最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今年のサクラとE-5販売終了 | トップページ | 永久に終わらない4月と物置の新調 »

2015年4月15日 (水)

4月異例の「眞冬日」と最近の行政の腹立たしさ

4月も半ばになろうとしている。それなのに、先週末からの「眞冬日」が続き、冷たい雨と肌寒さのため、未だに冬物が脱げない状態が依然と続いている。日中の気温もさながら真冬日そのものであり、ストーブも手放せない。これじゃ来週になっても長ズボン下や長袖の「グンゼ」が脱げない状態だ。

このようすでは、夏物の切り替えは少なくとも5月の連休以降にずれ込む公算も高い。近年、春が寒く秋が暑い、という事態が続いており、明日にでも地球最後の日が来るといっても過言ではない。

ところで最近の行政の在り方、非常に滅茶苦茶だというのが正直なところだ。国などもそうであるが、コンビニやスーパー・ドラッグストアやホームセンターなどで酒類を安売りするなという事を政府は打ち出していたり、また富豪層や一流企業に対して減税や待遇の向上を必要以上に促進している反面、中小企業とか私ども公務員関係、非正規労働者に対しては給与削減とか税金の重課税化などを強行しているなど、庶民に対して貧乏暮らしをしろと暗に言っているようなものだ。たとえば軽自動車の税金の値上げ、これも多くの庶民が納得できないと暴れているのが現状だ。

軽自動車のコアターゲットは年齢問わず女性・性別問わず50~60歳以上のシニア層であるが、これらに対して苦痛を与えているとしか考えられない。税金対策のため軽自動車に乗る、というのは確かにそうであり、概ね軽自動車ユーザーの8割以上がそうかと思われる。残り2割がその他の理由かと思われるが、やはり小型ゆえに感覚も判りやすく、高齢で視力や聴力に障害が出始めたために、普通車は扱いづらく軽自動車にしないと感覚が判らずまともに道路を走れない、というのも少なくない。また昨今は自分の車持ちであっても可能であれば電車・バスなどの極力利用に努めるという人も増えているのも疑いようがなく、こうした事情から長距離が不向きだとか、乗車定員などの点で多少不便である事は欠点にならないとして、維持の面でも安く合理的である軽自動車に移行するのもかなり増えたそうだ。こうした事から軽自動車の比率は年々多くなっているが、こうした売れ筋から大量に税金を取る、という汚い政策を今の自民党はやっているのである。

私共の部署にしてもそうだ。今年など、主力の現業部門から現業職員が本部のほうに兼任で2人配置されているが、旧来からのそれに相当する現業職員を正式にそこの配属に固定してしまう、再任用までもそこに配置して本部の管理部門の現業職員を実質増やしているが、こちらの現業部門でもかなりひーひーしている現状にもかかわらず、このような政策を強行しており、運転でない業務員までも本部や山間部の埋立場に配置換えさせようとしているなど、全く意味が解らず、今の内閣総理大臣のやっていることと全く同じであり、納得できないのが正直なところだ。

そうした事から、今までガッパになって選挙選挙と熱を入れていた私のお袋や姉御が何で選挙を放棄しかのだろう、と思っていたら今の政策に腹が立っている、の一点張りの理由だ。これではそうなるのも無理はない。私は役所からも選挙に行けと強く推奨されているのでやむなく期日前投票を行ったが、こういう現状ならば私もボイコットすべきだった、そう思う。

数年前、仙台地震の復興のため、私共の給与を大幅に削ったりした経緯もあったが、その復興も少しは進んでいることは報道されていても、実際には一向に進展がないのと同様だ。今後、高齢化や少子化に対応した政策のためだ、とか言っていても、実際には不透明な部分も多く、一方的な改悪しか考えられない、これまでの経緯では。

今年は選挙の当たり年であり、来年も国会議員のそれが見込まれているという話も聞く。しかし、どの党が管理権を握っても結局一緒ではないか、そういう気もしてならない。やはり、何か裏があるとしか考えられないというのが正直なところだ。

« 今年のサクラとE-5販売終了 | トップページ | 永久に終わらない4月と物置の新調 »

季節・気象」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/61444776

この記事へのトラックバック一覧です: 4月異例の「眞冬日」と最近の行政の腹立たしさ:

« 今年のサクラとE-5販売終了 | トップページ | 永久に終わらない4月と物置の新調 »