最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 週末夏季休暇割り当てによる3連休と現車、早くもリコール | トップページ | 冬用タイヤ早期発注、あえて鉄板ホイール »

2015年9月10日 (木)

リコール対策後、燃費と静粛性が向上?

先週、私の現車が3ヶ月足らずでリコールがかかり、その対処を済ませてきたところだが、それ以降、静粛性や燃費が向上したように感じる。そのリコール対策の内容は、ガソリンタンク付近の燃料ポンプの流量不足および、燃料噴射装置の制御デバイスのソフトのバグにより、燃料噴射が過多だったことであったが、それ以降、同条件で走行中、静粛性がかなり向上したようであり、燃費も多少伸びたようだ。

今朝、私が9月30日の全員共通日を除き、夏季休暇日最終であったが、母御は不意に西念のオスカーに連れてけ、とせがむのでいやいや車を出したが、ちょい乗りに近く、かつ雨天で多湿のためエアコンを入れた状態にもかかわらず、燃費計は15Km/lをマークしていた。

結局、オスカーにはアリエールが安い、とのことで飛びついたようだが、これは粉末でなく、液状のものであり、また同製品の粉末がかつて置いてあったのがもう置いていないようである。さらにメーカーサイトでは粉末洗剤は縮小され、ジェルタイプへの置き換えが進んでおり、今まで母御が使っていたのはもうなくなっているようであった。やはり新世代の家庭での需要に対処したためと思われるが、80過ぎてもなお体が悪いのを鞭打って骨を折ってる母御には非常につらい状況だ。まして昭和の人には今の製品が非常に使いづらいのも現状だ。

とにかくリコール対策で静粛性と燃費が向上したのは何よりだ。いくら夏場とはいえ、軽自動車にしては燃費が芳しくないと思っていたら、大方の原因はこれだったのであろう。来週には冬タイヤの発注も考えているが、純正アルミが夏用に使用中なので、冬用はあえて鉄ホイールにする考えだ。冬季はホイールが傷みやすいことや、場合によってはチェーン装着の見込みもありますから。また次期の新車時6か月点検、5000Kmか6か月かの早いほうで行うことになっているが、新車の割にオイルが汚れている様子も見られ、またこれもリコールに係る噴射量過多も原因してるとも考えられるので、4500Kmあたりで行おうかと思っている。この折は、トランスファーオイルやATFの交換も行わせる予定だ。当然、オイルエレメントも必携になるであろう。

« 週末夏季休暇割り当てによる3連休と現車、早くもリコール | トップページ | 冬用タイヤ早期発注、あえて鉄板ホイール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/62255630

この記事へのトラックバック一覧です: リコール対策後、燃費と静粛性が向上?:

« 週末夏季休暇割り当てによる3連休と現車、早くもリコール | トップページ | 冬用タイヤ早期発注、あえて鉄板ホイール »