最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 永久に終わらない4月と物置の新調 | トップページ | 偶然の第5週水曜祭日と冬物肌着類の撤去 »

2015年4月26日 (日)

今年のチューリップフェアと選挙の当たり年

今年の4月、例年より寒い事や新車乗り換えの予定があと3か月後にあることもあり、永遠に終わらないように長く感じたのが正直なところであった。しかし先週半ばごろから初夏のような陽気に恵まれ、ようやく今週から5月なのか、そう思えてならない。

こうした中、2015年のチューリップフェア、今年は魚眼レンズは携行しなかったが、昨年は同じE-M1でもアダプター噛ましのフォーサーズレンズだったが、今年は全てマイクロフォーサーズ高性能レンズで勝負という事になった。北陸新幹線開業で例年以上の混雑が見込まれることや駐車場が逼迫して入れない可能性を見込んで朝早くから出たが、今回、車のブレーキの異常を三菱から最後の12点で告げられているので、電車あるいは都市間高速バスにしようか迷ったが、結局、交換レンズも複数ある事もあり車で、という事になった。ブレーキが戻らず引きずる、これは寒い時期には12点終了後も多少感じたが、温かくなるとそのような異常が体感しないので、片道100キロメートルを超えない範囲で高速道路は通行しないのであれば問題ないとの判断で車にしたのである。

私の場合、フェア開始週の土曜とほぼ決めている。毎年この週の土曜に、プリンセスチューリップの表彰式があるからだ。今年は通常の入口である正門が閉鎖され、国道寄りにメインゲートが設置されており、また演出も例年とは異なった趣向が見られたりなど、奥の深い大会となったようだ。新幹線開業もありミニ新幹線も場内を走るなど、これも大きな意味で節目となる大会であったのは疑いようがない。今回、29枚の写真を公開するが、枚数が多いのでリソース逼迫が見込まれることから、画質は最低に抑えて公開することとしたのでご理解願いたい。

P4253169b例年ならここが正面ゲートの筈だが、今回はここが閉鎖されている。会場演出上の都合なのであろう。12~40mmPRO、F8、1/200、ISO-200。

P4253170b今年のゲートは先ほどの場所よりも国道寄りになっていた。12~40mmPRO、F8、1/800、ISO-200。

P4253186bフェアでしか召し上がれないチューリップの花弁を練り込んだソフトクリームだ。12~40mmPRO、F2.8、1/8000、ISO-160。

P4253193b場内にミニ新幹線駅も設置されていた。12~40mmPRO、F8、1/800、ISO-200。

P4253207b今回は全てマイクロフォーサーズの高性能レンズシリーズを使用。フォーサーズレンズに比べて先進的なレンズも増え、フランジバックが短い分、高性能レンズも比較的低コストで作りやすい事が感じられた。12~40mmPRO、F2.8、1/4000、ISO-200。

P4253218bズームレンズでありながら、ヘタな単焦点レンズをはるかに凌ぐ描写性能があり、フォーサーズレンズでこの性能となるとカメラ本体以上の高額になってしまう。やはりミラーレスならではのメリットのようだ。12~40mmPRO、F2.8、1/5000、ISO-200。

P4253225bこの手の被写体、F2.8を超える明るいレンズであれば開放絞りで撮る方が出来栄えがいいのは疑いようのない事実だ。12~40mmPRO、F2.8、1/4000、ISO-200。

P4253250bお待ちかねのプリンセスチューリップ表彰式だ。赤のユニフォームは2014年度のメンバーだ。表彰式の一言では号泣してしまう子もいたほどだ。40~150mmPRO、F8、1/320、ISO200、+0.7EV。

P4253358b最後にミニ撮影会もあった。黄色のユニフォームは2015年度新メンバーだ。ここでは新レンズの40~150mmF2.8PROがその性能を遺憾なく発揮してくれた。F6.3、1/500、ISO-200、+0.7EV。

P4253398b650種の花壇は新マクロレンズ、60mmF2.8PREMIUMマクロの独壇場だ。これはホワイトハートという品種だ。F2.8、1/8000、ISO-160。

P4253402bオレンジエンペラー。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/4000、ISO-200。

P4253425bバラードホワイト。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/8000、ISO-200。

P4253438bバラード。60mmPREMIUMマクロ、F11、1/320、ISO-200。

P4253461bスゥイーティ。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/2500、ISO-200。

P4253470bはちみつミルク。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/2500、ISO-200。

P4253505bアウトブレイク。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/4000、ISO-200。

P4253519bインベーダー。60mmPREMIUMマクロ、F2.8、1/2000、ISO-200。

P4253528bチューリップ四季彩館では北陸新幹線開業にまつわる展示もあった。12~40mmPRO、F8、1/60、ISO-800。

P4253545b夢花壇コーナーも力作が目立っていた。中でも新幹線に纏わったこの作品が一番に感じた。12~40mmPRO、F8、1/160、ISO-200。

P4253562b美術館前のデコレーションパネルは誠意で製作中。妖怪ウォッチも子供から大人まで大人気のようだ。12~40mmPRO、F5.6、1/200、ISO-200。

P4253576b今年の会場演出は例年とは異なった趣向が各所で見られた。12~40mmPRO、F8、1/2000、ISO-200、-0.7EV。

P4253579b今回が魚眼レンズを携行しなかったのは少し惜しまれたが、12~40mmPROも35mm判で24mmの超広角もカバーするので全景撮影時も十分間に合うのが有難い。F8、1/500、ISO-200。

P4253581b今年のモニュメントはポップなイメージである。12~40mmPRO、F8、1/640、ISO-200。

P4253583b今年は展望テラスから全景を。魚眼がなかったのは惜しまれるが、今回はE-M1という事ですべてマイクロフォーサーズの高性能レンズシリース専門という選択はある意味正解だ。12~40mmPRO、F8、1/640、ISO-200。

P4253590b今年の地上絵は新幹線をイメージ。北陸新幹線開業は富山・石川がどれだけ首を長くして待ったことだろうか。12~40mmPRO、F8、1/250、ISO-200。

P4253594b今回はチューリップタワーが混雑のため見送ったが、そこのモニュメントを新望遠ズームレンズにて切り取ってみた。40~150mmPRO、F5.6、1/2000、ISO-200。

P4253598b会場内をミニ新幹線が運行中。40~150mmPRO、F5.6、1/1250、ISO-200。

P4253604b超望遠で噴水を1/8000シャッターで。40~150mmPRO、F2.8、ISO-500。

P4253605b今年はチューリップバルコニーも設置され、展望も充実した大会であった。40~150mmPRO、F5.6、1/640、ISO-200。

今回のフェアに関しては、車という事で14~150mmPROと60mmマクロPREMIUMの他に、魚眼レンズを携行しても別に支障はなかったが、魚眼はフォーサーズレンズという事でアダプターが必要な事と、場内はかなり歩き回ることも考えてあえて多数のレンズを持ち出さなかったのもあるが、魚眼はチューリップタワー頂上ぐらいしか効果的な場所がない事からも、今回は展望テラスからの全景という事もあってむしろ24mm程度の超広角で十分だった、ともいえそうだ。マイクロフォーサーズレンズは小型軽量ながら高性能であり、前回、電車にて高岡・富山の際もそれほど重さや大きさで苦痛にはならなかったというのが正直なところだ。今年の百万石まつりも全面、マイクロフォーサーズレンズでと考えている。一般シリーズのマイクロフォーサーズレンズなら性能で今一つだが、PREMIUM、PROシリーズは高性能なので、フォーサーズの高性能レンズと同等以上の性能が安く手に入る点も有難い。フォーサーズレンズはファインダー用ミラーの関係で、フランジバックが短く取れず、標準クラスの焦点距離ですらレトロフォーカスを余儀なくされたり、大口径で高性能なレンズが作りづらかった面もあるが、マイクロフォーサーズではミラーがない分、超広角の領域あたりまでレトロフォーカスの構成を無理にしなくてもいい分、高性能なレンズが安く作りやすい面もあり、今後この方向に向かうのはある意味正しい方向だ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それよりも今年は選挙の当たり年のようだ。前回、私の母御と姉御は今の政治の体制に腹が立ちボイコットした選挙も、今回はガッパの体制で臨んだようだ。私は旅行などの理由を付けて期日前投票を行ってはいるのだが・・・。やはり町議選という事で、どうしても薦めたい候補者がいるとのことで、母御からも義務的にそれに入れるように言い渡され、期日前投票を済ませたのである。選挙、一般に権利だとは言うが、私共の役所の組合も選挙活動にかなり力を入れていたり、またテレビや広報などでも選挙は行け、と強く推奨していたりとか、FMラジオでも昔、デートの前に選挙に行こうとかいうCMを流したり、またアミューズメント施設のキッズデジタルカードゲームのコーナーにも大きなお友達(大人のプレーヤー)はプレイの前に選挙へ、などと貼り出したところもあるほどだ。これでは選挙をほとんど義務化してるように思えてならない。そりゃ、比重の高い行動であることは否定しないが、これも今の世相とかによってボイコットするかしないかは結局、有権者の選択によるもので、一律の解を求めるかのように強要するのはおかしいのではないでしょうか?????

« 永久に終わらない4月と物置の新調 | トップページ | 偶然の第5週水曜祭日と冬物肌着類の撤去 »

レジャー」カテゴリの記事

公共施設」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

都市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/61497193

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のチューリップフェアと選挙の当たり年:

« 永久に終わらない4月と物置の新調 | トップページ | 偶然の第5週水曜祭日と冬物肌着類の撤去 »