最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 迫る年度末と予断を許さない現状 | トップページ | 4月馬鹿に夏タイヤ履き替え »

2017年3月29日 (水)

第5水曜有給強制日と春支度

本日、第5水曜という事で仕事がなく、一部を除いて強制有給休暇という事となっている。異動の発表、やはり私の見込み通り今週月曜に行われたが、鳴和と西金沢間への異動は1人づつで、他は指導部門へ数人となった。私の場合、処理部門への島流しも多分に見込まれたものの、これは回避となった模様だ。処理部門へは鳴和の運転職種が1人ということとなったが、これは指導部門兼務であり、昨年巡回指導中に暴漢に暴行を加えられ、長期入院していたこともあり、運転職種からも数名、処理部門への希望もあったが、そのうちからこうした事態を配慮して決めたものと考えられる。これがない場合、間違いなく私が島流しになっていたこと確実であった。

それはさておき、私の無様な軽自動車からタイヤチェーンとスコッパーを降ろした。平年より春は遅いものの、もう今週末から4月ということで積雪で車が出れないことや凍結や大雪もほとんどないだろうと見てそうしたのである。さらに勤続25年祝いの宿泊券、何とかすべて使うことが出来ることとなった。現在、親が結構重度の介護状態であり、本来ならレジャー目的の宿泊など非常に困難なのも当然のことと言える状態だが、4月8日には桜が開花し、ここ3か月デジタル一眼の出番は全くなかったこともあり、この機会にでも夜桜でもゆっくり見れたらと思ってそうしたのである。まず、朝は金沢の桜を拝見しつつ、午後から富山市に向かい、富山城址のライトアップなども拝見すればと思っていたが、幸い富山城址向かいのホテルに予約が取れたのでなおよかったようだ。近くの総曲輪バス停からも金沢行きの始発が6時半ごろにあり、これで帰宅できればと思う。とかく、要介護の家族がいる場合、たとえ宿泊となっても始発の電車などで帰らないとならないからだ。そのため遠方は難しく、金沢か富山ぐらいでしか宿泊も当然無理である。

異動の発表もあり、来年度の体制や乗務割り当ても出されたことで、これでスッカリ片が付いたという感じだ。この時期、異動の発表はなるべく早く出してほしいものだ。とにかく「ハッキリ片を付けてよ」とわめき散らしたい気分なのは私共の部署の全職員が共通して持っている常識であり共通した考えであることは当然言うまでもないことだからだ。

私の場合でも親の状況によっては早期退職という事も余儀なくせざるを得ない見込みもあり、今年は免許更新の年であり今度こそは奥行き知覚に引っかかり普通免許に降格される見込みは非常に多分にある状態だ。ここはもう覚悟を決めるしかないであろう。週末の4月1日にはスノータイヤを外し、4か月ぶりの夏タイヤが復活することも確定だ。

« 迫る年度末と予断を許さない現状 | トップページ | 4月馬鹿に夏タイヤ履き替え »

レジャー」カテゴリの記事

商業・ビジネス」カテゴリの記事

季節・気象」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/65082423

この記事へのトラックバック一覧です: 第5水曜有給強制日と春支度:

« 迫る年度末と予断を許さない現状 | トップページ | 4月馬鹿に夏タイヤ履き替え »