最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 冬用タイヤ交換と御手洗の錠前原点回帰 | トップページ | 早めの大掃除とディーラーへの怒鳴り込み »

2015年11月12日 (木)

冬用下着の用意とディーラーへのクレーム

本日、車に常備の懐中電燈を新調しようと示野のオスカーに立ち寄った。そのとき気づいたのだが、現在のカーステレオの音質、純正スピーカーゆえにいくらヘッドユニットが良質であってもこんなものであろう、と思っていた。しかし、後方スピーカーの音が異常に小さく、また甘く感じていたのが正直なところであり、後方スピーカーの振動板が懐中電燈で見ても確認できず、ここにはペットボトル置き場があるので子供などがジュースなどをこぼしたことを考慮して覆っていたものと思っていた。しかしちょっと不思議に感じ、トリムをめくったところ、非常に初歩的なミスをして引き渡されたことが判明した。それは、私の車、標準仕様では前方2スピーカーであるが、4スピーカーやチューンアップツイーター付き6スピーカーはメーカーオプションあるいはディーラーオプションがグレードによって選択でき、私のは前方チューンアップツイーター付きの6スピーカーであった。その後方スピーカーが、スピーカー無し車向けの防振用のフェルト緩衝材で、スピーカーの開口部をふさいだまま取り付けてあったというのだ。

これじゃ音が悪いのも当然である。スピーカーを取り付ける場合、開口部の覆いがあればこれを削除して取り付けるのが理屈からいっても常識ではないだろうか。そこで、私はオスカーの駐車場でこれを力づくでむしり取り、スピーカーの開口部を開放したのだ。これにより、驚くほどクリアな音質になったとともに、サラウンド設定時には劇場などに近い雰囲気になり、空気感や音場感も大きく向上したわけだ。たしかに、この部分は見落としやすい部分ではあると思われるが、まだタイヤとか燈火類などのように保安基準にかかわる箇所でなかったからよかったものの、それが保安基準にかかわる部分であれば大事故につながっていたことと思う。

そこで、あさっての大掃除の時、夏用下着の撤去と冬用下着の用意を予定していたが、急きょ帰宅直後に夜なべで行い、今一段落したところであるが、深夜11時ちょっとまで作業はかかる見通しだ。

あさって午前中、大掃除前に三菱に怒鳴り込みに行くことを固く決めた。このような初歩的ミスがあっては不安も募りかねず、今後厳重にこうした事の無いようにセールスを通じて問題解消していただく考えだ。

« 冬用タイヤ交換と御手洗の錠前原点回帰 | トップページ | 早めの大掃除とディーラーへの怒鳴り込み »

オーディオ・映像機器・ラジオ」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/62665678

この記事へのトラックバック一覧です: 冬用下着の用意とディーラーへのクレーム:

« 冬用タイヤ交換と御手洗の錠前原点回帰 | トップページ | 早めの大掃除とディーラーへの怒鳴り込み »