最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 梅雨入りと北陸新幹線構想具体化 | トップページ | 紫陽花、快晴下では壊滅的 »

2012年6月17日 (日)

車不調、想定外の事態

先週あたりから車の不調が見えてきている。これは、駐車ブレーキを掛けていた状態から発進しようとすると、後方からギアが抜けたかのような大きな音がするのである。足ブレーキでも時々そのような音がする場合があり、私の車はオンデマンド式のフルタイム4駆であることもあり、デフ関係やビスカスカップリングの故障の他、最近では走行音や路面の継ぎ接ぎなどを喰らった場合のショックや音も大きくなってきたことから、足回りの緩みなども考えられ、昨日、朝からディーラーに預けてあるのである。

私のディーラーはこのような不意の故障や事故などの場合、その日にということであれば代車が無い事がほとんどであり、車検などのため代車が必要ということになると、もう1ヶ月ほど前からの予約が必要であり、そうでないと代車が確保できず、整備や修理で代車を借りるのは歯医者通いの予約の場合とほとんど同様の「戦争」であるのも疑いようがないのである。万一、代車が必要な修理などが不意に生じた場合、次の代車が空くまで最低でも1週間以上は待たされるのである。そういうことで土日など、必ずしも車が必要ではなく、そうであっても大幅な不自由しない土日を利用して修理などをやっているのである。

この間、市内の繁華街などで暇をつぶすことになるが、夕方、電話が鳴り、その概要によると、後方のブレーキシューの片減りもあり、またそれを制御する油圧シリンダーやスプリングなどがさびており、ブレーキ液の漏れやスプリングが折れているなどの不調が見つかり、ブレーキシューもその漏れたブレーキ液のためそれが摩擦熱で硬化し、そのためブレーキシューが完全に戻らず、発進時などに異音がするとのことであった。こうした想定外の事態となり、昨日夕方には仕上がる予定が今日の夕方に延期され、相当高額な修理となっていたのである。しかし買い替えを余儀なくされるような高額な修理ではないことからも修理を決断したが、少なくとも2015年の下半期までは持ってもらわないとなりませんから。

車の不調、役所の輩の多くも語っているが、概ね3回目の車検が終わったあたりから各部に不調が生じ、修理代がかなり掛かるようになってくるという。一方の修理が終わっても今度は別の個所で不調が生じ、こうした事態も多くなるらしい。こうなると3回目あたりの車検が終わったならば次の車のことを考えないとならないのも疑いようがなく、車検はせいぜい4回目あたりで最後とし、それ以降は新車に買い替えを視野に入れたほうがよさそうである。以前は、10年以内で買い替えというのも多く、この背景には車検の期間が10年を過ぎると2年車検が1年車検になり、結局大きな損になるからというのが理由であったようだが、今では10年過ぎても2年車検であり、それゆえに10年超の車を見かけることも少なくない。しかしやはり何らかの不調で修理は行ってはいると思われるが、10年近く乗り続け、なおかつ修理費用が概ね20万を超えるような大きな不調が生じた場合は買い替えという選択肢のほうが賢明であろうかと思われる。

ブレーキ部分、これは放置しておくと致命的な事故を招きかねず、ここはやはり修理の選択が的確だ。車台や足回りなどのがたは多少乗り心地などが落ちるわけですが、安全面にはそれほど大きな影響はないのでこれはそのまま廃車まで放置ということになるが、なんとか再来年の車検は受け、その後次期の軽自動車を具体的に検討するか、検討となろうかと考えられる。

« 梅雨入りと北陸新幹線構想具体化 | トップページ | 紫陽花、快晴下では壊滅的 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545495/54984694

この記事へのトラックバック一覧です: 車不調、想定外の事態:

« 梅雨入りと北陸新幹線構想具体化 | トップページ | 紫陽花、快晴下では壊滅的 »