最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« E-5代替、OM-D E-M5II導入。 | トップページ | 頼成の森と太閤山~新車耐久テストを兼ねて »

2015年6月20日 (土)

新規軽自動車納車と気多大社でのお払い

本日午前中、新規軽自動車をディーラーに取りに行き、納車となった。午後自宅で昼食の後、下道をゆっくりと走行して気多大社にお祓いに向かった。片道1時間余りである。

しかし、やはり6月という事もあり、社会通俗上結婚式が多く、現場到着から1時間待たされる事に。そこで、持参したE-M5MarkIIと新10倍ズームにて試写も行い、新車納車という事で新車のショットも加えておいた。結局、人生の節目にふさわしいショットとなったようだ。軽自動車への移行と一眼レフ引退、私も年老いた事を実感させられた。

P6200030b新規軽自動車はミニバンタイプであり、今までの中で車高は最も高い。しかし幅と長さはやはり軽自動車、今までの中で最も小型だ。やはり排気量が小さいゆえに、登坂や加速時には多少非力な感じはするものの、一般道路ならば十分使える範囲だ。空間的には幅は狭いものの、頭上の空間に余裕があり、座席も高めなので思ったほど窮屈な感じはない。むしろ前のコンパクトカーのステーションワゴンの方が窮屈なぐらいだ。さらに視界の見晴らしも格段に良く、歩行者や隣り車線の後方車両などの確認も楽であり、車両の幅や長さが小さい分、取り回しも楽であり感覚も非常に判りやすい。やはり年老いて老視・難聴が進行し、運動神経や敏捷性が衰えてきた身にとってはどれだけ扱いやすいかが実感した。

運動性能ではやはり多少劣り、エンジン音も3気筒ゆえに多少うるさいが、我慢できないほどではない。しかし実用本位のユーザーであれば不満などほとんどないというのが正直な所見だ。まあ、50歳過ぎになればれっきとした年寄りなのですし、多少非力であってもちょうど良いのではないのでしょうか。これで軽自動車が女性やシニア層がコアターゲットという理由も明確に判った感じだ。

さらにバックモニターも付いており、これは狭い駐車場や初めての場所では非常に有難い。私ももう若くなく、敏捷性などが低下してきたので、こうした機能は非常に有難い。

P6200043b

P6200044bお祓いは約1時間、結婚式で混雑していたため、16時過ぎに始まった。先に所有者のお祓いから始まり、その後車両のお祓いとなった。今ではステッカーもシンプルになり、おまもりのデザインも新しくなった。気多大社での車のお祓いはこれで3回目になるが、生涯、あと1回行えばこれが本当に最後かも知れない。普通車もこれで生涯乗らないのですし、今後は生涯を閉じるまで軽自動車ということになろう。もう高齢者なのですから。

P6200045bこれが新しいDIATONEのカーナビだ。スピーカーは純正にツイーターを装着した。中・高音はまずまずだが、低音域が多少不満に感じる。しかし自然な再生音であり、車用としてはむしろ適した音質のようだ。当機種はアンプが良質なので、純正スピーカーでもそれなりに質の高い音が得られるのは有難い。帰路にアニメ映画のDVDを流してみたが、走行中でも映っているのには驚いた。既定では映らないはずなのですが・・・まあ、画面を見なければそれでいいのですから、音声もありますし。ただ、ipodの接続が多少相性問題がありそうだ。時々音声が出ないのであるが、いったんipodを接続し直せば解消する。

しかし、私はこれで社外品のホイールやスピーカーなどに付け替えるつもりはない。もうこの年になってノーマルでない社外品などの装着はバカげているし、希望ナンバーも当然しない。オーディオなどの故障等が来たらディーラーに、という方針だ。純正アルミも装着したことですし、スタッドレスはあえて鉄ホイールで考えている。冬期はホイールが傷みやすい事、チェーン装着も場合によっては見込まれるからだ。

軽自動車、やはり長距離は多少不向きな感は否めず、まして非ターボであるため、高速道路での長距離は多少つらいかと思われる。しかし片道150Km以内であればそう不満なくこなせそうだ。それ以上になれば新幹線もあるし、高速バスや旅行会社の参加型ツアーなどの利用も大いに行えばそれでいい。今後可能であれば電車・バスなどの極力利用が今の時代、強く推奨されているのですし、その方向に持っていくがよい。維持費の面でも有利なので両親とも死去して私と姉御だけになった後でも生活も楽になる事も見込まれ、今回の決断は非常に正解であったというのが正直なところだ。

さらにお祓い待ちの間に、E-M5IIと新10倍ズームでの写真を1枚紹介しよう。

P6200041b気多大社境内での一コマだ。フォーサーズレンズの18~180mmよりも解像感、発色とも格段に向上し、これが10倍ズームかと目を疑うほどの描写力だ。12~40mmPROなどには及ばないが、バス旅行とか公共交通利用時にはE-M5IIとこのレンズで十分いけそうであり、バス・電車の時は定番になりそうだ。E-M1に比べてパンチの効いた発色も魅力的であり、E-5のそれに近い感じだ。

来週から通勤時にも活躍する。来週末、早朝から新車祝いとして頼成の森と太閤山に向かう見込みだ。この場合、今回のE-M5IIとE-M1、PROレンズと2本のマクロ(マイクロフォーサーズ・フォーサーズ)も活躍しそうだ。

« E-5代替、OM-D E-M5II導入。 | トップページ | 頼成の森と太閤山~新車耐久テストを兼ねて »

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/61770358

この記事へのトラックバック一覧です: 新規軽自動車納車と気多大社でのお払い:

« E-5代替、OM-D E-M5II導入。 | トップページ | 頼成の森と太閤山~新車耐久テストを兼ねて »