最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 春彼岸雑感 | トップページ | 大川寺とレンタルビデオの複雑な事情 »

2013年3月24日 (日)

黄砂と「のと里山海道」、そして夏タイヤ

この春、全体に寒暖差が大きく、黄砂などの影響も6月初め頃までは注意が必要のようである。花見の時期なども朝晩は肌寒く、まだしばらくは冬物の上着や下着類が手放せない。例年であっても冬物、4月の半ばあたり、桜が散る頃までは必要ですから。

それはさておき、午前中、貸しレコードを返却した後、近辺を少し回っていた。XZ-1を片手にだ。天候的には概ね晴れてはいたが、今年などは黄砂が例年よりも多く、花粉の影響も大きい。そのため、晴天であっても視界がどんよりしており、桜やチューリップフェアでも、あまりいい写真の仕上がりが期待できそうにない、そう感じる。

夏用タイヤ、もう残溝は半分を切っている。もう3年目、わずかな亀裂も見られる。こうであれば、梅雨入り前に新品にする必要性も迫られている。次回は同じ185/60であっても、運動性重視ではなく、ベーシックなものでいいかと思う。なぜならばこれで今の車で最後のタイヤになろうかということもあり、来年1月に最後の車検を受け、再来年の秋を目処に軽自動車に移行する構想があるからだ。
P3240714
能登有料道路が無料化と共に、呼称も「のと里山海道」に変わり、既に案内板では新呼称に変わっている。こうなると、交通量は従来より増加し、事故の発生も多発する可能性も否めない。能都地区に写真などの私用があれば私も通る機会が増えるかと思うが、無料化で環境が大きく変わることで、従前以上の注意が望まれそうである。それ以前に、7月から給料が1割近く減らされるとのことで、写真などのための遠出も月1回程度に控えないとならないことも余儀なくされようとしている。

E-5後継機も今年の第4四半期もしくは来年の前半あたりには出されそうな雰囲気もあり、私の予想ではISOは少なくとも最高25600、拡張で51200まで使えるようになっていることも見込まれ、低感度側もISO50の拡張が使えるようになる可能性もあり、画素数はフォーサーズなので2000万画素超の実現は難しいと思われるが、少なくとも1600~1800万画素には達するかと思われる。しかし今回は新型が出たからといってすぐ飛びつくことは避け、1年ほど経って価格が下がってから、という方向になるかと思う。車検が控えているので、必然的にそうなるでしょうけどね。今のE-5であっても画素数的には不足は感じず、また「ファインディテール処理」が搭載され、ニコンのD800Eと同様のローパスのほぼ無効化が施されているので普通の1600万画素機と同等の解像力があることから当面、十分使えることも疑いようがないからだ。ただ、高感度側がちょっと不満になってきたのは疑いようありませんが・・・・。

夏用タイヤ、冬用に慣れていたせいか、走行音が多少うるさく感じ、レコードを掛けていてもそれに音が掻き消されるような感じだ。継ぎ目などの衝撃や揺れも多少多く感じられる。しかし、流れに沿って走る場合も安心感があり、総合的には気持ちよく走れるというのも疑いようのない事実だ。今週、1年で最もせわしなく不安な週が始まろうとしている。
P3240712能登有料道路の案内板も「のと里山海道」に書き換えられている。黄砂などの影響か、晴天の割にはあまり冴えない光景だ。XZ-1、ISO100。

« 春彼岸雑感 | トップページ | 大川寺とレンタルビデオの複雑な事情 »

季節・気象」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

3/20、タイヤ交換に富山の実家に行き、帰りに能登有料道路を利用しました。内灘の新しい道路を走ってみたかったからですが、たぶんこれが有料の最後かな、と思います。
能登有料が無料化されるのは嬉しいですが、混雑が気になります。高速道路が休日1000円だったとき、かなり混雑しました。能登有料が無料化でどれだけ混むかわかりませんが、今より車が増えるのは間違いないでしょうね。私はそれほど利用しませんが、年に数回はつかうのですが、時間が重要ですから。

さて、E-5後継機、うわさにはなっていますね。オリンパスの動き、多少は気になります。ニコンのD7100、X1.3モードがあるらしいですが、画角は35mm換算で2倍相当。比率は違いますが4/3と同じですね。後からトリミングするのと同じ使い方ですが、連写等でメリットはあるらしいです。
先日、観光協会のお座敷体験に参加し、芸妓さんの舞いをお茶屋で見て、写真も写してきました。室内ですから暗く、ISOは1000-1600位まで上げて写しました。高感度特性、D700よりD800のほうがよさそうです。画素数の少ないD700が有利そうですが、新しい機種だからなのでしょうね。使ったのが60mm2.8microだったので絞りが開けななったこともあります。85mm1.8は評判が良いのですが、こういうレンズがあると1段少々絞りが開けるのでいいですね。一層ほしくなりました。

さて、先日Office365を契約しました。Officeを毎回買うのと同じくらいの価格、というのも理由のひとつです。試用中は32bit版でしたが、契約を機に64bitに変えました。個人使用ではありますが、WORDで写真の多い約250ページの文書はさすがにきつかったです、64bit版でjは快調です。
office365は、Windows7以降でないと使えないので、ノートPCをWindows8に変えました。操作性の違いに戸惑っています。まあ、外で使うのがメインのPCで、性能的に遅いのですが、WebのほかはPowerPointでのプレゼンテーションなどですから十分です。メインのPCは、未対応のハードとソフトがあるので当分Windows7のまま使う予定です。

のと里山街道、無料化に伴い混雑や事故の多発が多くなる可能性も見込まれます。私の場合、能登地区とか富山方面など、高速道路関連はほとんど利用せず、多くの場合が一般国道、ということが多いです。

それはさておき、E-5後継機はEVF化されるとか、あるいはE-620のように小型化されつつも、より高性能化されるとの話もあります。しかし私としては今のE-3/5のフォルムを維持してくれたほうが総合的には使いやすい、そう感じます。フォーサーズなので画素数はそれほど欲張らなくともよいかと思うのですが、ISO感度の範囲を低感度側と高感度側にもっと拡張してほしい、そう考えています。各社の中級機以上、低感度側は50が拡張で使えるのが当たり前ですし、高感度側も少なくとも25600あるいはそれ以上が使えるようになってきていますから。

ところでD800のほうが高感度特性がよさそう、これはやはりセンサーの改良もさることながら、処理エンジンの電気的特性の向上によるところが大きいか、そう思います。私のほうもE-3とE-5とでは、E-5のほうがやや画素数が多い分、電気的特性では同条件ではやや劣るはずですが、ここは処理エンジンの電気的特性の向上と、ニコンのD800Eと同様のローパスのほぼ無効化がされていることなどから、総合的には高感度時にはE-3よりもISO換算で1.3段ほど描写性能が良いのは明確です。それゆえ、低感度時の圧倒的な低ノイズも魅力ですが、高感度も安心して使える頼もしさがあります。

しかし、E-5後継機はE-6なのかE-7なのか、それともビッグマイナーチェンジとしてE-5Nになるのかはわかりませんが、今のE-5の持つワイドレンジ志向をさらに推し進めたものになろうかと思います。しかし今回、給料も下げられることもあり、1年ぐらいしばらく様子を見て、ということになり、そうなるとE-3は手放すことになるかもしれません。今のE-5もスペック以上の高い忠実度があることから、まだしばらくは通用するとは思いますので。

Officeですが、こちらは今なお2007ですが、移行するとすれば2013になろうかと思います。しかしサブ機のノート依然XPなので、これはサポート終了以降に新調となろうかと思います。Windows8、こちらではかなり使い慣れてきました。新しいUIの導入に伴うAeroの機能に多少変更があったため、デスクトップは多少殺風景な画面に逆戻りしてはいますが、慣れればむしろ見やすく、透過効果の代替視覚効果である自動配色も壁紙を変えた時の変化はある意味見ごたえもあります。配色もあまり堅い感じではなく、パステルカラーに近い配色なので長時間での見疲れもあまりしない、そう感じます。

それよりもDVDレンタル、新譜があるところとないところ、タイトルによって格差が大きい、これが納得できません。店舗側が頭から入れないとか、入れたくても出荷側が流したいところだけに流しその他にはレンタル店側の要請があっても受け付けないとか、そうした絡みがあるようなので・・・・。というとで、ネットレンタルにも入会しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/57023418

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂と「のと里山海道」、そして夏タイヤ:

« 春彼岸雑感 | トップページ | 大川寺とレンタルビデオの複雑な事情 »