最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 社会通念では「春」、でもまだしばらくは・・・。 | トップページ | 「真冬と真夏は彼岸まで」夏タイヤ換装とコウモリ騒動 »

2016年3月13日 (日)

相次ぐ情報家電の不調と組合定期大会

今年に入って、情報家電の不調が相次いでいる。2月初めにはメインPCのハード的不調が生じ、4年ぶりに組み立てを行ったが、今回、DVDビデオデッキが不調に見舞われた。先週、録画中のアニメや音楽番組を視聴中、急に画像が停止し音声も停止、5分ほどたって画面が真っ黒になり、スタート画面に戻るという事態に。どうやらHDDの故障らしい。さらにBSアンテナの給電機能にも支障が生じ、家じゅうのBSが映らない事態にもなり、ビデオデッキからアンテナを外し、テレビにつないだら解消したということだ。そこで、先週木曜、急きょ電気屋に行き、BDビデオデッキのエントリーモデルが1世代前の機種が投げ売り状態で安く売られていたので、それにしたのである。信頼の松下電器製品であり、10年2ヶ月使った旧筐体より薄く奥行きも浅く軽量であり、かつ格段に高性能化している。但し、2011年のアナログテレビ終了以降の機種については、法律でHDMI出力以外の装備が厳禁され、HDMIのみの接続になっている。そのため、今までの純粋オーディオ用のアンプには使えず、AVアンプでないと使えない。昨年、それを見込んで安物ながらAVアンプにしたことは正解だった(安物とはいえ、メーカーは放送局や映画・アニメ製作現場などのスタジオで使われているプロ用機器でも定評あるDENON製なので、音質面ではそれなりであるが)。

P3130217現行品であればエントリーモデルでも4万5千円はするが(平均的な家電量販店の相場)、一世代前であれば3万円弱で手に入った。在庫整理ということであと3台あったうちの1台だ。とはいえ、2014年モデルなので現行品に比べても大きな見劣りはなく、こういう買い方のほうが賢く非常にお得なようである。もちろん、BD録画も可能であり、写真の閲覧や通常のレコード演奏も可能だ。

それはさておき、昨日は組合の定期大会があったが、新年度以降、部署のシステムが大きく変わることなども報告されていたことから議論が難航し、通常なら13:00程度で終了するはずが14:30ごろまでかかった始末であり、ほぼ丸一日がつぶれた感じだ。今回から焼却処理施設の職変試験が廃止され、現在清掃部門の作業員や運転士を人事異動の際にそちらに回し、現在焼却施設の人員を清掃部門に交互にローテーションさせ、現在運転の資格を取っていない純粋な作業員は焼却処理部門に島流しされ、清掃部門に戻れない可能性も濃厚であり、私もそれに該当し、新年度半々にその可能性も否めない状態だ。

こうなると、路線バス運転士のような変則勤務となり、まともな土日に休みが当たらないことになる。さらに日時によっては出勤時間が変動し、80歳過ぎて今なお、体の不調をやせ我慢しながら家事をセッセとやってる母御には非常につらくなろうかと思う。家に持ってくる洗濯物は外仕事主体でなく、工場内の中仕事が主体になろうかと思われるので今よりは大幅に少なくなるかと思うが、それでも変則勤務ということで家庭も余計それなりに苦しいかと思う。

もうこの年齢から運転の青免を受けろと言われても、大型車に迫る大きさのある部署の営業車は感覚などの点で難しいのは否めない。そりゃ、若い時からトラックやバスに乗っていたとかいうのであればこの歳であってもそう困難ではないが、乗れる免許はあっても小型車しか乗っていないのだから到底無理な話である。それに私の場合、大型車の免許があるとはいえ、これは自衛隊時代に自衛隊の経営政策上、全員に取得させられたものであり、この場合は普通免許なしでいきなり取得可能であったが、そこに落とし穴があるのだ。

大型車の免許は法律改正前、20歳以上で普通免許あるいは大特免許から2年以上経過しないと取得できないが、自衛隊の場合は19歳以上でいきなりそれが可能である。今では2種免許と同様、21歳以上3年以上になったが(自衛隊の場合は20歳になれば従前同様いきなり可能)、従前の普通免許がなくいきなり、もしくは大特免許から大型の場合、更新時に奥行き知覚の適性検査が通らない場合、現行の普通免許に格下げされ、こうなるとわが部署の営業車は指導車以外乗れないことになる。私の場合もここ数年、老眼の進行で視力低下が目立ち、来年の更新時に奥行き知覚の検査が通らず通常の普通免許に格下げされる可能性も非常に高いのである。こうであれば変則勤務を覚悟しても焼却処理部門への島流しは覚悟しないとならない。

とにかく紆余曲折が多いこの頃である。今週末には無様な鉄板ホイールのスノータイヤを外し、純正アルミホイールの夏タイヤに履き替えを考えている。もういくらなんでも積雪で出られないなどというバカボンパパなことはないだろうから。

« 社会通念では「春」、でもまだしばらくは・・・。 | トップページ | 「真冬と真夏は彼岸まで」夏タイヤ換装とコウモリ騒動 »

オーディオ・映像機器・ラジオ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/63340988

この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐ情報家電の不調と組合定期大会:

« 社会通念では「春」、でもまだしばらくは・・・。 | トップページ | 「真冬と真夏は彼岸まで」夏タイヤ換装とコウモリ騒動 »