きがあるが、神経科のほうで精密検査でもしていただき、もうキチガイ病院でも入院させた方がいいかと思う。これでは通常の老人施設に入れるよりはむしろ精神病院にでも入れたほうが好ましいのは私が見てもそう感じる。万一特別養護老人ホームに入れても、常人と同等に扱えない状態であり、場合によっては施設からももう見切れない、と電話がかかってくることも間違いないぐらいである。

このような状態では私や姉御も必然的に行動範囲を狭められ、せいぜい近場でのイベントとかゲームぐらいしか不可能であり、今までのようにレジャー関連の行動も思うようにできず、職場などの飲み会とか会合なども断らないとならない状態だ。要介護者を抱えているとその家族までも自由を奪われる、そんなものだ。

今月いっぱいは北陸東北は雨や曇りが多く、九州あたりは今週中が平年の梅雨明けと思われるが、それもやや遅れそうにも感じる。北陸東北は梅雨入りが10年ぶりに遅いこともあり、梅雨明けは来月持越しか、立秋を過ぎて梅雨明けなしとなる可能性も否めない。しかし8月は雨が少ないが、9月には北陸以北で雨が多い予想もあり、秋雨も長くなる可能性もある。これで梅雨明けなしとなれば、梅雨のすぐあとは秋雨、という事態もなりかねない。

« 梅雨本格化とわが家の重篤な現況 | トップページ | Radikoのエリアフリー »

季節・気象」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに書き込みます。東京地区勤務が続いていてまだまだ戻れそうにないです。会社が合併で全国組織になったので北海道から沖縄まで辞令一枚で飛ばせるようになってしまっていますから。

さて、北陸勤務のとき、実は燃費が一番良いのは夏でした。朝の通勤がやや早めで比較的涼しい時間なのと、帰宅もやや遅くて涼しくなり、どちらもエアコンなしで通えるときの話です。山側環状で信号が少なく、特に帰宅時は信号パターンを読み切っているからでしょうね。通勤時で、車の燃費計ではカタログ燃費を上回っていました。(エンジン始動し、動き出す前にリセットして到着時の数字)
理論上は気温が低い方が熱効率が良いはずですが、実際には油が柔らかくなるなど抵抗が少なくなるのでしょうね。但し、エアコンを使うとそれなりに下がってしまいます。

東京地区、湿気が金沢に比べると高いです。今朝などカメラ用防湿庫の湿度計では外部は92%と出てました。さすがに誤差が大きいようで、時計の湿度計は75%ですが、湿度が高いのは体感でわかります。こちらでは防湿庫等、湿度対策は必須ですね。

車の燃費、カタログ値は測定機器に車を載せてか、あるいはテストコースでの測定かとみられますが、実際の走行時にはそれに及ばないケースが多いかと思われます。やはり交通状況とか、エアコンによる負荷などにより、最悪はカタログ値を半分以下にまで下回る場合も少なくありません。

私の場合、一昨昨年に鳴和から西金沢に異動となり、どうしても都心部をまたがないとならず、距離の割に時間がかかるのも現状です。こうしたことも極端に燃費が悪くなる原因のように思います。私用で中距離の時などは春秋のエアコンなしで20近くまで行くことも多いですが、エアコンがフル稼働する猛暑時はそれでも15行くか行かないかというのが現状です。

今の車、旧車の1.5リッターのコンパクトカーに比べ平均で1割ほど燃費は良いのですが、エアコン使用時に相対的に燃費が悪化する率は今の車のほうが大きい感じです。やはり軽自動車という事で、排気量が小さいゆえに先天的に燃費が良いことは事実ですが、エアコンがフル稼働時などはそれにエンジン出力を大きく取られ、それが原因で燃費が大きく落ちるようです。

既に大変ご存知かと思いますが、今では親父が結構重度の介護状態にあり、そのためにレジャー関連の遠出なども思うようにできない(当然、宿泊を伴うのはほとんど困難です)状態ゆえに走行距離は2~3割ほど減ってきていますが、可能であれば鉄道とか都市間バスなどの極力利用にも努めていることもその背景かと思います。こうしたことも燃費が伸びない原因かもしれませんね。

それよりもカメラの防湿対策ですが、私はポリ袋に衣類用乾燥剤を数個封入して、クリップ式のジッパーで密閉するという手法をとっています。それでも中の湿度は40%を下回りますから、問題はないかと思いますが、定期的に乾燥剤を交換する必要もあります。金沢でも湿度はかなり高く、梅雨明け前の猛暑という異例な事態が起きているようです。今後の見通し、北陸以北は今月いっぱい雨が多いとの予想であり、9月でも同様に雨が多いようです。こうなると、梅雨明けが遅いか、立秋を過ぎれば梅雨明けなしの可能性も否めません。

こちらは初回の夏休みが月末ですが、金曜か月曜に当たって3連休でも宿泊レジャーは困難な状況です。これを利用して1回、町の福祉とかに相談に行くことも考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/65513760

この記事へのトラックバック一覧です: 予想通りの梅雨と夏場の高燃費:

« 梅雨本格化とわが家の重篤な現況 | トップページ | Radikoのエリアフリー »