最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 今年最後の紫陽花とFMチューナー | トップページ | 車、再び故障 »

2013年7月21日 (日)

もどかしい梅雨明けと高校時代風の生活様式

この夏も例年ない「キチガイ空」が猛威をふるっている。猛暑かと思えば、今度は朝晩で大きな気温差や湿度の高さなどが感じられ、北陸・東北に限り今月中は梅雨明けの目処はどうも立ちそうにない。

それはさておき、給与が約8%も地方交付税の関係で減らされ、やはり明細の記載からすると、削減前の基準に換算して勤続10年程度、年齢35歳前後程度と同等にまで下げられ、これも少なくとも今年度中は続くようであるが、来年度もこの事態は引き続きという可能性も否めない。そういうわけで、徐々に高校生時代のような生活様式に戻っていかざるを得ない、そんな現状だ。

そのため、写真などに今までのように打ち込むことは非常に困難になってきているのも疑いようがない。今やデジタル化でフイルム代や現像代などがなくなった分、多枚数も経済的に行え、その分打ち込みやすくはなってきたが、目的地には中長距離の場所も多く、やはり近場とかしかその対象はなくなってきているのが現状であり、以前に比べて苦しくなっている。当然、旅行なども無理だ。こうなると、E-5本体2台分程度の総額がアンプやテレビも含めて掛かっているホームオーディオのフル活用ぐらいしか余暇の利用方法がなくなってきている。

この機会に、一部映画などのネット上でのVOD無料配信、普段見ないDVDなどを目に通して見る、あまり家では聴かないレコードを掛けてみる、などとというのもその選択肢になろうかと思う。まあ、月1回ぐらいは遠征して写真に打ち込めるかとは思うが、そう毎週というわけにはいかないのも現実だ。3DSなどのゲームも悪くないかと思う。あと、FM放送。これは高校時代、民放FMがなかった時分、受信状態の悪さを我慢して愛知の民放FMを受けていたことがある。地元に開局したのは既に社会人になってからであり、こうなると高校の時代のように家でのホームオーディオはあまり使う機会もなくなり、主体は車でのカーオーディオで聞くことが多くなってくるのも全般に渡る事実である。しかしこの機会にホームオーディオでのFM、見直すのもいい。今やテレビも地デジ化により、FM以上の良質な音が得られるようになったこともあり、今ではアナログテレビと同等の音質のように見劣りはするが、やはりどことなく懐かしさを感じる。またテレビと異なり、何かしながらでも利用できるのはDVDなどにも無い有り難みがある。

まあ、こちらは事務系の仕事に就いているわけではなく、体を使う現業系の仕事なので、余暇には体を使うものよりもこうしたもののほうがバランスは取れるのでは、そう思う面もある。高校卒業から30年半が経過し、老眼の進行も意外と早く、難聴の兆しや小便が近くなってくるなどの老化現象も近年顕著になってきている。であれば体を使うような余暇もなるべく避けないとならないのかも知れない。

かといっても、近年は40、50歳代になってもレコードとかDVD、テレビ番組などの趣向は若者とそれほど差がない、というものも増えてきている。アウターやインナーなど私服などの趣向についてもそのような傾向だ。ここはやはり、育ってきた環境が影響してきているものと思われ、私が幼少・青春の頃に見た中高年世代とは大きく様変わりしている、そう感じる面もある。

たとえば男性の長髪や染髪。高校生や大学生ではそれが当たり前のようであり、特に不良風のそれらではヘヤピンとかシュシュまで、というのも繁華街などで見ることも少なくない。社会人であっても民間の現業系では結構、そのような男女の区別もつきがたいのも見かけるが、事務系とか営業系ではやはり会社側からもそうした面は厳しく指導されていると思われるためか、ほとんど見かけない。夏場の男子高校生なども制服のYシャツの中に婦人物と思われるようなキャラ物のTシャツ、というのも多く見かける。

まあ、30歳前であればそういうのも容赦される面もあろうかと思うが、私のように40過ぎ、50直前という世代ではこういうのは許されていいものではない。だからといって、容姿を構わなくてもいいというわけではなく、若い世代のように顕示性の高い、性別の区別もつきがたいような奇抜なものを避け、より端正でシックな方向、実用本位の方向性を保ちつつ、男性はより男性らしさ、女性はより女性らしさを前に出したものが中高年には求められるというのは疑いようのない社会通念である。

とにかく、勤続20年越えで50歳直前であるにもかかわらず、1割近くの減給で10年30代並みまでの水準に落とされたのは非常に苦しい。学生時代風の生活様式に戻るのもいいが、中高年としての弁えも同時に必要となる、ある意味これは苦しい物がある。

« 今年最後の紫陽花とFMチューナー | トップページ | 車、再び故障 »

オーディオ・映像機器・ラジオ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/57835456

この記事へのトラックバック一覧です: もどかしい梅雨明けと高校時代風の生活様式:

« 今年最後の紫陽花とFMチューナー | トップページ | 車、再び故障 »