最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ZUIKO DIGITAL 18~180mm&ポータブルナビ売却と鉄道博 | トップページ | 新緑とツツジ、見頃は過ぎ・・・。 »

2015年5月14日 (木)

次期軽自動車、さらに早期乗り換えを決断

次期新車は絶対に軽自動車、これはかねてからこの場にて散々執念深くぼやいていた理由から頑なに決めていたことであった。来月中頃に商談を行い、再来月下旬納車を目処に昨年車検終了後から計画的に検討を続けていた。

しかし、今年初めの点検でリアブレーキの部品の腐食による引きずりが特に寒い日にしばしば見られたこと(今はかなり暖かくなってきたのでそうした異常は体感しないが)もあり、その時点で時々ブレーキの点検を行う、片道100Km以上の距離の走行や高速道路の走行は厳に慎むように、新車乗り換えを早めに考えていただきたいなどの指示をディーラーから出されていたこともあり、電車やバスの極力利用にも努めてはきた(これも軽自動車にする理由でありますが)。

さらに、ここ数か月、親父の容体も急変し、今やまともに歩けず、トイレにも犬や猫のように四つんばいで歩かないと歩けない状態になっていたり、先日など、医者の予約の日になって具合が悪く医者に行けないなどと言いだして、初夏にもかかわらず寒いなどといってストーブを強く焚けなどといってガンガンに茶の間でストーブを焚くなども出ており、もう1か月以上も風呂に入っていないなどで、80過ぎても今なお家事などをセッセと休む間もなくやっている母御も親父の世話で疲れ切り、親父より早く死ぬかも知れんというのだ。こうであれば一刻を争ってまでも早急に軽自動車にしなければならない事態となり、昨日、役所を午後3時に早退し、ディーラーにオイル交換に行った際、次期新車の商談についての相談も行ってきた。さらに役所のほうにも本日朝早く、有給休暇は人員不足を理由に頭からダメだと言い渡されるケースも少なくない事態にもかかわらず、来月3日にも午後から半日だけ何とかしてもらい、その日に定期預金の解約やディーラーへの新車代金振り込みを行う事を決断し、帰宅中、ディーラーのセールスから電話があり、その事情とか商談の段取りについて綿密に協議し、来週土曜の早朝にも商談を行い成約を固める方針を強固に決定した。

今乗っている車は1500CC、5/7ナンバーのコンパクトカーのステーションワゴンであるが、今の車でも月に1200~1500Km走っているのが現状であり、ガソリン代や車検代、点検整備代や部品交換、保険・税金などを含めた総合的な維持費を概算したところ、毎月4万円は飛んでいくことになり、10年乗るとすれば車の維持費で500万も飛んでいく計算になる。まだ親が生きており、親父の年金が約17万、母御の年金も約4万ほど入っており、そうした事からも今はのうのうと普通車に乗っていられるが、親二人とも逝去した後はこれらも入らなくなり、今のような状態ではこちらの生活も困難になる事が確実であり、軽自動車にすればその維持費は半分強ぐらいに多くとも収まる見込みであり、そうでもしないと将来生き延びていくことすら難しい状況だ。それに洗濯や食事なども当然自前でやらなければならない、家の名義や火災保険の名義変更なども私が行わなければならないなども目に見えており、自分の時間などほとんどなくなってしまう事も疑いようがなく、走行距離もおそらく将来は必然的に減っていくことであろう。

非力であり長距離がきつい、高速道路や登坂・積雪時などにはつらいなど、エンジンが低性能ゆえにそうしたリスクもあるのはそれを認識し承知の上での選択ではあるが、先述のような状況であればそうした事は全て犠牲にしても合理的であることや実用本位に徹することが優先されるのは絶対的であり、また老眼や老人性難聴の進行もあり、下手をすると5年ほどで補聴器が必要になる可能性も見込まれている。また3DS、アミューズメント施設などでゲームなどのプレイ時、反応の遅れも感じられ、動体視力などの低下も自覚されるようになり、視聴覚や運動能力の低下など、老化現象も徐々に進行している。こうであれば大き目の車が使いづらい事もあり、軽自動車にする必要性を強く感じている。

さらに今でもこれは取り組んでいることであるが、趣味の写真とか、ラーメンなどの外食などの余暇活動、これにも極力的に電車・バスなどの利用にも取り組んでおり、土日などで夜行日帰りなどで気に召したところがあれば、旅行社の会員募集型の旅行商品の利用も考えたりなど、こうした方向性をさらに推し進めていく考えであれば、長距離が不向きであるなどは大きな欠点にならず、普通車よりは軽自動車にした方が正解であるのも疑いようがない。

まあ、北陸近辺程度ならば軽自動車でも不満なく対処可能であり、それ以上というのであれば新幹線あるいは特急・高速バスという手段もあるのだから、今回の決断は極めて正解だ。

来週土曜にも成約というのであれば、納車は来月下旬から7月上旬との事になるとの話だ。今回、メーカーオプションはアルミホイールがあるが、オーディオの新調やフォグランプ・ドアエッジガードやマットガード・ナンバー枠やバイザーなど、ディーラーオプションも比較的多くなる見込みであり、今の車と同額の出費になる。しかし維持費の面などを考えれば有利である事は言うまでもない。メーカー出荷はおそらく来月の第3週後半か第4週はじめぐらいが有力だが、その後ディーラーオプションの装着などに約1週間程度、納車は来月末か再来月はじめぐらいになる見込みだ。早ければ6月第5週の出勤、遅くとも7月第1週の月曜あたりの出勤から軽自動車になることであろう。

« ZUIKO DIGITAL 18~180mm&ポータブルナビ売却と鉄道博 | トップページ | 新緑とツツジ、見頃は過ぎ・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/61589234

この記事へのトラックバック一覧です: 次期軽自動車、さらに早期乗り換えを決断:

« ZUIKO DIGITAL 18~180mm&ポータブルナビ売却と鉄道博 | トップページ | 新緑とツツジ、見頃は過ぎ・・・。 »