最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 高速バス~金沢・仙台線 急遽延期 | トップページ | 車、12カ月点検 »

2016年5月19日 (木)

高速バス金沢仙台線、断腸の払い戻し

本日、武蔵が辻のJTBにて、明日夜から予定していた金沢・仙台線の払い戻しを一身上の都合により、余儀なく行った。払い戻しは往復分の全額であるが、旅行券使用ということで旅行券¥17000分とその端数は小銭での払い戻しとなった。結局、延期日程の予約もそこで行うことになるが、払い戻しの旅行券に¥2000の追加にて、再度延期日に予約という形だ。旅行券がある場合は、手数料がかかるものの、旅行会社での予約が適正な選択であるのは言うまでもない。旅行券を売却すると、額面の9割での取引となり、結局損することになるからだ。

その延期日程だが、今後の梅雨予報や長期予報の動向をみると同時に、7月から9月までの夏休み期間中に割り当てられる夏季休暇日程をみて決定する考えであるが、今のところ、共同運行事業者の宮城交通担当分が一昨年春の富山県での事故のため、運休していることで隔日運行となっている(同時に富山発・大阪発も同様の措置をとっていたが、今のところ富山発のみ運行を再開している状況です)が、万一宮城交通担当分の再開があれば、制約はかなりなくなる見込みもありうるが、今時点では7/29日金曜発、梅雨明けが伸びそうな状況であれば8/26日金曜発を有力振替日と考えている。しかし金曜からの3連休でその前日木曜が運行日である(8/5、8/19、9/2、9/16のいずれかに夏季休暇が割り当てられた)場合、あるいは月曜までの3連休がある場合で、なおかつ土曜が運行日である(8/8、8/22、9/5、9/19のいずれかに夏季休暇が割り当てられた)場合はその状況によっては、そちらにすることも考え中だ。

この場合において、毎年恒例である北國花火金沢大会・高岡七夕まつりにおいて、金沢仙台線の出発日その他の状況によっては、これらのどちらかあるいは全部を取り止める考えである。なお、金沢ゆめ街道については今回の延期において、取り止めるかどうか検討中であったが、年々魅力的なアトラクションが削られていく傾向がみられたこと、今回の延期にて雑費などの費用がかさむこと、肉体労働系の仕事であることから体を使う体育会系のレジャーは何週も続くとつらいことなどの問題もあることから、これは取り止めることを決断した。むろん、6月4日の百万石まつりも取り止めとしている。しかし太閤山のアジサイと頼成の森の花しょうぶ祭りは決行する考えだ。

なお、明後日の5/21、車を12ヶ月点検に出すことを決定した。ディーラーがかなり混んでいるようなので、午後からの対応となり、代車はなしということだ。土日であれば必ずしも車は必要でなく、バスや電車にて取りに行けばいいのですから。

« 高速バス~金沢・仙台線 急遽延期 | トップページ | 車、12カ月点検 »

イベント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駅・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/63654990

この記事へのトラックバック一覧です: 高速バス金沢仙台線、断腸の払い戻し:

« 高速バス~金沢・仙台線 急遽延期 | トップページ | 車、12カ月点検 »