最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 遅い梅雨入りと今年花火大会全面取りやめ | トップページ | 梅雨寒と表玄関とカーポートの電燈およびBSアンテナ換装計画 »

2016年6月19日 (日)

空梅雨とここ数年の車は?

先週月曜、ようやく全国的に梅雨入りした模様だが、今年もここ数年の傾向と同様、6月いっぱいはほぼ空梅雨気味のような傾向であり、アジサイの見ごろの時期は空梅雨傾向である状態がここ数年続いている。

現在、我が家は親父がああいう状況のため、週末とはいえ何があるかわからない。姉御なども不意に週末から3日間、臨時社員という立場でありながら夜勤の泊りがけを命じられることもあり、母御の買い物などに借り出されることも多いゆえ、行動範囲を狭められ、写真などのような余暇は月1回もできればいいほうだ。昨日などはそれに支障がないことで、花しょうぶ祭りとアジサイ祭りに朝から出向くことはできた。一眼カメラも1か月半ぶりであり、その間、バッテリーがなくなり日付もリセットされていたのであった。予備のバッテリーがあったので動作は問題なかったが、日付がリセットされていたということだ。

昨日、花しょうぶとアジサイが同日ということで、1日に2か所回れるということでそれぞれ別の日に行くようなガソリン代の無駄を省けるうえ、週末など何があるかわからず、そう何度もというわけにもいかず、またそう何度もというのはお金も続かないこともあり合理化をする必要は高い。昨日など完全な空梅雨であり、アジサイや花しょうぶにはむしろ不適ではあったものの、そうした中で最善の方法と場面を選ぶしかない。今週末は雨の予報ではあるが、花しょうぶ祭りが今日までであることや、何度も出向くことによるガソリンや雑費の無駄遣いの観点からこれで行わないこととしている。

P6181667

P6181768

P6181771

P6181835

P6181855頼成の森ではE-M5MarkIIと60mmマクロ、40~150mmPROレンズを使用。空梅雨ゆえにそれらしい雰囲気は損なわれたが、こうした中で最善の場所や方法を考えるしかない。

P1010534

P1010553

P1010596

P6180654

P1010590

P6180607太閤山では12~40mmと40~150mmの2本のPROレンズとE-M1が活躍した。しかし空梅雨であり雰囲気面では非常に残念だが、今年はこれで妥協しなければならないようだ。

今年の梅雨、7月以降は本格化し大雨になるようであるが、北國花火のころにはほぼ明けていることも多い。今年は北國花火は5月に予定していた金沢⇔仙台線の計画があることで取りやめたが、これに姉御の夜勤が重ならなければいいのだが、と思う。しかし日常の買い物とはいっても食料品が主体であることが多いが、現在家に袋めんとか乾麺・缶詰・パック飯なども余るほどあるので買い物に頼らず、時々は家にあるものを有効に利用すればどうかと思う。食費が1ヶ月15万円かかるとかいうものの、こうした面を配慮すればあと5万ぐらいは節減できるはずだ、そう思う。そりゃ、母御は車もなく自転車もないので雨の時などは買い物に行くことができないので多く買い込むことが多いものと思われるが、時々店屋物とかという選択肢も考えればどうか、そう思う。親父の介護でやつれているのだし、餃子やハンバーグなどは無理な手作りはやめて既製品の冷食などを利用すりゃいいのに、そう思うこともしばしばだ。こうした事情も私が普通車をこれで生涯最後として固くやめる決意をし、軽自動車にした理由なのだ。

ところでその軽自動車なのだが、ボンネット内部を見るとエアコンののぞき穴がないのである。これは欠陥である可能性もあり、昨日帰りに三菱に立ち寄ってサービス担当から詳しい話を聞いた。その概要によると次のような返答があったのである。

「エアコンののぞき穴、すなわちサイトグラスですよね。私もここ数年の車でこれは見たことがないですね。現在、多くの車は管理制御のコンピューター化が進んでおり、エアコンのガスなどの管理も内部的に行うという方向に変わってきてるようです。そこで、サイトグラスを廃止し、本来それが設置されるべき場所に圧力センサーを代替装備としており、エアコンガスの不足とか不具合を含め、エアコンのパネルなどの故障表示や警告音などで知らせるように変わってきているそうです。これによりサービスの測定機器でもエアコンガスやエアコンオイルなどの異常を調べることが可能であり、そのためサイトグラスの必要性がなくなったことがその大きな理由と思われますし、弊社のみならず、他社さんでもここ数年の新型車はこのような傾向のようです。」

そういういことだったのだ。↓
P6190254これが本来サイトグラスに位置にあった場所にある圧力センサーなのだ。これで内部的にエアコンガスなどの異常があった場合エアコンパネルの異常表示や警告音で知らせるというのだ。サイトグラスはエバポレータ上部や高圧側のホース途上にあることが多いことからもこれは間違いないようだ。
P6190249エバポレータ上部。最初、赤ペンキのねじがこれかと思っていたが、頭を磨いてもそれらしき透過がなく、単なる留ねじであることが判明した。ということはこれは欠陥車なのか、と思ったほどだ。

すなわち、これは進化の一種だったということだ。そういえば、水温計も廃止され、代替としてランプ表示になったことで、インパネは大きな速度計のみで、燃料計はマルチ液晶に統合されたデジタル式となっていたりする。こうしたことからも、サイトグラス廃止は当然の流れかもしれない。

« 遅い梅雨入りと今年花火大会全面取りやめ | トップページ | 梅雨寒と表玄関とカーポートの電燈およびBSアンテナ換装計画 »

イベント」カテゴリの記事

レジャー」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/63799748

この記事へのトラックバック一覧です: 空梅雨とここ数年の車は?:

« 遅い梅雨入りと今年花火大会全面取りやめ | トップページ | 梅雨寒と表玄関とカーポートの電燈およびBSアンテナ換装計画 »