最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 野々市ラジオ送信所は今・・・。 | トップページ | 軽自動車、基本は実用本位志向がターゲット? »

2014年11月 1日 (土)

夏用下着類撤去、冬の備えへ

今年は丁度よく月の変わり目に終末が噛んだ。今年の冬は気象庁の所見によると、北陸および関東甲信以南では暖冬の予想も出されている。しかし今冬の雪や雨は平年並みであり、例年通り12月下旬から3月上旬までの厳寒期においては凍結や大雪の可能性もある。

今年は11月の平均気温はやや高い確率ではあるが、朝晩の寒さはかなり厳しくなった事、11月の月初めが週末という事で好都合な面から夏物の下着類をすべて撤去、冬物のそれを出した。

Pb012191ズボン下は11月後半になって考えればいいが、とりあえず上は長袖、下は薄手のデカパンではなく白ブリーフだ。その方が下半身も温かいのは疑いようのない事実である。むろん、すべて「グンゼ」である。

あと、12月下旬から3月上旬にかけては長袖の上に夏用の半袖、あるいは長袖の2枚重ねや、カイロが必要な場合も少なくない。こうした事態に備えてカイロも買い溜めしておいた。

これで翌年4月いっぱいは下だけでも冬物を貫くことは健康面から言っても必要欠くべからざる事からもそうすべきである。上に着る物はいくら冬物であっても、下が夏と同じものではそれほど温かくないのも疑いようがないからだ。

夏用は仕事用と常時用を、特に上のシャツに関しては使い分けている。それは夏場は汗をかきやすい外仕事であり、さらに取扱っているものが汚物とか塵芥などが多く、衛生上のリスクも大きいからだ。しかし冬用に関してはそれを行わず、仕事用と常時用の区別はしない。冬場は重ね着などをしなくてはならない場合も少なくなく、夏場ほど汗などによる衛生上の問題も薄いからだ。インフルエンザやノロウイルスなど、冬季特有の悪性風邪による健康上リスクは増大するが、これは温かい服装を行い、うがいや手洗いなどを怠らないようにし、冬場少しでも汗をかいたかと思ったら直ちにすべて着替えるなどの注意でかなり対処可能だからだ。

年末の掃除に関しても寒くならない今月中に行いたく今年は考えている。また、来年秋口にはミニバン軽自動車の新車への乗り換えも予定していることから、月末の冬タイヤ換装時に、夏タイヤは中古部品屋に売却する考えも固めた。冬用タイヤも今シーズンで限界であることが明確なので、社外品のホイールを噛ましている夏用タイヤは次の車では使えない事から処分し、次期新車まで冬用タイヤを履きつぶす方向で考えているからだ。高速とかでは多少危険もあるが、普通に走っている分には問題ないうえ、カーブなどでは十分注意していればそれでいいからだ。

« 野々市ラジオ送信所は今・・・。 | トップページ | 軽自動車、基本は実用本位志向がターゲット? »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/60577749

この記事へのトラックバック一覧です: 夏用下着類撤去、冬の備えへ:

« 野々市ラジオ送信所は今・・・。 | トップページ | 軽自動車、基本は実用本位志向がターゲット? »