最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 車の12か月点検終了と普通近視用メガネの見え具合 | トップページ | 中近メガネと日常生活への慣らし終盤 »

2013年1月18日 (金)

電子決済のリスクと日常生活への慣らし

本日、外科に年末の公務災害の診察に行ったところ、来週からは仕事に復帰してもよい、との所見があり、火曜日にも固定が外れたことにより、通常通りに風呂に入ってもよく、また旧態同然の生活に戻ってもいいとの告知を受けているが、今週いっぱいは徐々に慣らして、来週からの通常の生活に戻っても弊害無いようにしているわけだ。

こうした中、先週の車の12か月点検、こうした理由で来店が不可能であったため、金信のネットバンキングにて整備費用の手続きを行ったが、翌朝には正常に手続き完了とのメールが届いたので安心していたら、去る今週火曜日、私のケータイにて不在着信が入っている。滅多に電話なんかかかって来ない私にとってこれは何かの間違いだ、と思い、両親のどちらかが急病あるいは死んだでもしたのか、と思わさせた。調べたら金信の粟崎支店の電話番号であり、後から掛けなおしたところ、中部三菱の口座番号が間違っているのでは、との内容だった。その当日、三菱は定休日であり、その翌日の水曜日にそれを中部三菱にて確認したが、振り込まれていないとのこと。私はその前日、口座番号は間違ってはいないが、名義人の入力で何かが欠けていたことが判明し、そのため相手先側で保留停止状態になっていたのである。PC入力、最近では老眼が進み、遠近両用メガネであっても近距離が正しく見えない場合ががよくある。そのため打ち間違いなどもかなり多発しているというのが現状だ。かといって、40センチ以上離れれば余計打ち間違いが多くなるので、25~30センチは近づかないとならないのである。

そこで水曜に金信はおろか、その相手先である北銀の城北支店にもパソコン手元のひかり電話にて、とことん問い合わせて確認をとった。北銀の話ではこれは火曜日、金信側から名義人訂正の手続きを行ったうえ、北銀側にも伝えておいたとのことで、北銀側でも振り込まれている、と主張するが、三菱側でその確認ができていない、とのことだ。

しかししばらくして自宅の親の固定電話に三菱から電話があり、問題の件については解決されていた、すなわち振り込みが確認された、とのことだ。しかし金信側も火曜日の電話で、直接本人に来てくれ、などとご無体なことを言われるのは非常に腹が立つ。なぜ?ルンペンとかニートじゃあるまいし、普通に学校や職場がある者がいちいちそういうこと出来るか!というのだ。それで私は怒鳴りつけてやったのである。確かに私の言い分は絶対に間違っていないと思う。普通に学校や会社がある者であれば来店時間がそのようになっている都合上、実質無理なのである。そこでATMやネットバンキングに頼るしかない、というのも実際の現状なのである。これは日本の政府が根本から改革を行わない限りは改善されんであろう。

私はデジタル化のリスクをここで散々語りつくしてきたが、電子決済、こうしたリスクもあるものであることを認識させられた。これはある程度対処のしようがなく、BS放送が天候やその他の条件によって全く映らなくなるのと同然の非常に致命度の高く、なおかつ対処が不可能なリスクである。この辺も改善が要求されるのではないだろうか?????

« 車の12か月点検終了と普通近視用メガネの見え具合 | トップページ | 中近メガネと日常生活への慣らし終盤 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/56567507

この記事へのトラックバック一覧です: 電子決済のリスクと日常生活への慣らし:

« 車の12か月点検終了と普通近視用メガネの見え具合 | トップページ | 中近メガネと日常生活への慣らし終盤 »