最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 次期軽自動車、さらに早期乗り換えを決断 | トップページ | 扇風機用意とストーブ撤去 »

2015年5月17日 (日)

新緑とツツジ、見頃は過ぎ・・・。

今年は年回りがある意味悪い。5月には週末に悪天候も多く、今年は昨年の新マクロレンズや新超望遠ズームによる、新緑やツツジをどうしても、と考えてはいたが、見頃であるはずの5月上旬、週末は雨にたたられてそれも困難であったことから断念しようかと思っていたが、昨日、午後からは天気は持ち直すという事で決行はした。本当は今日の方がよかったのかも知れないが、明日から仕事であり、私共は肉体労働の現業職という事もあり、比較的体力を使うような余暇活動は仕事の前日であれば翌日も疲れが残ったりで、まともに働けなくなりますから、体を動かすようなレジャー活動はどうしても土曜でなければならないのである。

ということで、桜などの新緑を昨日、天候が好ましくない状態にもかかわらず決行した。サクラ満開の時に通った場所での撮影が好ましいと思い、本来なら電車若しくは急行バスでと考えていた。しかし雨のおそれもある事を考えるとそれも難しい事や、新車乗り換えをさらに1ヶ月早め、9月ごろ納車を予定していたのを7月ごろに考えていたことを、先週の両親の悪い状態からさらに1ヶ月早め、6月末から7月初めという事に決定したこともあり、車でという事になった。

今年のサクラ、兼六園と古城公園、松川沿いでそれぞれ決行したが、今回は結局、車では古城公園から松川沿いまでは渋滞などの関係で1時間以上かかる見込みから断念し、チューリップ公園に代替したのである。電車であれば普通列車であっても20分足らずで行くので決行可能であったのですが・・・。まあ、昨日程度の雨であれば電車や急行バスでもよかったのですが・・・。

P5163617bツツジもほとんど見頃は過ぎ、大半は散るか枯れるかも多くなっていた。12~40mmPRO、E-M1。

P5163618bマクロ60mmでのツツジのアップだ。フォーサーズレンズに比べてコストパフォーマンスが高く、性能も高いレンズも増えている。E-M1。

P5163636bサクラの新緑をアップで。雨という事で本当は快晴下の方が好結果ではあった。しかし水滴が効いているのもこうした天候でしか撮れないものである。マクロ60mm、E-M1。

P5163652b開放絞りのマクロ60mmだ。背景のボケ味もなかなかきれいだ。E-M1。

P5163627これは逆光から狙ったものだ。快晴であればもっと好ましい結果になったであろう。マクロ60mm、E-M1。

以上、古城公園。

P5163710b新緑の葉に虫が止まっていた。しかし開放絞りなので、被写界深度からそれが少し外れていた。40~150mmPRO、E-M1。

P5163727bチューリップフェアで鮮やかに会場を飾っていたチューリップも撤去され、このように無残になっていた。40~150mmPRO、E-M1。

P5163734bチューリップ公園内のツツジも会期中はつぼみであったものもほとんど散るか枯れるかの状態だ。しかしまともなものも少しあったので、ここは激写とした。40~150mmPRO、E-M1。

P5163739b40~150mmPROも開放絞りでの描写は非常に魅惑的なものがある。E-M1。

以上、チューリップ公園。

今回、曇天に小雨という条件下であり、開放絞り以外であればISO AUTOでも400以上、場合によっては1600~2000という数値も出現した。やはり手ブレなどの危険もあり、カメラ側が自動設定したのであろう。今週末はディーラーに次期軽自動車の発注を朝早くから行わないとならず、次回E-M1が活躍するのは百万石まつりであろうかと思われる。今年の春、どうやら週末に曇りや雨の可能性が高いようであり、晩春である百万石まつりの時期もそうなる可能性も高い。それを見込んで40~150mmをしまう際、テレコンを装着し56~210mmF4として使うように段取りもしておいた。百万石まつりには60mmマクロは不要なので、12~40mmPROと40~150mmPROの2本で行こうかと思う。しかし踊り流しは今年のような天候の状況であれば中止の可能性も濃厚だ。

それよりもZUIKO PROレンズ、魚眼のF1.8と超広角ズームのF2.8が出現した。価格的には魚眼のほうは比較的手頃であるが、広角ズームは40~150mmPROとほぼ同等の価格だ。しかも、この新レンズ2本は受注販売ということで、納期はかなりかかる見込みのようである。秋ごろに出現すると思われる300mmF4PROはおそらく、40~150mm2本分以上の高額になろうかと思われる。ということでPROレンズは2本に留めることとした。それよりも、マイクロフォーサーズ14~150mmF4~5.6、これを売却した18~180mmフォーサーズレンズの置き換えに何とか考えており、また反射望遠で300mm、F5.6程度のものがオリンパスからZUIKO PREMIUMとして、防塵防滴・AF対応で出てくれないか、そう願ってやまない。

« 次期軽自動車、さらに早期乗り換えを決断 | トップページ | 扇風機用意とストーブ撤去 »

レジャー」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

季節・気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/61602921

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑とツツジ、見頃は過ぎ・・・。:

« 次期軽自動車、さらに早期乗り換えを決断 | トップページ | 扇風機用意とストーブ撤去 »