最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« となみチューリップフェア、2年ぶり | トップページ | 半年ぶりの親父の散髪と入浴 »

2017年4月29日 (土)

ストーブと冬用肌着類撤去

今年の4月、月平均ではほぼ平年並みの気温でありながら、寒暖差が大きく真冬のような肌寒さも少なくない気候だった。しかしながら来週以降、平年並みかやや高い予想が出されていることもあり、1階奥の間を除く茶の間・私の自室・姉御の自室の3台のストーブを撤去し、同時に私の冬用の肌着類を撤去した。
P4290153
P4290152
ストーブは灯油をすべて抜いて空焚きを行い、ストーブ内部の灯油をスポイドで抜き取り、ぼろでその部分を拭き、カーポート内にて半日風を通して乾かし、夕方に格納しておいた。

冬用の長袖やズボン下・グンゼブリーフは夏物のトランクスパンツやTシャツ・ランニングと入れ替えて片付ける形をとった。この後、冬用上着類のクリーニングや抜いた灯油の処分などのほか、押し入れ内の不要な食器類をリサイクルショップに持ち出すことも考えている。

平年並みの気温であればストーブ撤去は4月末前後、冬用肌着の撤去と夏用肌着の用意は4月末か5月初めに行っているが、この時期の平均気温が高い見込みであれば概ねそれより1~2週間早く、それが低い見込みであれば同様に1~2週間遅く行ってきた。5月に気温が低めの年は5月半ばになってようやく冬用肌着を撤去という年もあり、また4月の気温が高めの年なら4月20日ごろにもう夏用肌着を出すという年もあったが、今年は平均気温がほぼ平年並みという事で本日行うこととしたのである。今年の夏の気候は全体に気温は高めでありながら、寒暖差はかなり大きい見込みであり、また梅雨時は高温多雨の予想が出されてはいるが、寒暖差が大きいことから梅雨の初めに梅雨寒の出現も十分起こりうる状態だ。90過ぎで介護状態の親父は梅雨時でもストーブを焚いており、こうしたことからも1階奥の間のストーブは梅雨明け後に撤去する考えだ。

ストーブは10月下旬に、冬用肌着は10月末か11月初めに再び復活する見込みだ。但し平均気温の見込みによっては2週間前後早い(気温が低めの見込みの場合)か遅い(気温が高めの見込みの場合)場合もありうるのですが・・・・・。

« となみチューリップフェア、2年ぶり | トップページ | 半年ぶりの親父の散髪と入浴 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

季節・気象」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/65212661

この記事へのトラックバック一覧です: ストーブと冬用肌着類撤去:

« となみチューリップフェア、2年ぶり | トップページ | 半年ぶりの親父の散髪と入浴 »