最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« E-M1、もう少し発色にインパクトがあれば・・・。 | トップページ | E-M1とE-5の細部解像感比較、画素数だけの差ではない様子が・・・。 »

2014年2月25日 (火)

中高年も青春時代の延長のような傾向に・・・。

21世紀が始まって早いもので足かけ14年が経過しようとしている。私も社会通念上はもう年配者の部類であり、社会人の中でも定年に近い部類に入るといえばそうである。高校卒業から今年で丸31年が過ぎるゆえ、当然のことである。

私が高校生とか社会人になって10年前後の間、私どもの世代と当時の40歳後半とか50歳代以上の世代とはファッション、趣向、価値観などの点で大きな食い違いがあり、やはり世代のギャップを感じたものである。しかしながら、私どもが当時の年配者と同じ年ごろに突入した現在、昔と比べてかつての中高年らしい感じというのはなくなってきたというか、薄れてきた感もある。

私どもの部署を見渡してみても、20代・30代といった若者世代と、我々年配世代との間で、服飾・ポピュラー音楽・映画やアニメなどの趣向とか、実用性よりもトレンド重視で雑貨類などを選ぶとかいった価値観の差は昔ほどなくなってきた、そう感じるのが正直なところであり、若者言葉の出現も日常会話の中でもかなりみられるのが現状だ。このあたり、やはり現代っ子のエッセンスを文化的・環境的に受けて育った世代が年配者になってきたこともその背景にあるといえよう。

そういえば、婦人向けの化粧品で、新・50代向けの商品のCMもよく見かける。やはり年相応の老けは見えるものの、現代っ子のエッセンスを受けて育ったような感性も現れており、こうしたのも今の若者の感性を幾分盛り込んでいる特徴も見られるのは疑いようがない。

とはいえ、社会的にも長老であり、人生で最も責任の重い世代にとって、こういうのは果たして認められていいものなのか、と疑いたくなる面も少なくない。やはりある程度の落ち着きとか、ファッション性や流行よりは実用面を優先する、という物選びも必要ではないのだろうか。

そういえば私が幼少のころ、70代80代の老人はほとんど袴のような和装で歩くのが多かったように思う。しかし近年の老人ではそういうのもあまり見かけず、シニア向けのデザインではあるが、洋装で歩くのがほとんどのようであり、これも時代の流れなのか、と思ってしまう面も少なくない。

私の親の世代であればどちらかというと端正・堅実主義という考えが多く(これがイマドキの者に言わせれば古風だ、と口を揃えるかと思うのだが)物選びはトレンドよりも実用性、という主義が多かったが、今の現役世代の多くは年を重ねるとともに実用志向に動いている面もあるが、どちらかというと今の若者の持つ価値観や物選びを捨てられない、というのが多いように見かけられるのが疑いようのないところだ。

実を言うと今風の考えや価値観を持つ世代と昔気質の古風な考えを持つ世代、概ね昭和30年代半ば辺りの生まれである世代が、概ねこの境目といえる。私の親御の時代の文化というと演歌歌謡曲とか時代劇などが主力であったが、私どもが育った世代ではJ-POPやアニメ・トレンディードラマなどの現代劇などのほか、コンピューターゲームなども幼少・青春の時代に大きく盛んだった。今の若者文化が盛んになったのもこの時代であり、やはりこうした時代に育った者が年配者になってきたことで、若者との考え方や価値観の差が縮まってきたのであろう。

今では核家族の形態も変わってきている。私の親の時代は亭主は仕事で妻は家庭専業、というのが主流だったが、私の部署の既婚者を見ていても大半が共働きというのが多くなっているのも事実である。やはり1人1台クルマを持ち、ケータイなども1人に1台とかなると、亭主だけでの収入ではやっていけない、といった背景もあるのであろう。私の親父など、私に幼少のころ「男は勉強と仕事さえしていればそれでいい」などと言い、頭から仕込んでいたのも事実である。しかし、昔はそれでよかったかも知れないが、今の時勢ではこの考え方も通用しないというのは疑いようがない。今や家事なども共同して、双方の仕事などの事情も配慮して適宜分け合っているというのが多く、共働きであればなおさらそうなるものである。

時代も変われば昔気質の考えを通すのも一つの筋道として間違ってはいないかも知れないが、今の現役であれば今の時代の流れもある程度取り入れていくことも必要ではないのか、そう思う面も少なくない。

果たして私どもが定年して老人になる頃には、若者の服飾をまとった老人も増えているのでは、なんていう未来像も浮かんでくる。

« E-M1、もう少し発色にインパクトがあれば・・・。 | トップページ | E-M1とE-5の細部解像感比較、画素数だけの差ではない様子が・・・。 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

世代」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/59198662

この記事へのトラックバック一覧です: 中高年も青春時代の延長のような傾向に・・・。:

« E-M1、もう少し発色にインパクトがあれば・・・。 | トップページ | E-M1とE-5の細部解像感比較、画素数だけの差ではない様子が・・・。 »