最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« メインPC、そろそろお陀仏が近くなったか?? | トップページ | intel100マザーボード、ちょっと厄介な点も・・・。 »

2016年2月 2日 (火)

メインPC、ついに問題と思われるデバイス更新を決断

今週から起こっているメインマシンの不調、結局はハードウェア的な不調の可能性が濃厚になってきた。

昨日など、Windowsの更新がないにもかかわらず準備中の表示が30分ほど継続してシャットダウンしない事態が生じ、余儀なく強制リセットを余儀なくされ、その後の再起動後もWEB閲覧中にマウスやキーボードが反応せず、1日に5回も6回もこのような事態が再起動を繰り返しても発生し、これはもうハードウェア的な問題であると断定した。

考えられる原因としては、システム領域を含むハードディスクの物理的損傷(これはチェックディスクでもSMART監視ツールでも正常と表示されるが、既に7000時間の使用時間に達し、データ保存専門のハードディスクと異なり、システム領域は常に読み書きを行っていることから、盤面やヘッドの損傷も早いものと思われ、その証拠に起動が遅くなり、ロック画面の表示が遅かったり、タスクバーアイコンの表示にやたら時間がかかるなどの事態も生じているばかりか、Windowsの起動音も起動の度に鳴ったり鳴らなかったりが起きており、実際にはHDD物理的摩耗が生じていると思われる)、あるいはマザーボードのコンデンサの劣化摩耗でCPUが正しく動かなくなった、コンピューターの中核制御装置であるチップセットの損傷、電源部の劣化で電力供給能力が低下した、これらのうちいずれかがその原因であることはほぼ間違いないと思っていいだろう。

そこで、本日、自宅より遠くなったPCパーツ店にて(勤務先からは比較的近いが)問題と思われるパーツを見積もってもらい、何とか予算に近いようなので部品をキープしてもらい、今秋土曜早朝に取りに行き、土日掛けて復旧という事となったのだ。内容は、マザーボード(GIGABYTE GA-H170-HD3)、Core i7 6700、DDR4-8GB×2(21000MhZ)、WD500GBHDD、750W ATX電源というものだ。OSは手元のWindows7を流用、それを元にWindows10の無償アップグレードを行う参与だ。

一般に5年または10000時間程度以上使用のPCで、動作が遅くなったとか、その動作がおかしくなった場合、ハードウェア的な不具合であることが濃厚であり、これは私共の役所の輩でPC自作をやってる人々の話を聞いてもほぼそうである。私のもどうやらこれに当てはまるらしい。

只今、必要データのバックアップを行っており、それが終了次第、メインのHDDは初期化して廃棄処分し、マシン解体に踏み切る考えだ。その後、残存デバイスやケースのチェックを行い、今秋土曜には組み立てに入れるように準備を行いたく考えている。その間、サブ機であるノートPCの専ら利用となるが、こういう場合にもサブ機があると非常に助かる。インターネットを頻繁に使う輩は万一に致命的不調に備える意味でも、サブ機は保険的な意味でも是非とも常備していただきたいものだ。

« メインPC、そろそろお陀仏が近くなったか?? | トップページ | intel100マザーボード、ちょっと厄介な点も・・・。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/63156802

この記事へのトラックバック一覧です: メインPC、ついに問題と思われるデバイス更新を決断:

« メインPC、そろそろお陀仏が近くなったか?? | トップページ | intel100マザーボード、ちょっと厄介な点も・・・。 »