最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月 6日 (日)

車のオイル交換と安心点検

昨日、約4か月ぶりにオイル交換を行い、ついでディーラーが推奨する安心点検も行った。安心点検というのは、法定点検が6か月から12ヶ月に緩和されたものの、三菱ディーラーでは独自に推奨する点検として行っているものだ。

かつては約3か月ごとにオイル交換を行っていたが、今では行動範囲を家庭事情から必然的に狭められたことで走行距離もやや減少したことが背景にあろうかと思われるが、車だけは必要な整備、推奨されるメインテナンスなどは怠れないものであり、家屋のリフォーム以上に比重が高いものであることは疑いようがなく、家屋のリフォームなどは二の次にしてでも行う必要があるものなのだ。

なぜ?家屋などは老朽化だけが原因で倒壊したとかいう話はほとんど聞かないが(但し、強風とか地震・その他天災による倒壊や損傷はよく聞きます)、車の場合は運転者の礼儀作法のない行為が大半の事故原因とはいえ、老朽化による劣化による事故も多いものである。多くの輩が家屋の修繕以上に車の整備などを優先し、家屋の老朽化を放置しているケースが多いのもこのためであることが伺える。実際、保険関係でも最も多く払い出されているのは自動車保険であることも事実であり、車自体も多かれ少なかれ維持費などがかさむものであり、そのために家屋の修繕までは手が回りかねるというのが大半のようだ。

私のところも家屋の修繕にかなり大金をつぎ込んではいるが、私としてはこれ以上家屋に金をかけることはないかと思う。それよりも車の維持とか整備のほうがよっぽと重要である、そう感じる。実際、家屋よりも車の事故のほうが圧倒的に起きる可能性も高く(そうはいっても火災事故はあり得ますが)、どちらかというと車優先、これはある意味正しい方向性だ。

家屋といえば今週末、年末の大掃除が待ち構えている。通常12月末近くというのが古くからの慣習ではあるものの、この時期では寒く、大掃除となると窓を全館開放する必要もあり、あまり寒くならないうちに行うのが好ましいからだ。今では昔の慣習にこだわらないという人々が多くなってきており、気候的・スケジュール的なことを考えてもこうしたほうが年末にかけての負担も軽減でき、いずれにしろ通らなければならない道である以上、11月中にやっておくのが好ましいのは疑いようがない。

今年の冬は厳冬の見込みもあり、特に関西・中国四国や九州など南の地方で寒いという予想もあり、このことからも12月初めに考えていたスノータイヤ履き替えも、今月末の週末にも行う考えだ。とにかく年末も近くなり、今からでも徐々にその段取りもしておかないと、年末にかけて過密になるので、年末はゆっくりとしていたいものだ。

2016年11月 3日 (木)

E-M1 MarkII、ほぼ入手不可能が判明 

先日、オリンパスからのメールが届き、これによると、E-M1の改良機であるE-M1 MarkIIが12月末にも発売が決定したとのことだ。像面位相差AFも大きく改良され、画素数も2000万画素に達し、フォーサーズではもうこれで限界であろうかと考えられる。高速連写やISO64までの低感度拡張、20万回の耐久性を持つシャッターなど、魅力的な新機能が多く、期待以上のものとなっている。

しかし、残念ながら、入手はほぼ不可能であることが判明した。まず、価格。オリンパスオンラインの価格では本体のみで20万円を軽く超えており、E-5の小売価格よりも高価である。これがその致命的な理由でもあるわけだ。E-M1出現時、本体はE-5よりも価格が大きく引き下げられ、そのおかげでPROレンズキットにすることも可能であった。仮に今のE-M1と変わらない価格であったとしても、現在、親父がああいう状態で、実質要介護3前後に相当するような状態ではこのようなことに金が使えないのも現状であり、以前に比べて行動範囲を余儀なく大きく狭められているのが現状であり、入手は不可能といってもいいぐらいだ。

こうした中では、長距離が不向きで非力であるが、今の家の状態であれば普通車は不適切であり、軽自動車への移行は極めて正解だったことをよけい感じるようになってきた。

あと、今月には自動車保険の更新があるが、この際、同時に生命保険の死亡保障を外し、医療や介護にかかるものだけに見直そうかと思う。そうしないと、親父の老々介護で母御のやつれもひどく、家計も貧乏どん底状態であり、私も雑費などは自由に使えず、職場の付き合いなども不可能に近い。こうであれば必然的に行動範囲を狭められるのは当然の事であり、週末も外で飯なども食えない状態だ。こうであれば保険を見直して少しでも生活が楽になるようにしないとならず、今後耐久消費財はおろか、すべてに関して大きく削減しないとならない状態に陥っているのだ。

しかし私自身もこうであればつらく、余暇となると家庭用オーディオの復活ぐらいしか手段はない状態だ。走行距離も以前から見ればやや減ってきており、週末に4か月ぶりのオイル交換になったわけだ。

また親父ばかりでなく、母御も近い将来要介護状態となると、最悪の場合役所を早期退職という選択肢も余儀なくされざるを得ない状態である。とにかく、今後は試練の生涯が待ち構えていることは疑いようがなく、一眼カメラの出番もせいぜい月1回あるかなしという状態であり、これ以上の拡充は行わないこととし、新機種もせいぜい中級機どまりという事になりそうだ。

とにかく、もう来るべき時は来ているといっても過言ではない。来週には家の年末大掃除が待ち構えており、これも12月になってからでは寒く、大掃除時に必要欠くべからずとされている全館窓の開放も困難になる。スノータイヤ交換も今月26日に執行することも固く決めておいた。今年の冬は厳冬が見込まれ、特に広島とか博多のほうで大幅に寒いという予想があり、こうであれば12月初めのタイヤ交換を11月末に前倒ししたほうが好ましいからだ。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »