最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 今年の夢の平、開会式も | トップページ | 水洗便器のボールタップパッキン交換と冬支度間近 »

2015年10月10日 (土)

新規軽自動車、新車時6か月点検終了

本日、新車時の6か月点検を行った。現車は6月20日納車であり、約4か月になる。本来であれば6か月または5000キロかどちらか早いほうなので、走行距離からすれば今月末か11月初めぐらいの見通しではあったものの、その時分には冬用肌着の用意と夏用肌着の撤去作業とか、冬用タイヤへの交換、自室の年末大掃除なども控えており来店が困難であることも見込まれるという事や、先日のリコールで対処前、EFIの制御プログラムのバグによる燃料噴射過多が原因と思われるエンジンオイルの汚れのひどさも確認されたことや、リコール対処後には静粛性や燃費もかなり向上したことも見られたこともあり、約500キロ弱早めではあるが、本日行うことを決断した。

本来ならば神宮寺のほうが近いが、セールスの関係上松任店購入となっていることもありあえて野々市のテクノプラザにて実施という事にした。開店時間の朝10時から概ね3時間余りの作業ではあったが、今回、エンジンオイルをはじめ、オイルフイルター、ATF、リアデフやトランスファーオイルなどもすべて無条件で交換させ、かなり高額な整備代になったものの、新車購入時のポイントがかなりありそれをすべて帳消しにして案外安上がったのは何よりだ。やはり今後長期的に乗る見込みも確実であり、使い始めが一番肝心という事ですから。今後はエンジンオイルなどは概ね4000~5000キロ、ATF・ギアオイルなどは概ね20000~30000キロを目安にやっていけばいいとの指示もあり、整備担当の話でもこれで機械的・物理的にも安定してきたようであり、状態も極めて良好であるとの所見もあった。これにてようやく慣らしも終わり、通常の稼働が可能になったのは何よりだ。

冬用タイヤについては来月第2週あたりから履き替えるつもりだ。これもなぜ早めに行うかという事であるが、スタッドレスが新品時の場合、12月に入ってからというのであればまだタイヤの慣らしも終わっておらず、積雪や凍結などの場合、少しタイヤを慣らして皮を剥いておかないと効かないからだ。そのための慣らしも1か月弱設けることで、タイヤの皮も十分剥け、慣らしも十分できていることから、雪とか凍結が降りかかっても安心だからである。これが1シーズン以上使ったタイヤというのであれば早めには履き替えせず、12月第2週あたりの履き替えという事になると思うが、やはり新品時という事で、これも使い初めの手入れが肝心だからだ。

とにかく今の車も少なくとも今後10年以上はカンカンに乗ることを固く決めており、最初の使い始めがいかに肝心かという事を実感した次第である。

« 今年の夢の平、開会式も | トップページ | 水洗便器のボールタップパッキン交換と冬支度間近 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/62450083

この記事へのトラックバック一覧です: 新規軽自動車、新車時6か月点検終了:

« 今年の夢の平、開会式も | トップページ | 水洗便器のボールタップパッキン交換と冬支度間近 »