最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 晩秋の終わりのはずが「大真冬日」 | トップページ | オーディオ機器、ピュアオーディオセミプロ機は時代遅れ? »

2014年12月13日 (土)

やぶ医者同然の気象庁と親父の度重なる騒動

気象庁、1か月も早いインフルエンザや集団風邪などの流行や、実質晩秋の終わりの時季に大寒並みの寒波と大雪があったにもかかわらず、今なお今年は暖冬というとんでもない見え透いた真っ赤なウソをついている。私のような素人ですらこれはとんでもないウソであると潔白に証言可能なのは誰が見ても的外れのない事実だ。

エルニーニョ現象は継続中であり、この場合暖冬傾向が多いのは今までの経緯から見ても的を得てはいるが、ここ数年、地球温暖化で極地の氷が大量に溶け始めた影響で、気流の流れが変わってきているのも疑いようがなく、猛暑と厳冬がここ近年続いているのも事実だ。気象庁は今なお、昔のアルゴリズムで測候しているというのは疑いようがなく、医者でいうならさながらやぶで有名なヘボ医者だ。先述のような経緯からも今年の暖冬予報は真っ赤なウソであり、前代未聞の厳冬である事は私の眼でも非常に的確に理解できるというのだ。それに期間的・経時的に見て寒暖差が各季節ともここ数年激しくなってきたのも疑いようがなく、やはり温暖化による気流の変化が従来とは異なった気象の推移を作り出しているのは紛れもない真実だ。

それよりも、また親父の騒動が朝から起きている。また叶わないような年になってまた変な事でもして倒れたか、と思っていたらテレビがちらついて見づらいとか言うのである。私が幼少の時から親父は悪性近視に悩まされ、目の手術後は一時視力はかなり回復したが、今や網膜剥離や視神経の壊死などを伴い、どのようなメガネも合わず、矯正でも0.04以下という視力であり、そのため遠くも近くもまともに見えない状態である事から、よけいテレビが見づらいとかで調整をせがむようだ。リモコンの細かい文字も見えずほとんど勘でいじっているのが現状であり、体もふらふらしており、ここ数年以内には来る時が来るといっても過言ではなく、母のほうも80過ぎて今なお家事などを主体にこなしているが、腰の痛みなどを伴いここ数年まともに動けるかどうかも危うい。

こうなると、私としては一刻も早く今の車を軽自動車に乗り換えする必要性がより強くなってきた。今はまだ親二人とも生きているからこそのうのうと普通車に乗っていられるが、近い将来は親の年金も入らなくなり、こうなると維持費のかさむ普通車など乗っていられなくなり、いち早く軽自動車にする必要を日が経つほどに強く感じる。ということで、来年年明けの10日には最後の点検に出すが、7月から9月の夏休み期間の最初の休暇日とは言わず、来年の百万石まつり終了後の翌週にでも神宮寺のディーラーにハンコを押してくる方針を固めた。そうであっても納車は夏休み期間中になり、9月までに現車の税金還付分も通知される見込みが高く、夏休みの休暇日に親を頼らずに手続きも可能という事もあり、そう決めたのである。

普通車から軽自動車は大幅な格下げというかイメージダウンではあるが、私はもう50歳を過ぎたのでもう青年時代のようなファッション性やトレンド・体裁などを問われない年齢に達したこともあり、周囲から女々しく無様に見られることぐらい痛くも痒くもない。やはり現状や将来的な経緯を見込んで、ファッション性とかトレンドとか体裁云々よりは実用本位で物を選ぶべき年齢でもあり、軽自動車への移行時期としてもちょうどいいと感じる次第だ。今のケータイも2年前、ガラケーの致命的不調のため余儀なく非LTEのスマホに変えて機種変更禁止の縛りは解けたが、これも次期軽自動車を買うまで機種変更はしないと固く決めつけているのだ。

« 晩秋の終わりのはずが「大真冬日」 | トップページ | オーディオ機器、ピュアオーディオセミプロ機は時代遅れ? »

季節・気象」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/60804241

この記事へのトラックバック一覧です: やぶ医者同然の気象庁と親父の度重なる騒動:

« 晩秋の終わりのはずが「大真冬日」 | トップページ | オーディオ機器、ピュアオーディオセミプロ機は時代遅れ? »